VIRTUAL/Citrix XenApp 導入手順

概略

  • 公開アプリケーションサーバーとして、Citrix XenAppを導入する。
  • Windows Server 2008 + XenApp 5.0 にて導入を行う。
  • Windows Server 2008 R2 + XenApp 6.0 にて導入を行う。
  • 評価版を駆使し無料で導入する。
  • 1台のマシンに全てのコンポーネントを入れるという無茶振りな構成。
  • Active Directory+DNSをインストールすると、XenAppの検出ができないっぽいので今回の手順ではインストールしない。
    ターミナルサービスとActive Directoryを一緒にインストールするのは非推奨と怒られるのでこれが関連してる?

事前準備

以下の物をダウンロードしてくる。

  • Citrix XenApp 6.0(90日限定版)
    (1) Citrix XenAppを選択するとログインフォームが出るので、ユーザー登録しログインする
    (2) Find everything you need in one simple place に「Resorces by Product」を選択
    (3) Choice a Productに「XenApp」を選択
    (4) Software Downloadsまで画面をスクロールさせ「more」を選択
    (5) XenApp Premium Edition Japaneseを選択
    (6) XenApp 6.0 を選択してダウンロードする
  • SQL Server 2008 Enterprise Evaluation
    データストアにSQL Server 2008を利用する場合はダウンロードする。
    Windows Server 2008 + XenApp 5.0の場合はダウンロードして下さい。
    中段あたりに自己解凍形式の実行可能ファイルという箇所があるのでX86実行可能ファイルをDLする。

Windows Server 2008 R2 の設定

ハードを用意するのが手間なので、VMWare Playerにて仮想OSとしてインストールする。
VMWare PlayerへのOSインストールする手順は割愛。

Windows Server 2008 R2 のインストールが完了すると、
ログイン画面が表示されるので、Administratorでログインする。

初期パスワードを聞かれるので、英数字と、記号が含まれ8文字以上(?)のパスワードを設定する。

環境設定

  • IEのセキュリティを緩和する。(任意)
    (1) サーバーマネージャのIE ESC設定を選択し、両方ともオフに設定する。
    (2) IEを起動し、ツール⇒インターネットオプション⇒セキュリティタブの下段にある「保護モードを有効にする」のチェックを外す。
  • ホスト名とリモートの設定。
    (1) コンピュータを右クリックしプロパティを表示する。
    (2) コンピュータ名タブにて「変更」押下。
    (3) コンピュータ名を決める。以降、このコンピュータ名がホスト名となる。
    (4) リモートタブにてリモート接続の許可を選択する。
  • IPアドレスの設定。
    (1) ネットワークを右クリックし、プロパティを表示する。
    (2) ローカルエリア接続をクリックし、プロパティボタンを押下。
    (3) インターネットプロトコルバージョン4 のプロパティから、IPアドレス、サブネット、デフォルトゲートウェイを設定する。
  • パスワードを簡単なものにする。(任意)
    管理ツール⇒ローカルセキュリティポリシーから、アカウントポリシー⇒パスワードのポリシーにて、複雑さを無効。
    コントロールパネル⇒ユーザー管理から、パスワードを変更。
  • 再起動を行う。

サーバー役割追加

XenApp 6.0を使用する場合、インストール時に自動で役割追加される為、事前の追加は不要。
XenApp 6.0のインストールへ。

Active Directory構成にすると何故かXenAppの検出が出来ないっぽいのでインストールしない。
⇒Active Directory + DNS で問題なくインストールできる方法は検証が必要。

  • Active Directoryドメインサービスのインストール
    ユーザー管理をActive Directoryで行いたい場合はインストールする。
  • DNSのインストール(Active Directoryを導入する場合は必須)
    (1) ファイル名指定して実行「dcpromo」
    (2) 新しいフォレストにドメインを追加する。
    (3) ドメイン名を決める。例 citrix.com
    (4) 静的IPアドレスのポップアップが表示されるが「はい」にしないと進まない。
    (5) その他は基本的にデフォルトのままで進める。インストール後、再起動を行う。
  • WEBサーバー IISのインストール
    以下の機能を選択する。
     ├ アプリケーション開発
     ├ セキュリティ
     └ IIS 6 管理互換
  • リモートデスクトップ(ターミナルサービス)のインストール
     リモートデスクトップセッションホストの機能を追加する。

コンポーネントのインストール

XenAppをインストールするために以下のコンポーネントのインストールする。

  • Visual J# .NET Version 2.0
  • Java Runtime Environmen

SQL Server 2008

XenApp 6.0を使用する場合、インストールは任意。
Express版が同梱されており同時にインストールできる為。
今回はExpress版で検証を行う為、XenApp 6.0を使う場合は当該手順はスキップする。

