.................................................
<< 20年05月 >>
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


最近のコメント
10/07 北本
09/29 拝承
07/28 北本
07/20 ばてれん
10/26 北本
.............................
何となくリンク
.............................

2020年
02月
05月
2019年
04月 05月
08月 09月
2018年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
09月
10月
2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月

検索分類「雑ネタ」 HIT数:215件

現在表示:61件目〜70件目
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 >>


ブルースクリーン直らず 2011年7月22日(金)23時37分
分類:雑ネタ [この記事のURL]

NICを乗せ替えて、オンボードのNICはBIOSレベルでOFFにしたが、
またしてもSTOP 1000007E のブルースクリーンが発生した。
4日前に発生したのに、またかよ‥‥もういい加減にしてくれ。

Windows7もNIC変えた後にクリーンインストールしたので、
レジストリ的にグテグテになったことが原因でもないと思う。
結構弄ってるけど、ドライバ関連のエラーなら関係ないだろうと。

DUMPにNETIO.SYS関連の文字列が出てるので、
ネットワーク関連のドライバが悪さしているとしか思えないんだが、
NIC変えても発生するとなると、もはやどうすれば良いのか解らん。

因みに、カーネルダンプも取得してみた。
こんな感じに出てます。

カーネルダンプだと、0000007Eのコード。
fwpkclnt.sys の文字列も見れる。
上記2つのdllをDLできるサイトを見つけたが、バージョンが古い。

また購入したNICのドライバ最新版をDLしようにも、
それっぽいサイトでDLドライバを当てたら11.11から、11.07にディグレートしたし。
まぁ折角なので、ディグったもので使ってみる。
またプロパティも色々弄ってみようと思う。さてどーなるかのう‥‥



PCI ExpressのNIC 2011年7月18日(月)11時39分
分類:雑ネタ [この記事のURL]

新しいPCにしてから3週間に1度発生しているブルースクリーン。
オンボードNICが怪しい動作をしてるっぽいところは解ったんですが、
ドライバを最新にしても再現している状況で、かなり酷い。

先日は、ブルーパニックでSleipnirのお気に入りがぶっ壊れました。
FFCでミラーリングしてるから、バックアップ先からコピーして事なきを得ましたが、他にも破損してる箇所があるかもしれない。
一応、メインプログラムを一元管理しているDドライブをフルスキャンしたがエラーなかった。
スキャンに540GBで3時間くらいかかりました。

Windows7から、ディスクをアンマウントしてからスキャンするようになったんですね。
スキャン中、Dドライブへのアクセスができなくなりました。
DドライブはFドライブに同じ構成でミラーリングしてるので、
Fドライブから色々アプリ起動してましたけど。

まぁそんなこんなで3週間に1度のブルーパニックはやはり酷いです。
そこで遂にオンボードNICを見限りました。

PCI ExpressのNICを購入してみた。
で、実は若干しくじった。 NIC自体は文句なしで素晴らしいです。
回線速度も5Mbpsくらいあがってコンスタントに50Mbps以上でるようになったし。
オンボードでの記録を塗り替えて、57Mbpsも出ました。
USENスピード測定にて計測。

では何がしくじったかというと、マザーボードの形状です。
PCI Express x 1は2個あり、PCIは1個あります。

PCI Express は Sound boardで1つ使ってるので残り1個余ってるつもりでした。
ところが、いざフタを明けてみると、ビデオカードの下にあり、1つ潰れてました。
2スロット占有は意識してたんですが、PCIの方が潰れてると記憶違い。

とりあえずSound Boardを取り外しNICに付け替えました。
音楽の質は若干下がりましたが、95%はスピーカー環境依存だから、
まぁ馴れれば平気かなって思います。

さて、これでブルーパニックは解消されるのか。一旦様子見Close致します。



6月からの参考書購入ペースがやばい 2011年7月3日(日)13時26分
分類:雑ネタ [この記事のURL]

今の現場になってから参考書購入する機会が圧倒的に増えました。
理由は勿論、インフラであらゆる技術が必要になってくるから。
とにかく覚えなくてはいけないものが尋常じゃない。

