Storage/NetAPP

ノードに関する情報

  • ノードの情報
    1::> cluster show
    Node                  Health  Eligibility
    --------------------- ------- ------------
    node1                 true    true
    node2                 true    true
  • クラスタ属性の表示
    ::> cluster identity show
  • ノード属性の表示
    ::> system node show [ -node ノード名 ]

システムシェル

Linuxベースのコマンドを利用する。

::>  security login show -username diag    -- アカウントロック状態の確認
::>  security login unlock -user diag      -- アカウントロックを解除(ロックする場合は lock)
::>  set diag
*::> systemshell [ -node ノード名 ]
login: diag
password:

正常性確認

コマンド説明
system health status showクラスタ
system node showコントローラ
storage aggregate show各コントローラのアグリゲート
network port show各コントローラの物理ネットワークインターフェース
vserver dashboard health showserver
volume showボリューム
network interface showVserverのネットワークインターフェース(LIF)
vserver cifs showVserverのCIFSサービス
  • 疎通確認(PING)
    vserver services name-service getxxbyyy getaddrinfo -node <ノード名> -vserver <vServer名> -hostname <ホスト名> -address-family all -show-source true

障害時の情報取得

autosupport invoke -node <ノード名> -type all -uri file:///mroot/etc/log/autosupport/<任意のファイル名>.7z
※ 実行後すぐにプロンプトが戻ってくるが作成されるまで数分かかる
system node autosupport history show
※ autosupportの取得履歴
  • autosupportが取得出来ない場合は、下記コマンドを全て実行する
    system node run -node lngmgr11h-01 -command sysconfig -a
    system node run -node lngmgr11h-01 -command sysconfig -r
    system node run -node lngmgr11h-01 -command sysconfig -d
    system node run -node lngmgr11h-01 -command disk show
    system node run -node lngmgr11h-01 -command environment status
    system node run -node lngmgr11h-01 -command rdfile /etc/log/messages
    system node run -node lngmgr11h-01 -command rdfile /etc/log/messages.0
storage errors show -instance
storage shelf show
node run -node * -command sasadmin expander_map
node run -node * -command sasadmin expander 0a
node run -node * -command sasadmin expander 0b
node run -node * -command sasadmin expander_phy_state
node run -node * -command storage show shelf -a
node run -node * -command storage show fault -av
system health status show
system health alert show -instance
storage failover show
storage failover show-giveback
storage failover show-takeover
network interface show
network port show
event log show
event snmphistory show
event mailhistory show
cluster show
storage disk show
vserver locks show
vserver show
volume show
aggr show

クラスタシェルの利用手順

ONTAP独自コマンドではなく、Linuxベースでのコマンドを実行できるようにするモード。

  • diagユーザーのロック状態確認
    security login show -user-or-group-name diag
    ※ ActLocked が yes となってる場合は以下のロック解除を行う
    security login unlock -username diag
  • Diagモードへ移行
    set diag
    Warning: These diagnostic commands are for use by NetApp personnel only.
    Do you want to continue? {y|n}: y
    ※ 確認応答に y を入力し Enter
  • システムシェルでのログイン
    systemshell -node ノード名 ※ ノード名は、cluster show コマンドで確認可能
    login: diag
    Password:
    ※ loginユーザーは diag でパスワードを入力する
    プロンプトが % に変われば、あとはLinuxのコマンドが実行できる

共有マウント作成

storage aggregate show
※ aggregate名を確認(作成方法は未確認)
volume show -vserver vServer名 -junction
※ ボリューム名とマウントのパス(Junction Path)確認
volume create -vserver vServer名 -volume ボリューム名 -aggregate aggregate名 -size 容量(1g) -state online -junction-path /パス
vserver cifs share create -vserver vServer名 -share-name 共有名 -path /パス -share-properties oplocks,browsable,changenotify
削除
vserver cifs share delete -vserver vServer名 -share-name 共有名
volume offline -vserver vServer名 -volume ボリューム名 -foreground true
volume delete -vserver vServer名 -volume ボリューム名

クラスター構成

  • クラスターの状態確認
    network interface show
                Logical    Status     Network            Current       Current Is
    Vserver     Interface  Admin/Oper Address/Mask       Node          Port    Home
    ----------- ---------- ---------- ------------------ ------------- ------- ----
    Cluster     lif1       up/up      192.168.1.10/24    netapp-01      a0a    true
    ・・・
    項目説明
    Current Node現在アクティブなコントローラー
    Is Home初期設定でアクティブとして設定したコントローラーがアクティブになっている場合はtrue

  • lif_lngbks11hのノードを切り替える場合
    network interface migrate -vserver Cluster -lif lif1 -destination-node netapp-02

  • ノードを切り戻す場合(Is Homeが falseになってる場合に利用可能)
    network interface revert -vserver Cluster -lif lif1

     

設定変更

DNS

vserver services dns show
vserver services dns delete -vserver <vServer名>
vserver services dns create -vserver <vServer名> -domain <ドメイン名> -name-server <IP>[,IP,IP,...] -state enabled

NTP

cluster time-service ntp server show
cluster time-service ntp server create -server <IP>
・・・追加したい数だけ繰り返す
cluster time-service ntp server delete -server <IP>

CIFS

vserver cifs show -vserver <vServer名> -instance
cifs server modify -vserver <vServer名> -domain <ドメイン名> -status-admin down
cifs server modify -vserver <vServer名> -domain <ドメイン名> -status-admin up

Firewall policy

-- ノード管理またはクラスター管理に適用されてるFWポリシーを確認
network interface show -role { node-mgmt | node-cluster-mgmt } -fields firewall-policy
-- FWポリシーの適用内容を確認
system services firewall policy show -policy <ポリシー名>
-- FWポリシーを作成する
system services firewall policy create -vserver <Vserver> -policy <ポリシー名> -service <snmpなどのサービス名> -allow-list IP/Mast
system services firewall policy modify -vserver <Vserver> -policy <ポリシー名> -service <snmpなどのサービス名> -allow-list IP/Mast,IP/Mask... 必要な数だけ,区切りで追加
-- 作成したFWポリシーをLIFに適用する
network interface modify -vserver <Vserver> -lif <LIF名> -firewall-policy <ポリシー名>

トップ   編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-19 (月) 14:00:45 (712d)