JP1

JP1/Base

基本

コマンドは、/opt/jp1base/bin または /etc/opt/jp1base

コマンド説明
jbs_startJP1/Baseプロセス起動
jbs_stopJP1/Baseプロセス停止
jbsgetcnf共通定義情報確認、論理ホストの共通定義確認する場合は、-h 論理ホスト名 を付与する
jbs_spmd_statusJP1/Base稼働状況(UNIX限定)
jevstatjevservice(イベントサービス)の動作状況確認
jevlogstat ALL動作中の管理IDと監視名
jevlogstartログ監視の開始。監視する定義とログファイルを引数で指定する
jevlogstopログ監視の停止。ALLですべて停止
jbsgetopinfoログフィルタやフォワード(-o forward)設定の確認
jevexportログ転送状況確認。(例) jevexport -o /tmp/jevexport.log -t ON


統合トレースログ

各プログラムのトレース情報。デフォルトは以下のフォルダに格納。
Windows C:\Program Files\Hitachi\HNTRLib2\spool\hntr2{1|2|3|4}.log
UNIX  /var/opt/hitachi/HNTRLib2/spool/hntr2{1|2|3|4}.log

Windowsイベントログのメッセージフィルタ

ntevent.confを編集した後、jeveltreload コマンドで設定を反映させる
ファイルの場所:インストール先フォルダ\conf\event\ntevent.conf

ログファイル監視

動作定義ファイル:/etc/opt/jp1base/conf/jevlog.conf にログフィルタの定義を記述する

-- 定義ファイルを指定してログ監視を開始
/opt/jp1base/bin/jevlogstart -f 動作定義ファイル -a 監視名  監視対象ログファイル名

-- 再読み込みの場合
/opt/jp1base/bin/jevlogreload -a 監視名

再起動したら監視が消えるため、自動起動するスクリプトに定義を記述する。

/etc/opt/jp1base/conf/event/jevlog_start.conf
-- 設定例
START_OPT=<ja_JP.UTF-8>SYSLOG:-f /etc/opt/jp1base/conf/jevlog.conf -r /var/log/messages

JP1/BASE起動スクリプト(/etc/opt/jp1base/jbs_startファイル)で、
/opt/jp1base/bin/jevlogdstart コマンドにより、定義に記述されている全てのログファイルの監視が開始される。


JP1イベントの転送先設定

forwardファイルを編集した後、jevreload コマンドで設定を反映させる
Windows:インストール先フォルダ\conf\event\servers\default\forward
Linux :/etc/opt/jp1base/conf/event/servers/default/forward

(設定例)
to <IM2ホスト または IPアドレス>
E.SEVERITY IN Error
end-to

認証サーバー

jbssessionmgrプロセスが自身のホストにいれば、自分自身が認証サーバーになってる。
認証サーバーを指定し、認証を一元管理させることが可能。

認証サーバー表示
/opt/jp1base/bin/jbslistsrv
認証サーバー設定
/opt/jp1base/jbssetusrsrv プライマリ [セカンダリ]

定義ファイルの確認

jbsgetopinfo [-o forward,logtrap,evttrap]


 

Network Node Manager i

コマンド

コマンド説明
ovstart -cNNMiサービス起動
ovstop -cNNMiサービス停止
ovstatus -cNNMiサービス起動状態確認
nnmchangesyspw.ovplログインパスワード変更
nnmloadmib.ovplMIBファイルの取り込み(TRAP-TYPE または NOTIFICATION-TYPEがない場合はこちらのコマンドを実行する)
nnmincidentcfg.ovplMIBファイルをインシデント登録する(管理コンソールのワークスペース - 設定 - インシデント - SNMPトラップの設定 に 定義が追加される)
nnmtopodump.ovpl検出されているノードををXML形式で出力する
nnmtrapdump.ovpl受信したSNMPトラップを表示
nnmbackup.ovplNNMiの構成情報をバックアップする(-type onlineでオンラインバックアップ可能)
nnmrestore.ovplnnmbackup.ovplにて取得したバックアップからリストアを行う

nnmloadmib.ovpl

MIB定義を読み込みDBに格納する。トラップ定義は読み込まれない(SNMPトラップの設定に追加されない)
インシデントの設定(※)として登録させるには「nnmincidentcfg.ovpl -loadTraps」コマンドを実行する。
※ [インシデント設定] - [SNMPトラップの設定]

nnmloadmib.ovpl オプション -u <username> -p <password>
オプション説明
-listデータベースにロードされたMIBのリストを表示する
-load MIBファイル指定したファイルのMIB定義をロードする(MIBブラウザなどで参照可能になる。値の取得もできるようになる)
-unload MIB定義名指定したMIBモジュールのMIB定義をアンロード
-resynchNNMのデータベースを同期する(MIBロード後に実行することで取り込みが完了するっぽい。これやらないとGUIにも反映されなかった)

