.................................................
<< 20年05月 >>
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


最近のコメント
10/07 北本
09/29 拝承
07/28 北本
07/20 ばてれん
10/26 北本
.............................
何となくリンク
.............................

2020年
02月
05月
2019年
04月 05月
08月 09月
2018年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
09月
10月
2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月

検索分類「創作活動」 HIT数:71件

現在表示:21件目〜30件目
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 >>


るーちゃんアプリ Ver0.6.0公開 2012年12月29日(土)20時18分
分類:創作活動 [この記事のURL]

るーちゃんアプリ Ver0.6.0公開
マルチ解像度対応させました。
常にオリジナルの解像度で表示されるようになりますので、綺麗に映る筈。
480 x 854(SO-03C) と、720 x 1280(SC-04D)のデバイスで動作確認済み。

画面表示モードからデバイス解像度を削除しました。
スクロールバー有り、無しになります。
自動調整は、全身絵という表記に変更しました。

アイコンを変更しました。


> 以下、コーディング関連のぼやき。
マルチ解像度対応は本気で発狂しそうになります。
このアプリの最大の泣き所はタッチ箇所の範囲を指定していることです。
瑠璃の画像をクリックすれば反応するということなら単純です。

それだとつまらないというか画像は四角なので体じゃないところでも反応する訳で、
顔付近とか、胸付近とかで反応させるにはタッチした座標を取得し、
そのX座標とY座標が特定範囲の中に収まっているか、というロジックで判定してます。

が、解像度が自動で調整されると、特定範囲の座標も動的に変化しなければいけない。
画面いっぱいに自動調整するパターン(表示モード全身絵)は上記理由により無理だと悟りました。

画像が自動的にスケールすると計算が果てしなく面倒になるのでドット固定にしました。
次のステップとして解像度によって大きさの異なる画像を表示させる必要がありました。

Androidには端末の解像度から自動的に最適な画像を選択する手段があります。
drawable-mdpi、drawable-hdpi、drawable-xhdpi にそれぞれの比率毎の画像を入れてれば良いのですが、何とlayoutフォルダも同じような指定で自動選択できることを知りました。

layout-mdpi、layout-hdpi、layout-xhdpiといった感じでdarwableと対になるように作成しました。

これを知ってから良い感じに発展したのですが、それでも四苦八苦しました。
最終的に現在のような形になりましたが、いかせんせん検証デバイスが2台しかないのが辛い。

早くSO-05Dが欲しいな。



るーちゃんアプリ Ver0.5.1公開 2012年12月26日(水)21時07分
分類:創作活動 [この記事のURL]

るーちゃんアプリ Ver0.5.1公開
dip形式の画像スケール固定にしてましたがユーザー側で選択できるようにしました。
5つのモードがあります。

> 自動調整
 端末の解像度の最大値まで拡大します。
 ※このモードはタッチアクションが出来ません

> 固定(端末スケール)
 Androidの独自単位 dip に合わせたサイズで調整します
 更にスクロールバーが表示されず画像が固定されます

> 固定(オリジナル)
 元画像のオリジナル解像度で表示します。スクロールバーは表示されません

> 自動(XXXXX)
 ()内は上2つと同じですが、こちらはスクロールバーが表示されます。
 自動(端末スケール)の値が Ver0.5.0の表示形式と同じです。


画像表示モードに関しては、オプションメニューからいちいちコールするのが面倒なので
1アクションで簡単に切り替えられるようなユーザーインターフェースを検討します。
そもそも現在のモードがどれなのか判断できないので。

このアプリは横の解像度が480の端末且つ、

表示モードが「オリジナル」で最適化されています。


今後、720系での最適化対応も考えていますが、ちょっと未定です。
何かあったら適当に連絡下さい。



るーちゃんアプリ Ver0.5.0公開 2012年12月24日(月)16時39分
分類:創作活動 [この記事のURL]

るーちゃんアプリ Ver0.5.0公開
瑠璃の立ち絵を刷新しました。全て描き直した最新バージョン絵です。
瑠璃のおさわりアクションをご機嫌度によって若干変化させました。
声入れたら仮実装ではなく色々なバリエーションを本格的に実装します。

現時点ではまだ、顔付近と胸付近のみです。
と言いつつ、それ以外に特殊なアクション反応も1つだけ仮実装してます。

瑠璃の画像を自動スケールからdip固定画像に変更しました。
それに伴いスクロールバーをつけました。
480 x 854 と 720 x 1280の端末でしか実機確認出来てませんが、
この2台は想定通りの範疇に収まってました。