各分野でエキスパートになるのは無理と言わざる得ません。
最近は、DNS関連の障害が多かった為、DNS本を熟読したのは記憶に新しいところです。
先週は初めて、PostgreSQLのスキルが役に立ちました。

今、読んでる本で、Amazon Web Services EC2 のこと書かれてたんですが、
これ読んで、実体験したくなりました。↑の参考書も登場してました。
クラウドすげぇえええ とか思いましたね。

とは言え、残念ながらEC2を使ったインフラは行ってない為、
勉強する必要はないのが現状。将来的にはクラウド使った現場にいきたい。

で、6月から購入した参考書を並べてみると大変なことになっていた。
・Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST
・大規模サービス技術入門 ―データ構造、メモリ、OS、DB、サーバ/インフラ
・システムはなぜダウンするのか
・プロになるためのWeb技術入門
・NetScreen/SSG 設定ガイド
・NetScreen/SSG ScreenOS コマンド ポケットリファレンス
・実践DNS DNSSEC時代のDNSの設定と運用
・仕事を便利にする!クラウド活用TIPS
・サーバ/インフラエンジニア養成読本 [現場で役立つ知恵と知識が満載!]
・Linuxエンジニア養成読本 [仕事で使うための必須知識&ノウハウ満載!]

10冊も買ってます。
このうち、実践DNSは既に読み終わり非常に良本でした。
クラウド活用TIPSはGoogleカレンダーなど、現状のクラウドサービスを、
ユーザーとしてどう使うかということを観点にした本で、勘違いでした。
私はクラウドの技術的な活用方法(↓こういうの)を知りたかったので、この本は失敗です。
AmazonCloudテクニカルガイド ―EC2/S3からVPCまで徹底解析―

サーバーインフラエンジニア養成読本を読んでますが(殆ど読み終わってる)、最初基本的なことばかりだなーと思ってたけど、いきなりコアな内容になったり知らないツールの概要など色々身につく物はあったかなと思いました。

今日中に読み終わるので、次は「システムはなぜダウンするのか」を読んでみようと思う。



IT業界用語 2011年6月29日(水)21時10分
分類:雑ネタ [この記事のURL]

IT業界に勤めていると、職場によって色々な単語が飛び出します。
デフォルトスタンダードとかは良く聞きますね。
1つの仕事しかできない人をシングルタスクでしか動けない人とか。

そこで今の現場で聞くようになった新しい言葉を勝手に紹介する。

全員に周知することをブロードキャストすると言ってます。
「ブロードキャストしたので確認宜しく」

ある作業を複数人で分散して行うことをロードバランシングで作業すると言います。
「依頼があった作業をロードバランシングしたので宜しく!」


質問された内容を自分で何も考えず、そのままサポートへ投げるような行動に対して「あの部署ってL2スイッチ対応になってるよね?」とか。
L2スイッチは受信したパケットを何も考えず転送するだけの動作から、
この言葉がきてます。

他にも色々あったんですが忘れたわ。



トップレベルドメイン名が自由化 2011年6月21日(火)22時06分
分類:雑ネタ [この記事のURL]

トップレベルドメイン名が自由化 企業名など可能に
この記事を見て衝撃を受けた人は少なくないだろうと思う。
DNS運用が始まって以来、最大の変化と言われてる通り、
これは本当に衝撃的な出来事です。

DNSはインターネットをする上で無くてはならない必須サービス。
このシステムが崩壊したらネットは成り立たない訳で、
その動作を理解してくと非常に奥深いと実感します。

DNSの参考書はオライリーのバッタ本がありましたが、
かなり細々しく書かれており手軽に覚えるには抵抗があります。
今まで、それ以外の参考書でパッとしたものはありませんでしたが、
今年の5月に「実践DNS DNSSEC時代のDNSの設定と運用」という本が発売されました。
http://www.amazon.co.jp/dp/4048700731/

DNSはネットワークに関連する仕事をウロウロしてれば必ず必要とされる知識であり当然、ある程度は仕様や動きなど理解していました。
が、読み進めて知識が深まるのもさることながら、
知らない知識も色々書かれており非常に良く出来た参考書だと思いました。