インストール~

  • Setup.exe を実行しインストールセンターを起動する。
    (1) 左ペインから「インストール」を選択する。
    (2) 右ペインから「新規スタンドアローン」を選択する。
  • インストーラーが起動されるので指示に従ってインストールする。
    プロダクトキー無償のエディションで、Enterprise Evalution
    機能の選択データベースエンジンサービスと管理ツール基本、完全にチェック
    サーバーの構成アカウントが空欄の場所に NT AUTHORITY\SYSTEM を選択
    データベースエンジンの構成アカウント準備タブで現在のユーザー追加。
    FILESTREAMタブにあるチェックを全て入れる
    特に記載がない箇所はデフォルトのまま。

SQL Server 構成マネージャの設定

スタート⇒全てのプログラム⇒SQL Sever 2008⇒構成ツール⇒SQL Server 構成マネージャ
構成マネージャーを起動したら、VIA以外を全て「有効」に変更する。

SQL_01.png

SQL Serverの設定

  • スタートメニューから「SQL Server Management Studio」を起動する。
    接続の認証ポップアップが表示されるので、サーバー名に「ホスト名」認証に「Windows認証」で接続する。

インスタンスの設定変更

(1) 左ペインからツリーの最上段(ホスト名のもの)を右クリックしプロパティを開く。
(2) プロパティの左ペインから「セキュリティ」を選択。
(3) プロパティの右ペインのサーバー認証にて「SQL Server認証とWindows認証」にチェックを入れOKボタン。
(4) 左ペインのホスト名を右クリックし、再起動を行う。

データベース作成(データストア用)

(1) データベースを右クリック⇒新しいデータベース。
(2) データベース名に任意の名前を入れてOKボタン。

ログインユーザーの作成

(1) セキュリティ⇒ログインを右クリックし「新しいログイン」
(2) 任意のログイン名。SQL Server認証にチェック。
  パスワードポリシーのチェックを外せば短いパスワードも設定可能。
  既定のデータベースに前手順で作成したデータベース名を指定。
(3) 左ペインからサーバーロールを選択。
  sysadminにチェックを入れてOKボタン。

データベースユーザーの作成

(1) データベース⇒作成したデータベース⇒セキュリティ⇒ユーザーを右クリックし「新しいユーザー」
(2) ユーザー名には、ログインユーザー名と同じ名前を入力。
(3) ログイン名には、ログインユーザー名を入力。ユーザー名とログイン名は一緒になる。

SQL Server認証でログインできるか試す

(1) 左ペインの接続を実行しログインのポップアップを表示させる。
(2) 認証を「SQL Server認証」に変更。ユーザー名と、パスワードを入力して接続できればOK。

XenApp5.0のインストール

  • autorun.exeを実行するとインストール画面が表示されるので、Enterprise Editionを選択。
  • アプリケーションの仮想化を選択。
  • インストールするパッケージを選択。※デフォルトの設定のままで良い。
XEN_02.png
  • Web Interface でクライアントのインストール項目にて「コピーする」を選択する。
    クライアントがWeb Interfaceにアクセスした時、クライアントソフトをサーバーからDLできるようになる。
    ※それ以外は全てデフォルトのままで良かった筈。

XenApp6.0のインストール

  • autorun.exeを実行するとインストール画面が表示されるのでXenAppサーバーのインストールを選択する。
    .NET 3.5 のインストールを促されるのでインストールを行う。
  • サーバーの役割マネージャが起動されるので、サーバー役割の追加を選択する。
  • Enterprise Edition を選択する。
  • XenApp、WebInterfaceにチェックを入れて次へ。
  • XMLとIISのサービス統合にチェックを入れて次へ。
  • インストールが開始される。途中で再起動を促されるので再起動を行う。
  • ライセンスサーバーのインストールを行う。
    コンポーネント個別インストール⇒共通コンポーネント⇒Citrixライセンスサーバー。
    ⇒別に入れなくても良いっぽい。
  • インストール完了後以下のようになっていればOK。
XEN_03.png

