Cisco

良く使うコマンド

コマンド説明
terminal monitortelnet接続時でもリアルタイムにログを出力
terminal length 01ページに表示されない時に出力される「 -- More -- 」を表示しない
show clock時刻の確認
show version稼働時間及び、起動理由を確認。System returned to ROM by power-on は電源ONによる起動
show loggingシスログ表示
show interfacesインタフェースの情報を表示
show int counters errorsインターフェースのエラーカウンタ表示
show controller ethernet-controllerトラフィック カウンタおよびエラー カウンタの出力を表示
show switch stack-portsスタック構成のインターフェース情報を表示
show ip trafficスイッチで受信したIPパケットのタイプ別のトラフィックサマリー
show buffersバッファプールの現状確認
show tech-supportCisco機器がトラブルを起こした場合にサポートに情報を投げる場合に情報を取得する
show inventoryCatalystスイッチのアップリンクに接続したGLC-Tのようなモジュールのシリアルも確認できる
show process cpu historyCPUの負荷状況を確認。左側が最新の測定値
show process cpu sorted 5secCPU使用率が高いIOSプロセスを表示(直近5秒)
show env all電源モジュール、ルータ内部の温度(ファン、アセンブリのステータスを直接反映)に関する情報を表示。
RPSは冗長電源であり、使用されてない場合は、is NOT PRESENT の出力
show cdp neighbors隣接するCisco機器の要約情報を表示。
detailを付与すると詳細表示(IPアドレス等の情報も表示される)
show ip interfaceACLの適用状況を表示
show platform pm if-numbersポートが、どのASICに属しているか確認する。port列のX/YのXがASIC番号
show controllers cpu-interfaceキューごとのパケットカウントを確認する(輻輳のために廃棄されるCPUバウンドパケットもカウント)
特定の CPU キュー(cpu-queue-frames)の廃棄カウントが増大している場合は、そのキューの使用頻度が高いことを意味する
show platform port-asic stats drop [IF]CPU 受信キュー廃棄カウントを確認し、パケットの廃棄カウントの多いキューを特定する
Supervisor TxQueue Drop Statistics で表示されるキュー順番は、show controllers cpu-interface のcpu-queue項目と同じ。0 ⇒ rpc、15 ⇒ cpu heartbeat

トラブルシューティング:スイッチ ポートおよびインターフェイスの問題

ログ取得時の推奨設定

  • timestampを確認できるようにする
    (config)# service timestamps debug datetime localtime msec
    (config)# service timestamps log datetime localtime msec
    (config)# line con 0 (またはline vty0 4)
    (config-line)# exec prompt timestamp
  • debugメッセージをログに記録する
    (config)# logging console informational
    (config)# logging buffered <size> debugging
  • IFのLinkDown/UPをログに記録する
    (config-if)# logging event { link-status | subif-link-status }

ルーター

ルーティングプロトコル

プロトコル説明
IGPISPなどのAS(Autonomous System、自律システム)内部のルーティングプロトコル
EGPAS間のルーティングプロトコル


プロトコル最適ルート計算法メトリック説明
RIPディスタンスベクターホップ数バージョン1はクラスフル、バージョン2はクラスレス
IGRPディスタンスベクター帯域幅、遅延、負荷、信頼性Cisco独自「これって使うことあるのか?」「大丈夫だ、今は使わない」
OSPFリンクステートコストバックボーンエリアとそれ以外のエリアとの2階層で接続
EIGRPハイブリット帯域幅、遅延、負荷、信頼性Cisco独自。ディスタンスベクター+リンクステート
IS-ISリンクステートIS ( ルータ ) と IS ( ルータ ) との間で経路情報を交換するために使用
BGPBorder Gateway Protocol、自律システム間で利用


IPv6をサポートするルーティングプロトコル

プロトコル説明
RIPngRIP Next Generation
OSPFv3
EIGRP for IPv6
MP-BGP4Multiprotocol BGP-4


冗長化プロトコル

プロトコル説明
HSRPCisco独自のプロトコルだがRFC2281でIMFORMATIONALとして定義されている
VRRPRFC 3768で標準化されたプロトコルで、基本動作・概念はHSRPと同様
GLBP1つのグループ(1つの仮想ルータのみ)でロードバランシングを実現できる。Ciscoの独自規格

※メモ HSRPは良く使ってるので早めにまとめる!

スイッチ

プロトコル説明
STPIEEE 802.1D。レイヤー2のループを回避するプロトコル
RSTPIEEE 802.1w。STPの改良版で互換性もあり一緒に使用できる
VTPトランクリンクで接続された複数のスイッチとVLAN情報を同期するCisco独自のプロトコル
IEEE 802.1QVLAN情報が入った4バイトのタグを挿入し、FCSを再計算するタグ付けプロトコル
ISLVLAN情報が入った26バイトのヘッダと4バイトのFCSでフレームをカプセル化するプロトコル


WANカプセル化

プロトコル説明
HDLC主に専用回線で使用。Cisco独自。(デフォルト)
PPP主に回線交換での使用や、専用回線で他メーカーとの接続時に使用
SLIPPPPの普及により現在は使われない
X.25パケット交換。エラー訂正あり。回線品質の向上に伴い、現在はあまり使われない
フレームリレーパケット交換。エラー訂正なし。広域イーサネット等の普及に伴い、現在はあまり使われない
ATMパケット交換


アドミニストレーティブディスタンス値

show ip routeの出力結果に含まれる。数値の小さい方が信頼性が高い

ルーティングAD値ルーティングAD値
直接接続0RIP120
スタティックルート1EBGP170
EIGRP90IBGP200
IGRP100Unknown255
OSPF110

※EIGRPとIGRPはCisco独自なので他社製品との接続には使えない

 

外部リンク

  • GNS3 フリーウェアのエミュレータ。別途ルータのIOSが必要。

トップ   編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-13 (日) 01:31:01 (39d)