UNIX/Bondingドライバのチーミング設定

  • NICを2枚。それぞれ、eth0 と eth1 の名前を付与した場合の設定例

論理デバイスを追加する

/etc/modprobe.conf

alias eth0  bnx2
alias eth1  bnx2
alias bond0 bonding    ‥‥bond0をBondingデバイスに指定

NICの設定

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

DEVICE=eth0
BOOTPROTO=none
MASTER=bond0        ‥‥modprobe.confで指定したBondingデバイスをマスターにする
SLAVE=yes         ‥‥自身をスレイブアダプタに設定

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1

DEVICE=eth1
BOOTPROTO=none
MASTER=bond0
SLAVE=yes

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bond0

DEVICE=bond0
BOOTPROTO=static
IPADDR=192.168.11.13
DNS1=192.168.11.1
GATEWAY=192.168.11.1
NETMASK=255.255.255.224
ONBOOT=yes
BONDING_OPTS="mode=1 primary=eth0 miimon=100 updelay=5000"
パラメータ説明
mode動作モードを指定(1:active-backup 4:負荷分散)
primaryactive-backupモード時の優先プライマリ
miimonMII監視(NICのdown/up)によるリンク確認間隔(ミリ秒)MII監視に対応したNICの必要有り
ethtoolコマンドにて、Link detected が yesになってれば対応しているNICと判断できる
updelayMIIでリンクアップ検知後、該当するアダプタをアクティブにするまでの遅延時間(ミリ秒)
arp_intervalARP監視によるリンク確認間隔(ミリ秒)
arp_ip_targetARP監視の際にARP要求パケットを送信するIPアドレスを指定(同じサブネット上で常に応答が可能なIPアドレスを指定する)


Bondingデバイス操作

稼働状態確認

# cat /proc/net/bonding/bond0
Ethernet Channel Bonding Driver: v3.4.0-1 (October 7, 2008)

Bonding Mode: fault-tolerance (active-backup)
Primary Slave: eth0 (primary_reselect always)
Currently Active Slave: eth0         ‥‥現在ActiveなNIC
MII Status: up
MII Polling Interval (ms): 100
Up Delay (ms): 5000
Down Delay (ms): 0

Slave Interface: eth0
MII Status: up
Speed: 100 Mbps
Duplex: full
Link Failure Count: 0
Permanent HW addr: 00:0c:29:54:80:05

Slave Interface: eth1
MII Status: up
Speed: 100 Mbps
Duplex: full
Link Failure Count: 0
Permanent HW addr: 00:0c:29:54:80:0f

アクティブアダプタの切り替え

ifenslave -c <Bondingドライバ> <アクティブにしたいNIC>

# ifenslave -c bond0 eth1

トップ   編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-05 (金) 23:13:02 (1029d)