DNSの勉強をする人は、まずこの本を読み進めるのを圧倒的にオススメします。

CentOSなどで、実際にDNSを構築し運用すると、色々面白いです。

TCPフォールバック機能も初めて知りました。
UDPプロトコルの仕様で512オクテットを越えるデータは扱えない。
その為、512byteを越えると切り捨てられた旨の応答があり、
改めてTCPで再問い合わせする。これがTCPフォールバック機能らしい。

例えば以下のコマンドを実行すると、
dig @a.dns.jp jp any +bufsize=512
1行目に↓と表示、512byte以降切り捨てられた為、TCPで再実行されたログが出る。
;; Truncated, retrying in TCP mode.

EDNS0対応しているDNSならば、512byte以上のUDPパケットでも切り捨ては発生しない。JPRS管轄のa.dns.jpは当然、EDNS0に対応している。
というより今時対応してないDNSは有り得ないくらいの勢いの筈。

とまぁかなり色々深い知識が得られるナイスな本だと思います。



IT業界で働いて思うこと 2011年6月11日(土)0時04分
分類:雑ネタ [この記事のURL]

今の職場になってから、いつの間にか8ヶ月が経ちました。
正直言うと、まだまだ解らない事だらけな訳ですが、
何となくどういう流れで何をすれば良いのか見えてきました。

この現場で初めて触るものも沢山あり、
正直覚えるものがありすぎ、お腹いっぱいと言わざるを得ません。
今まで何かしろの対応で触れたものを列挙しただけでも、
こんな感じで色々あります。

--OS--
・Solaris
・Linux
・HP-UX
・Windows Server

--アプリ--
・BIND(DNSに関するスキル)
・Citrix XenApp
・Sun Secure Global Desktop Software(Tarantella)
・Veritas Cluster Server
・Oracle Database
・SQL Server
・PostgreSQL
・SQL Guard
・DataSpider
・Weblogic
・JP1/PFM/SSO、JP1/Cm2/Network
・Sun Net Manager
・Apache
・Tomcat
・HULFT

--ハードウェア--
・Alteon
・Infoblox
・NetScreen
・Secure Service Gateway
・SSL VPN Appliances
・Cisco Router
・Catalyst(IOS/CatOS)
・Brocade FC Switch
・HP Integrated Lights-Out

当然、まだ触れたことのない機器やアプリも存在します。
上記スキルに加え業務を覚えなくてはいけない訳で、当初は辛かったです。
色々な案件があり、案件毎にどういう業務をやってるか把握してないと、
保守なんて出来ないわけですわ。

アプリに関して言えば、その基本仕様などを知らないと、
サポートへ問い合わせるにしても、どう問い合わせて良いかイメージがつきません。
私は家で各製品をインストールし検証したりして、1つ1つ覚えていきました。

最初は誰も知らないのです。そういう場合は自分で勉強して覚えるしかない。
有識者から教えてもらうのも当然ありですが、自分でできるものは自分でやる。
それが当然です。

今の業務を自分のできる範囲で一生懸命頑張ってるだけでは駄目です。
自分にはスキルがないから何も出来ないと落ち込んでる場合じゃないです。
だったら勉強して欲しいです。
何の努力もしないで、落ち込むだけってのは勘弁して欲しい。
まぁ実際は勉強してるかもしれませんけど、成果が見えないと意味がない。

IT業界は如何に自分をアピールするかが大事だと思います。
この現場には自分が必要とされていると思われるように努力する。
期待に応えようと頑張る。その為に勉強し知識を吸収する。
これはホントに痛感するので、IT業界目指す人は頭の片隅に入れておいて欲しいと思います。



blu-ray メディア 2011年5月25日(水)22時25分
分類:雑ネタ [この記事のURL]

blu-rayのメディアも大分安くなってきて、
今は25GB/130円、50GB/300円くらいが相場になってます。
私はケースとかイラネな人なのでスピンドル派なんですが、
メーカー品になるとスピンドル製品が全然ありません。