以下、GALAXY NEXUS SC-04D 実機で画面キャプチャーした絵を載せておきます。


ご機嫌の状況によって表情が変化します。
→ハードウェアのメニューをクリックした時の動作です。設定は未実装です。

←瑠璃を常駐させている場合は、ご機嫌度によってメッセージが変わります。
またメッセージ変化した時間が記録されます。

←胸をタッチした時の反応ですが機嫌が悪いと‥‥?
→全身絵を見たい場合は下にスクロールさせることが出来ます。



るーちゃんアプリ Ver0.4.1 2012年12月22日(土)17時46分
分類:創作活動 [この記事のURL]

るーちゃんアプリ Ver0.4.1公開
Android4.0以上だと2回に1回起動に失敗するBUGを修正しました。
上記に伴い画像変更ロジックを色々弄ってAndroidのバージョンによって、
画像切り替え方法を分けるようなロジックを組み込みました。
つーか、何なんでしょうね、この仕様は。

デバッグ用にギャラクシーネクサス(Android4.0)の端末購入したんだが、
こうしたBUGも発見できて良かったと思います。
と言いつつエミュレータでも同様の事象は確認できた訳ですが。

あと、胸タッチ時の無応答時間を若干短縮しました。



るーちゃんアプリ Ver0.4.0公開 2012年12月21日(金)23時06分
分類:創作活動 [この記事のURL]

るーちゃんアプリ Ver0.4.0公開
るーちゃんおさわりモードを仮実装しました。
触った場所によって瑠璃がちょっとした反応をしてくれます。
と言っても仮実装なので2パターンです。顔付近と胸付近のみ。

Xperia ray SO-03C(480 x 854)と、
GALAXY NEXUS SC-04D(720 x 1280)の疑似HD端末で動作確認を行ってます。
2台ともタッチ位置に問題はなさそうです。

タッチ位置調整に非常に面倒なことを行っている為、メイン画面は縦位置に固定させました。
アニメーション処理の基本ロジックは実装完了してますので、
次回は様々なアクションというか反応(声)実装を検討しています。

タッチするパターンやご機嫌によって色んな反応を見せてくれる予定です。
もしかするとタッチだけではない特殊なアクションで思わぬ反応もあるかも?



るーちゃんアプリ Ver0.3.0公開 2012年12月16日(日)9時56分
分類:創作活動 [この記事のURL]

るーちゃんアプリ Ver0.3.0公開
「瑠璃をいじる」モードを実装しました。オプションメニューから入れます。
フルスクリーン画面上で瑠璃をピンチインアウト、移動、回転させることが可能。
画面外に移動させて行方不明になった場合は端末を縦横にして
表示向きを切り替えれば初期位置に戻ります。

「瑠璃をいじる」で表示される画像は、
モードに入った直前に表示されていた瑠璃の画像です。
元のメニューに戻るにはハードウェアキーの「戻る」ボタンを押して下さい。

ピンチインアウト関連の処理は正直言って難易度高すぎて手に負えませんでしたので、
Web酒肴さんで公開されているMatrixImageView ver0.1を使わせて頂きました。
このソース見た時「天才現る!」とか本気で思った。

とは言え通常のImageViewと挙動(特に自動スケール)が全然違った。

端末の解像度によって画像の表示具合が変わると思われます。
メイン画面のように自動で縦か横のサイズぴったりで調整することが出来ない。
ここら辺を何とか上手くできないかと散々悩んでましたが無理っぽいので諦めた。
エミュレータだと画像の収まり具合が実機と全然違うので実機確認するしかない。
480 x 854の端末しか持ってないので、他の端末でどう表示されるのか気になる。
デバッグ用にAndroid端末買い足しするしかないのかなぁ。

10時間以上試行錯誤してましたが最終的にピンチ操作系は別のアクティビティで実装するという今回の形に落ち着きました。
(最初はメイン画面の瑠璃をそのまま操作できるようにした)

メイン画面を固定にしてるのは、今後、瑠璃とコミュニケーション取れるような何かを取り込みたいので動かすと色々面倒だなと思ったもので。
次は画像入れ替えか? そろそろ声も検討しよう。
声が付く=アラーム機能実装は間違いない。めっちゃ色んな声を実装したいね!



るーちゃんアプリ Ver0.2.4公開 2012年12月12日(水)22時17分
分類:創作活動 [この記事のURL]

るーちゃんアプリ Ver0.2.4公開
通知メッセージの一番良い時のメッセージがおかしかったので修正。
るーちゃんタッチアクションとか増やした時に色々問題が起きそうなので
常駐ON/OFFをメニューから行うように変更。
常駐ON/OFF時のトースト(メッセージ表示)の内容変更しました。

何か日を跨ぐ毎に色々問題が発覚して修正してる感じですな。
色々やりたい(実装したい)ことが沢山あって、ワクワクします。
絵の差し替えと、声は早く入れたいー!!

