JP1

Network Node Manager i

コマンド

コマンド説明
ovstart -cNNMiサービス起動
ovstop -cNNMiサービス停止
ovstatus -cNNMiサービス起動状態確認
nnmchangesyspw.ovplログインパスワード変更
nnmloadmib.ovplMIBファイルの取り込み
nnmincidentcfg.ovplMIBファイルをインシデント登録する(管理コンソールのワークスペース - 設定 - インシデント - SNMPトラップの設定 に 定義が追加される)
nnmtopodump.ovpl検出されているノードををXML形式で出力する
nnmtrapdump.ovpl受信したSNMPトラップを表示
nnmbackup.ovplNNMiの構成情報をバックアップする(-type onlineでオンラインバックアップ可能)
nnmrestore.ovplnnmbackup.ovplにて取得したバックアップからリストアを行う

nnmloadmib.ovpl

nnmloadmib.ovpl オプション -u <username> -p <password>
オプション説明
-listデータベースにロードされたMIBのリストを表示する
-load MIBファイル指定したファイルのMIB定義をロードする(MIBブラウザなどで参照可能になる)
-unload MIBファイル指定したMIBモジュールのMIB定義をアンロード
-resynchNNMのデータベースを同期する(MIBロード後に実行することで取り込みが完了するっぽい。これやらないとGUIにも反映されなかった)

nnmincidentcfg.ovp

nnmincidentcfg.ovp オプション -u <username> -p <password>
オプション説明
-loadTraps MIBファイルインシデント登録するMIBファイルを指定する

nnmtopodump.ovpl

nnmtopodump.ovpl -type { ip | node } -u <username> -p <password>

nnmtrapdump.ovpl

オプション説明
-t最新のSNMP受信を表示し以降はリアルタイムで表示する
-from 時間指定した時間以降に受信したSNMPを表示する。(例) -from 2017-04-11T08:00
-to 時間指定した時間までに受信したSNMPを表示する
-trapid OID特定のトラップIDのみ表示する。(例) -trapid .1.3.6.1.6.3.1.1.5.3


 

インシデント登録

SNMPトラップを受信してNNMiのインシデントの画面に表示させるには以下の条件を満たしている必要がある

  • イベントの「有効にする」がONになっていること
  • ノードが管理対象になってること

     

ファイル

  • objbossの起動パラメータ
    C:\ProgramData\Hitachi\Cm2NNMi\shared\nnm\conf\props\ovjboss.jvmargs

     

参考


トップ   編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-25 (火) 20:32:34 (2d)