nnmincidentcfg.ovpl

MIBデータベースに読み込まれたMIB定義からインシデントを作成する。

nnmincidentcfg.ovpl オプション [-u <username>] [-p <password>]
オプション説明
-loadTraps MIBモジュール名DBに格納されてるMIBモジュールをインシデント登録する
-disableAllTraps {true o false}インシデント登録する際のトラップを無効にするか。true:無効 false:有効(デフォルトはfalseで有効な状態で登録される)

nnmtopodump.ovpl

nnmtopodump.ovpl -type { ip | node } -u <username> -p <password>

nnmtrapdump.ovpl

オプション説明
-t最新のSNMP受信を表示し以降はリアルタイムで表示する
-from 時間指定した時間以降に受信したSNMPを表示する。(例) -from 2017-04-11T08:00
-to 時間指定した時間までに受信したSNMPを表示する
-trapid OID特定のトラップIDのみ表示する。(例) -trapid .1.3.6.1.6.3.1.1.5.3


 

インシデント登録

SNMPトラップを受信してNNMiのインシデントの画面に表示させるには以下の条件を満たしている必要がある

  • イベントの「有効にする」がONになっていること
  • ノードが管理対象になってること

     

L2レイヤーのIFLinkDown/Upを検知させる方法

  1. [設定] - [通信の設定] で、対象機器のSNMPコミュニティ文字列を指定する
  2. [設定] - [モニタリング] - [モニタリングの設定] - [インターフェースの設定]タブし「新規作成」
    順序は評価する順番で任意の数値。
  3. インターフェースグループを「新規作成」未接続のインターフェースのポーリングにチェックを入れる
    NNMi_Setting_Monitoring1.png
  4. [インベントリ] - [インターフェースグループ] - 上記で作成したグループのプロパティを開く
    [ifTypeフィルター]タブを選択し「新規作成」
  5. 対象としたいifTypeを選択する。[インベントリ] - [インターフェース]の一覧で ifTypeは確認可能。
  6. [追加のフィルター]タブでは、更に細かく該当インターフェースグループの条件を指定できる。
    ホスト名が SW1 の IFだけに絞り込みたい場合は hostedOn属性を利用する。
    論理式(ORやANDなど)を使う場合は、属性条件追加前に論理式ボタンを押下する。

    この設定を行うことで[インベントリ] - [インターフェース] で合致するIFの[インターフェースグループ]タブに
    作成したインターフェースグループが一覧表示される。
    NNMi_inventory_IF1.png NNMi_inventory_IF2.png
     

デバイスのプロファイル

検出されたホストのデバイスを取得する。OIDとデバイス名を組み合わせたプロファイルを作成する。
NNMiがSNMPで該当機器を読み取り、デバイスプロファイルに登録されてるOIDが検出できた場合は、そのデバイスファイル名が表示される。
何れのOIDにも合致しない、またはSNMPの読み取りに失敗した場合は、非SNMPノードになる。
一般的な機器のOID(Cisco Generic .1.3.6.1.4.1.9など)は既定で登録済み。
NNMi_Deviceprofile.png

 

ファイル

  • objbossの起動パラメータ
    C:\ProgramData\Hitachi\Cm2NNMi\shared\nnm\conf\props\ovjboss.jvmargs

     

参考

JP1/AJS3

基本

デフォルトのパスは /opt/jp1ajs2/bin または /etc/opt/jp1ajs2

コマンド説明
jajs_spmd_statusJP1/AJS3 エージェントのコンポーネント稼働状況
jbsgetumapユーザーマッピングの情報を出力
jajs_startJP1/AJSエージェントの起動
jajs_start.cluster 論理ホスト名論理のJP1/AJSエージェントの起動
jajs_stopJP1/AJSエージェントの停止
jajs_stop.cluster 論理ホスト名論理のJP1/AJSエージェントの停止

ユーザーマッピング

JP1ユーザーと、OSユーザーをマッピングする。指定したJP1ユーザーが、どのOSユーザーでジョブを実行するか定義。
OSユーザーは,区切りで複数指定できる。
JP1/Baseの環境設定で定義タブにある「実行時のユーザー」で、実行したいOSユーザーを指定する。 空白にした場合は先頭に記述されたユーザーで実行される。
下記の場合、Administratorと指定しても空白指定しても、OSではAdministratorユーザーで実行される。
JP1Base環境設定1.png JP1Base環境設定2.png