XenAppサーバーの構成

  • Citrix XenApp サーバー役割マネージャーから、XenAppの構成をクリックする。
  • 新しいサーバーファームを作成する。
    サーバーファーム名を入力し次へ。
  • 既存のライセンスサーバーを使用するにチェック。
    ライセンスサーバー名は現在のホスト名を入力。(コマンドプロンプトからhostnameで確認)
  • 新規データベースを選択し次へ。
    資格情報にAdministratorとパスワードを入力する。
    ※任意のユーザー名とパスワードでも大丈夫だと思う。
  • エラーなくインストール完了した場合、再起動を促される。
    IMAService サービスの起動に失敗しました。と表示された場合、以下の設定を行った後、再起動しやり直す
    ファイル名を指定して実行から「services.msc」
    Citrix MFCOM Serviceのプロパティ、ログオンタブをローカルアカウントシステムに変更する。
    スタートアップの種類を「手動」に変更する(不要かも?)。インストール完了後は「自動」に戻す。

WebInterfaceの構成

  • Citrix XenApp サーバー役割マネージャーから、WebInterfaceの構成をクリックする。
  • 左ペインのXenApp Webサイトを右クリック⇒サイトの作成。
  • IISサイトのデフォルトページとして設定するにチェックを入れて次へ。
  • ユーザー認証はWebInterfaceを選択して次へ。
  • サーバーファームの指定。
    サーバーファーム名は、XenAppのインストール時に作成したサーバーファームを指定。
    サーバーは「追加」ボタンを押下し、ホスト名を入力する。
XEN_04.png
  • 認証方法の設定。
    ユーザー名を指定と、パススルー認証にチェックを入れて次へ。
  • 残りは全てデフォルトのままでOK。

WebInterfaceにアクセスしてみる

  • クライアント端末から、サーバーのIPアドレスを直接入力する。
  • ユーザー認証を求める画面が表示されるので、IDとパスワード入力する。
XEN_05.png

アプリケーションを何も公開してないので、こんな感じに表示される。

公開アプリケーションの設定

  • Citrix デリバリーサービスコンソールを起動する。
    チェックが走るけど、キャンセルする。
  • XenAppを右クリックして「検出の設定と実行」を行う。
  • ローカルコンピュータを追加して次へ。
  • 設定してあるファームが追加される。
XEN_06.png
  • ファームを選択し右クリック⇒アプリケーションの公開からにて、自由に公開したいアプリケーションなどの設定が出来る。

公開アプリケーションを起動する

  • アプリケーションの公開設定を行ってクライアント端末からサーバーのWebInterfaceにアクセスする。
  • サーバーのユーザー名と、パスワードを入力しログインする。
  • インストールを行う画面が表示されるのでクライアントにPlug inをインストールする。
    (1) 別ウィンドウでCitrixのDownloadページが表示される。
    (2) Switch Product ⇒ XenAppを選択。
    (3) Select Download Category ⇒ Clients and Plug-insを選択。
    (4) Online Plug-in 12.1 をクリック。
    (5) Citrix Online plug-in - Web をDLしてインストールする。
  • 公開されたアプリケーション一覧が表示される。
XEN_07.png

アイコンをダブルクリックしユーザー認証を行った後にICAコネクションが確立されアプリが起動される。

インターネット経由でアプリケーションを公開する

  • IISのポート番号 80 と、ICAコネクションの 2598 のポートを開放。
  • 以下のエラーが出て、コネクションの確立ができず。原因調査中。
XEN_08.jpg
XEN_09.jpg
  • リモートデスクトップのポート3389を開放しても同エラーが発生。
  • ライセンスサーバーのポート(デフォルト27000⇒確認)開放したらどうか?
  • クライアント側の %USERPROFILE%\Application Data\ICAClient\APPSRV.ini内、
    XmlAddressResolutionType=DNS-Port ⇒ IPv4-Port に変更したらどうか?
    ⇒駄目でした。上記と同じエラーが発生することを確認。
  • ライセンスサーバーのポート(デフォルト27000⇒確認)開放したらどうか?
  • WindowsServerのファイアーウォールが、デフォルトだと2598を許可してないっぽい。追加してみては?

ちょいメモ

  • 主要設定ファイルの場所
    c:\inetpub\wwwroot\Citrix\XenApp\conf\WebInterface.conf
    %USERPROFILE%\Application Data\ICAClient\APPSRV.ini ←クライアント

  • ICAプロトコルの設定
    ターミナルサービス構成 -> ICA-tcpのプロパティ
    telnet <XenAppのIPアドレス> 1494(ICAのデフォルトポート) で接続し、ICAと表示され続ければ正常
    接続できない場合は、LISTENしてない。
    接続しても直ぐに切断される場合は、最大接続数に達して切断されている可能性がある。
    そのような場合に、当該設定を確認する

トップ   編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-07 (金) 22:42:34 (82d)