Oracle/RMAN

RMAN接続

-- RMAN接続後のDATE型のフォーマットを時分秒まで表示できるようにする
NLS_DATE_FORMAT="yyyy-mm-dd hh24:mi:ss"

-- RMANへ接続
rman target [USER]/[PASS]@[識別子]


 

RMANリポジトリ構成

RMANリポジトリはデフォルトでは制御ファイルで管理している。
制御ファイルのリポジトリ情報は、保存期間に制限がある。(CONTROL_FILE_RECORD_KEEP_TIME初期化パラメータで指定(デフォルトは7日))
リカバリ・カタログを作成し制御ファイルのリポジトリ情報を保持することで保存期間の制限をなくせる。

-- 表領域を作成
CREATE TABLESPACE rcat_tbs DATAFILE '/opt/app/oracle/oradata/orcl11/rman.dbf' SIZE 15M;
--リカバリカタログ用のユーザーを作成
CREATE USER rmansys IDENTIFIED BY oracle
TEMPORARY TABLESPACE temp
DEFAULT TABLESPACE rcat_tbs
QUOTA UNLIMITED ON rcat_tbs;
--リカバリカタログオーナー権限を付与
GRANT RECOVERY_CATALOG_OWNER TO rmansys;
--リカバリカタログの作成
$ rman
RMAN> CONNECT CATALOG rmansys/oracle@<SID>
RMAN> CREATE CATALOG;
--ターゲット・データベースをリカバリ・カタログに登録
$ rman TARGET / CATALOG rmansys/oracle@<SID>  ※ターゲットDBと、リカバリ・カタログの両方に接続
RMAN> REGISTER DATABASE;


 

RMANコマンド

-- 全ての設定を確認する
show all;

LIST

LIST [EXPIRED] { BACKUP [SUMMARY] | COPY | ARCHIVELOG ALL | RESTORE POINT ALL } [オプション];
オプション説明
EXPIRED期限切れの対象ファイルを表示
BACKUPバックアップセットに関する情報を表示
COPYデータベースファイルとアーカイブREDOログファイルのコピーを表示
ARCHIVELOG ALLアーカイブログに関する情報を表示
RESTORE POINT ALLリストアポイントを表示

詳細はDatabaseバックアップおよびリカバリ・リファレンスのLIST参照。

ステータス状態RMANリポジトリ情報とファイルの状態
AVAILABLE正常リポジトリに登録されファイルも存在する
EXPIRED期限切れリポジトリに登録されているがファイルが存在しない
UNAVAILABLE使用不可CHANGEコマンドで意図的に使用不可にした状態


REPORT

-- 表領域、データファイル名、サイズなどのスキーマ情報を表示。BACKUP DATABASEの対象ファイルとなる。
REPORT SCHEMA;
-- 現状で構成しているバックアップ保存方針、またはオプションで指定した保存方針を基に「不要」または「バックアップの作成」が必要なバックアップを表示。
REPORT { OBSOLETE | NEED BACKUP } [保存ポリシー];
保存ポリシー説明
増分バックアップ個数
NEED BACKUPのみ
INCREMENTAL 個数
指定した個数を超える増分バックアップを指定しなければリカバリが完了しないファイル
日数
NEED BACKUPのみ
DAYS 日数
指定した日数以上バックアップしてないファイル
冗長性REDUNDANCY 個数
NEED BACKUP:指定した個数以上のバックアップ数が取得されてないファイル=必要なファイル
OBSOLETE  :指定した個数以上のバックアップ数が取得されているファイル=不要なファイル
リカバリウィンドウRECOVERY WINDOW OF 日数 DAYS
NEED BACKUP:指定した日数より古いアーカイブREDOログファイルを適用しなければリカバリできないファイル
OBSOLETE  :指定した日数より古いアーカイブREDOログファイルを適用しなければリカバリできるファイル


アーカイブログの削除

削除条件を指定した後、対象ファイルが表示され、YES/NO の選択がでる。YESを選択することで削除される。
削除されたアーカイブログは、V$ARCHIVED_LOG の NAME 列が空白になる。

-- RMAN に接続
NLS_DATE_FORMAT="yyyy-mm-dd hh24:mi:ss"
rman target /
rman target [USER]/[PASS]@[識別子]
-- アーカイブログのリスト表示
list archivelog all;
list archivelog like '%ファイル%';
-- 7日以上前のアーカイブログ削除
delete archivelog until time 'sysdate-7';
-- シーケンスNo 105 までのアーカイブログ削除
delete archivelog until sequence 105 [ thread 1 ];

トップ   編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-12 (月) 12:17:56 (531d)