JP1/初期構築

JP1/Baseインストール

RPMパッケージ確認

glibc-2.17-xx.el7.i686.rpm
glibc-devel-2.17-xx.el7.i686.rpm
glibc-devel-2.17-xx.el7.x86_64..rpm
libstdc++-4.8.x-xx.el7.i686.rpm
ncompress-4.2.4.4-xx.el7.x86_64.rpm
ncurses-5.9-13.xx.el7.x86_64.rpm
psmisc-22.20-x.el7.x86_64.rpm
libgcc-XXX.i686.rpm (*1)
sysstat-10.1.5-7.el7.x86_64.rpm
net-snmp-XXX.x86_64.rpm
net-snmp-libs-XXX.x86_64.rpm
net-snmp-agent-libs-XXX.x86_64.rpm
lm_sensors-libs-XXX.x86_64.rpm
perl-Data-Dumper-XXX.x86_64.rpm
redhat-lsb-core-4.1-27.el7.x86_64.rpm
nss-softokn-freebl-XXX.i686.rpm ※
※ 32bit版のインストールが必要

JP1/Baseのインストール

mount /dev/cdrom /mnt/
/mnt/linux/setup /mnt
※ PPインストーラーが起動するため、I でインストールする
-- インストール製品の確認
/etc/hitachi_setup

統合トレースのログサイズ及び面数変更

各プログラムのトレース情報。

-- ログファイルのパス
/var/opt/hitachi/HNTRLib2/spool/hntr2{1|2|3|4}.log
-- 統合トレースログのサイズとファイル数を出力
/opt/hitachi/HNTRLib2/bin/hntr2getconf -bn
-- ログサイズを4096KByte ログファイル数を 16に変更
/opt/hitachi/HNTRLib2/bin/hntr2conf -b 4096 -n 16

プロセスに関する設定

-- JP1/Base自動起動の有効化
cp -ip /etc/opt/jp1base/jbs_start.model /etc/opt/jp1base/jbs_start
-- JP1/Base停止処理の有効化
cp -ip /etc/opt/jp1base/jbs_stop.model /etc/opt/jp1base/jbs_stop
-- イベントプロセスの自動再起動設定
vi /etc/opt/jp1base/conf/event/servers/default/conf
※ restart の # を外す
※ db-size など他にも制御するパラメータが多数あり

イベントに関する設定

-- イベント転送設定(トラップ送信先)
vi /etc/opt/jp1base/conf/event/servers/default/forward
※ to-upper を to <送信先IP> に変更する
-- 認証サーバー設定
/opt/jp1base/bin/jbslistsrv

ユーザーマッピング

-- ユーザーマッピング状態の確認
/opt/jp1base/bin/jbsgetumap
-- ユーザーマッピングの定義修正
vi /etc/opt/jp1base/conf/user_acl/jp1BsUmap.conf
(例) jp1admin:*:root,kita
-- 定義ファイルの内容を反映
/opt/jp1base/bin/jbsmkumap

名前解決の固定

-- JP1マネージャと通信するIPを固定する
vi /etc/opt/jp1base/conf/jp1hosts2.conf
以下の書式で必要な分だけ記述する
ホスト名 IPアドレス

その他定義ファイル

/etc/opt/jp1base/conf配下にあるファイルについて記載する。

ファイル名ファイル名詳細
jp1bs_service_0700.conf拡張起動プロセス定義JP1関連プロセスが異常終了した場合の動作(再起動など)を定義
jp1bs_param_V7.confJP1/Baseパラメーター定義自動で認証サーバの切り替えが発生した場合にJP1イベントとして通知を定義
jp1bs_baselog_setup.conf操作ログ定義操作ログを出力する設定
jbs_add.conf正規表現拡張設定拡張正規表現を使用できるようにする。&{br};[JP1_DEFAULT\JP1BASE\]\&{br};"REGEXP"="EXTENDED"


 

JP1/AJS3-Agentインストール

プロセスに関する設定

-- JP1/AJS3-Agent自動起動の有効化
cp -ip /etc/opt/jp1ajs2/jajs_start.model /etc/opt/jp1ajs2/jajs_start
vi /etc/opt/jp1ajs2/jajs_start
以下のコメントを外す
------------------------------------------------------
84  /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd >/dev/null 2>/dev/null
104 WAIT_READY=YES
------------------------------------------------------
-- 自動停止
diff /etc/opt/jp1ajs2/jajs_stop.model /etc/opt/jp1ajs2/jajs_stop
vi jajs_stop
以下のコメントを外す
------------------------------------------------------
/opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_stop
RC=$?
/opt/jp1ajs2/bin/ajschkstop
WAIT_READY=YES
------------------------------------------------------


JP1/AJS-Agent論理ホスト構成

■稼働系で実施
-- 論理ホストの構築
/opt/jp1ajs2/bin/jajs_setup_cluster -h 論理ホスト名 -d 共有ディスク

-- 共有設定情報取得
/opt/jp1base/bin/jbsgetcnf -h 論理ホスト名 > 出力ファイル
※ 出力ファイルを待機系へ転送
■待機系で実施
/opt/jp1base/bin/jbssetcnf 出力ファイル
/opt/jp1ajs2/bin/jajs_setup_cluster -h 論理ホスト名

トップ   編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-02 (土) 00:01:12 (182d)