ボイスコレクション的なコンプリート要素を擽るゲーム性の何かも実装したいね!

Windows向けのゲーム本編を差し置いてどんどん暴走してます。
そっちも早く情報公開できるようにしないと‥‥ガンバレみんな!(マテ)



るーちゃんアプリ Ver0.2.3公開 2012年12月11日(火)21時30分
分類:創作活動 [この記事のURL]

るーちゃんアプリ Ver0.2.3公開
通知メッセージ詳細のテキスト種類を増やしました。
常駐させたサービスが暫くすると強制終了する対策を実施。

サービス強制終了はみんなハマるっぽいです。
ログには以下のワーニングメッセージが出力されており、これが怪しいと思った。
Scheduling restart of crashed service

調べると、Androidでのサービス(常駐させバックグラウンドで起動する)は
直ぐ強制終了するっぽいです。TaskKillerの餌食になったりして。

サービスをフォアグランドで実行するAPIがありましたので、
そのAPIでサービス起動を実装してみました。現在様子見です。


折角なので、Androidの豆知識でも綴っておきます。

Androidはアドレス帳の読み取り、GPS、インターネット接続などのアクションを実装したい場合、設定ファイルに権限を与える設定を追加する必要があります。
例えば、端末のアドレス帳を読み取る場合、アドレス帳を読み取る権限を追加します。

そうすると、アプリケーションの管理から確認できる「許可」という項目に載ってきます。
なので例えば全然関係なさそうなアプリの許可に「個人情報の読み取り」があった場合、
非常に怪しいです。寧ろ怪しさ圧倒的なレベルです。

許可を表示させないで、読み取る方法はありません(脆弱性があったら別ですが)
許可が必要なAPIを実行するとエラーになる為、
必ず設定ファイルで許可の設定が必要で、許可を入れると表示される。
非常に良くできていると思いました。



るーちゃんアプリ Ver0.2.1公開 2012年12月8日(土)16時38分
分類:創作活動 [この記事のURL]

るーちゃんアプリ Ver0.2.1公開
以前に作った「るーちゃん充電池チェック」アプリですが、
今後色々な機能を実装して面白おかしく好き勝手なアプリになる予定なので、
名前を「るーちゃんアプリ」に変更しました。

※Android2.2以上で動作します。

まず変更点を列挙します。
・オプションメニューを追加しました。ただしヘルプしか機能しません。
・るーちゃんを常駐させることが可能になりました。
 現時点ではその価値は皆無ですが、いちおー特定のご機嫌になった時、
 常駐させていれば何かメッセージが表示されます。
 常駐させるには瑠璃をクリックします。解除は再度クリックです。


今後やりたいこと。
・声を入れたい。
 充電が100%になった時とか、特定の状態で声を掛けてくれるようにしたい。
・るーちゃんアラーム機能。るーちゃんの声で起こしてもらえるヤツ。
・ピンチイン/アウト処理の実装
・通知のメッセージを動的に変更させたい(ちょっと難しそう)
・イベント処理を実装して、アニメーションとかもやりたい。
・育成的なゲーム要素か、ミニゲーム

何れにしても声が必須のようだ。



Android アプリ(るーちゃん電池チェック) 2012年11月10日(土)12時17分
分類:創作活動 [この記事のURL]

Androidアプリ(るーちゃん電池チェック)を作成しました。
Android2.2以上で動作します。2.3.4のXperia ray SO-03C実機確認済み。
さて、何故こんなアプリを作ろうと思ったのか。

スマフォの電池残量を確認するのにステータススイッチというウィジットを設定しなければいけない。まぁフリーのアプリあるだろうけど余計な機能とかありそうなので。

ほんと電池の残量だけ分ければ良い。それなら自分で作ってみるのはどうだろうか?
どーせならちょっとした要素を入れた方が楽しいかも。
という経緯から突発的に作ることにしました。
こんな感じの仕上がりになりました。(これはエミュレータで動かしてます)



瑠璃のご機嫌が、所謂、電池の残量です。
この残量によってキャラの絵が変わります。ちょっとパターンが少ないので無理矢理ですが。

興味がある人は以下からダウンロードできますのでお試し下さい。
http://vre.sakura.ne.jp/dl/RuriBatteryCheck.apk


今後、アプリを更新する可能性はあります。
電池残量が少なくなったら声で教えてくれたり、タッチでコミュニケーション取れたり
育成パラメータ設定してちょっとしたゲーム化させたり‥‥
あれ? 何か当初の目的からずれていく?


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 >>
nik5.144