原初の軸が歪み、二つの世界が交わる

無の中に存在する意思

目覚めの時、それは動き出す

永遠は無に── 刹那は有に──

遙かなる時を越えて、過去は現実へ紡がれる