-- ユーザーマッピングの確認
/opt/jp1base/bin/jbsgetumap
-- ユーザーマッピングの定義を編集
/etc/opt/jp1base/conf/user_acl/jp1BsUmap.conf
-- ユーザーマッピングの定義を反映させる
/opt/jp1base/bin/jbsmkumap

ジョブの実行履歴

/ 配下のジョブの開始、終了、ユニット名、ステータスを出力する場合。

ajsshow -b 2017/08/06 -e 2017/08/06  -f "%S %E %J %R" -R AJSROOT2:/
2017/08/06 15:23 2017/08/06 15:23 /TEST/TESTNET ***
2017/08/06 15:23 2017/08/06 15:23 /TEST/TESTNET/UNIXジョブ 0

実行エージェント

  • 実行エージェントの一覧
    ajsagtshow [-h 論理ホスト名] -l
    KNAC1101-I エージェント管理の情報の出力を開始します
    HOSTNAME:WS2008R1
    AGENT           STATUS HOST            CON-EXE   QUE   JOB EVENT DESCRIPTION
    --------------- ------ -------------- -------- ----- ----- ----- --------------------
    @SYSTEM         Ef     WS2008R1              5     0     0     0
    WS2008R1B       Ef     WS2008R1B             5     0     0     0

  • 実行エージェントの定義
    ajsagtprint [-h 論理ホスト名] -l
    # 2017/8/6 16:41:53 HOSTNAME:WS2008R1
    #,AGENT,HOST,CON-EXE,STATUS,DESCRIPTION
    "A","@SYSTEM","WS2008R1","00:00-00:00=5","Ef",""
    "A","WS2008R1B","WS2008R1B","00:00-00:00=5","Ef",""

  • 実行エージェントの登録
    set JP1_USERNAME=jp1admin ※ コマンドの実行するJP1ユーザーを指定する(JP1_JPQ_Admin権限を持ってるJP1ユーザーを指定する)
    ajsagtadd [-h 論理ホスト名] -a 実行エージェント名 [-s ジョブ実行ホスト名] [-c 時刻-時刻=ジョブ実行多重度,...]
    オプション説明
    -sジョブを実行するホスト名。省略時はエージェント名を仮定する
    -c指定した時刻のジョブ多重度の設定。省略時は 00:00 - 00:00=5(⇒24時間多重度5)になる

  • 実行エージェントのジョブ受け付け状況変更
    ajsagtalt [-h 論理ホスト名] -a 実行エージェント名 -t [e|i|h|b]
    -tオプション説明
    eEf:ジョブ受け付け有効
    iIn:ジョブ受け付け無効。すでに受け付けたジョブは実行ホストに配信される
    hHd:ジョブ受け付けするが実行ホストへ配信されない
    bBI:ジョブ受け付けも実行ホストへの配信もされない

  • 実行エージェントのログ
    C:\Program Files (x86)\Hitachi\HNTRLib2\spool\hntr21.log
    JP1のジョブが失敗する場合など、エージェント側にログ出力が出てるか確認する。
     

JP1/SSO

リソース収集/プロセス監視設定

  • リソース収集とプロセス監視を行うには、マネージャ側の ssosnmp.confファイルを編集する。 カテゴリはssoだけでもプロセス監視が出来る。
  • プロセス監視を行うには、エージェント側の ampaddr.conf に マネージャと通信する物理IPを記述する。
  • Windowsは、SNMP Serviceのプロパティで、マネージャのIPや、コミュニティ名を設定する。

リソース監視定義

収集状態定義ファイルを出力する

ssocolshow -p 出力ファイル名

収集条件を操作する

ssocolset オプション
オプション説明
-p ファイル名収集条件の定義を出力する
-sn ファイル名指定したファイルの定義に置き換える

プロセス監視定義

監視状態定義ファイルを作成。対象サーバーがどのアプリケーション定義を適用してるか確認できる
定義内のアプリケーション定義(appname)は後述のコマンド、-apオプションで出力されたファイルで確認する

ssopsshow -p 出力ファイル名

プロセスの監視条件を定義ファイルに従って設定および、定義情報を出力

ssopsset {-ap | -sp | -mp} 出力ファイル名
オプション説明
-ap監視条件の中から、監視アプリケーションの定義を出力
-sp監視されてるサーバー一覧
-mp設定されてる監視条件を出力

SNMP Agent

コミュニティ名の変更 / トラップ送信先を192.168.11.5 に指定

/etc/SnmpAgent.d/snmpd.conf を編集
---
get-community-name: privateG
set-community-name: privateS
※ setはgetも兼ねているため、setだけ設定した場合は、getのコミュニティ名もsetのものと同じになる

trap-dest:   192.168.11.5

トップ   編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-05 (金) 16:09:09 (148d)