Canvas
〜セピア色のモチーフ〜(DC版)


 二話 三話 四話 最終話
第一話:キャラゲー特待生
お、お、お前ら、私を
萌え死させる気かぁあ!!


ごぶはぁ <<挨拶


みなさん、こんばんわ、いきなり壊れました‥‥カクカク
何たって、このゲームのキャラ絵、もう可愛いの何のって‥‥ガタガタ
こりゃもう半端じゃないかと‥‥


キャラクターデザインは☆画野郎氏を初め、総勢3人です
ご存じ、水月のキャラデザを担当した方です


迸るCGの魅力に
ノックアウト寸前であります



全体にパステル画を基調とした淡いタッチのCGが、
これまたゲームの世界観とマッチして激しく萌えるワッ!
うわ、もうキャラ絵、良すぎ、力入れすぎッ


しかもキャラクターが喋るとき、
口パクするんですよ、口パクッ!!
これには流石に参った、驚いたね!!
何か本当にキャラが喋ってるって実感できて‥‥
ってもう何かすっげー感動したよ!ああ、生きてるって感じだ、、

勿論CGの時も口のアニメーションあります
しかもタイミングも台詞にあってるのが感動物です、ああ、素晴らしいです


とりあえず、キャラ絵は文句なしって事で‥‥
第二話:天音たん
天音シナリオクリアしました

シナリオなんですが、何というか超・普通って感じです

いや、まぁ、これはレビューサイトで解ってた事なんですが、
本当に普通のシナリオでした、よくあるパターンっていうか、
無難って言えば無難ですが新鮮味がないですね

多少は盛り上がるシーンあるけどインパクト薄い
つまり、盛り上がりに欠ける訳だね

エピローグも、王道パターンでした

音楽もテキストも今一だった

唯一ズバ抜けているのがキャラ絵

全体の8割を絵に力入れてる感じです

これだけの絵を使っておきながら、
シナリオ、音楽が足を引っ張りまくっている

絵買いの人は、絵で満足すれ

パステル調の、ふわふわ優しい感じの絵、
めちゃ大好きですっ!

天音可愛すぎッ!!

絵の力は絶大な事を悟れる作品です
第三話:ガード削り
恋と書いて、れん と読む、かなり強気な女の子です、ハイ
今度のターゲットは恋でいきました

初っぱなから突っかかってきます
しかし、これがたまらん訳ですよ

この後、どういう風にうち解けあっていくんか?
あれですアレ、ガードをガリガリ削るタイプのシナリオですね

相変わらずキャラ絵は可愛いっていうか、
って、ん‥‥おい、おい‥‥っ

やばい、恋、半端じゃなく可愛いッ

やばい、もう、やばい過ぎるよ〜きゃー助けて状態

シナリオは天音より面白かったです、けど普通〜って感じですが

恋シナリオには、藍というお嬢様がサブキャラとして登場します
この藍ってキャラも、また容姿が尋常じゃなく可愛いというか、
あ、でも恋の方が好きです、しかし、まぁ半端じゃないです

恋と藍の関係がKanonで言う、舞と佐祐理の関係とそっくり(笑)
とりあえず、恋シナリオは結構面白かったです

恋の声担当の方も、かなり上手かったです
ハキハキしていて、何というかナチュラルな感じでした
第四話:ボディーブロー
同じ様な展開のシナリオが続きますが
何か微妙にじわじわと面白い感じがしないでもない風味

彩シナリオで、彩の告白シーンのCGにはやられたって感じです
何か格好いいというかバックの夕日に照らされた彩が眩しい〜っ

シナリオは全体的に微妙に泣き要素が練り込まれている
あまり深くなく単純に感動させるタイプのシナリオですが

1シナリオのプレイ時間も2時間前後とお手軽です

このゲームは絵をテーマにしていますが
後半にならないと絵に関してのネタ振りがありません

中盤は女の子と会話を楽しむというのがメイン
しかしテキストに工夫がない為、だれるんですよ
まぁキャラ絵が可愛いので、そこで救われる訳ですが

とりあえず4キャラクリアした時点では、強烈なシナリオはなし
普通に読める軽い感動系のシナリオって感じだ

そして恋シナリオで登場した藍のシナリオがありました
後半で分岐するのですが、これはオマケって感じが否めないです
まぁあるに越した事はないが無理に作る必要性は感じなかったです
最終話:結局キャラ絵
柚子、百合恵をクリア、これでフルコンプって事で終了しました

原画師が3人居た事で若干キャラに違いがあるっていうか、
☆画野郎氏が描くキャラ絵には魂が迸っている程に
とんでもなく可愛いというのが正直な感想

天音と恋と藍を担当したとの事で、
この3キャラは破壊的に可愛いです、CGも強烈過ぎて言葉にならないというか

それじゃ他のキャラは駄目っていうと、そうではない
あ、でも柚子は全然駄目でしたね、たはは


ゲームの総評ですが、
背景+立ち絵の時、背景が全画面じゃないんですよね
これが何というか最初プレイした時、非常に違和感を感じました
でも2キャラくらいクリアしていると慣れましたが
イベントCGは全画面使ってるので、CGシーンはほんと嬉しい

システムも悪くないです
十字ボタンの上を押すと1ページ分戻れるのが便利です
選択肢を全部見たい時とか便利ですね、上で選択肢まで戻ればいいので

音楽は、味気ない曲が多いですね
主題歌はそれなりに良くて、オルゴール曲もさまになっているが、
印象に残るほどではないです

シナリオは恋、天音、彩の順番で良かったです
全体的には、もう少し頑張って欲しかったですね
テキストが単調なので退屈でした

とりあえず、天音と恋の萌え絵を見たい方は買いって事で
2002年 10/13 攻略完了