そこで試しに25GB(6倍速)/10枚988円のスピンドル製品を買ってみました。
良く解らんメーカーの割に結構な値段しますね。

早速このメディアで焼いてみたんですが、問題なく焼けました。
1枚しかやってないが問題なさそう‥‥

と思ったら大間違い。見た目は正常、しかし中身の精度が(゚д゚)

焼いたのは、VOBファイル、まぁDVDのビデオフォーマットの生ファイルですね。
再生は普通にできます。PS3でも問題なく再生できることを確認済みです。

が、x120倍速で早送りし、任意のシーンで通常再生に戻すと固まります。
シークが追いつかないのか、原因は解りませんが固まります。
一旦、再生中断し、再度再生するとレジューム機能により、
スキップさせた位置から何事もなく再生されます。

クリティカルな問題ではないんですが気になります。
私が普段使ってるTDKの超堅シリーズのメディアは、上記問題が発生しません。
x120倍速の早送りし、任意の場所で再生すればシームレスに再生されます。

このメディアがタマタマ外れメディアなのか。
何れにせよ、もう聞いたことないメーカーのメディアは買うの止めるわ。
友達にデータ受け渡しように消費するしかないね。あとは実験用か。

またメディア買わないと‥‥(´д`)



ヘッドフォンについて 2011年5月21日(土)12時05分
分類:雑ネタ [この記事のURL]

音楽プレイヤーがiPodに席巻されてから、ちょっと不思議な光景を感じるようになった。
まずコードが白いイヤホンしてる人が多いこと。
これは単純にiPodが普及し、付属されているイヤホンが白いからに他ならないと思うんだが。

このイヤホン、昔のプレイヤー使ってる人にとっては凄く駄目駄目だと思う。
途中で左右に分かれるんですが、この左右の長さが一緒なんですね。
これは正直一番最初に驚いたことです。

昔ながらの人なら右側のイヤホンが2倍以上の長さになってるのが普通だと感じる筈。
これは左耳に普通にセットし、首の後ろに回して右耳に填める為な訳ですが、
今じゃ首に回さず普通にぶら下がった状態で聞いてる人が殆ど。

これ前のぷらぷら、うざったくないか?
少なくても私はウザイくて仕方ない。

今まではTシャツでやんやすることなかったから、
左右の長さが違うイヤホン使ってたんだが、これコードが短く、
ズボンのポケットに入れると届かなくなるという欠点がありまして。

夏に近付くにつれTシャツ展開が多くなると、胸ポケットがなく
ズボンのポケットに入れざるを得ない状況が発生します。

首の後ろに回しても同じ長さなので無理があるので仕方なく、
前でぷらぷらさせてるんですが、この状態で料理(野菜炒め等)を作ろうとすると

超うぜぇええええッッ!!!

状態に陥りました。正直料理無理、マジ勘弁してよ状態。

これ世間一般的にどう思ってるんだろ。
そもそも音楽聴きながら料理とかしないのか?



成田空港 第1ターミナルを攻めてきた 2011年5月11日(水)20時53分
分類:雑ネタ [この記事のURL]

約5年前にリプレースされた成田空港、第1ターミナルへ行ってきた。
前から行く計画はあったのですがこの度、漸く重い腰を上げたというか、
映画館が震災の影響で未だに営業再開してないことによるんだが。

交通手段は電車ではなく、車です。その方が楽しい。
水質汚染ワーストランキング堂々2位の印旛沼を通り抜け成田空港へ。
何か、うなぎが有名なのか、うなぎの食べ所が集中してました。
まぁ目的地は成田空港であり、印旛ではないのでスルー。

成田空港敷地内(?)に入る前に高速道路の料金所っぽい場所で、
車を止められ身分証明書の提示を求められました。
それ以外は特になし、ササッと通り抜けできました。

その際、両脇にいた人達(5人くらい)が皆、敬礼するのに驚いた。

さて、敷地内と言っても一般道路と変わらない道が暫く続きます。
数分走った所で、P5駐輪場に辿り着いたので、そこに車を止めました。

屋根伝いに第1ターミナルまで歩けるとのことで、傘を持たずに車を降りる。

そうして漸く辿り着いたのが第1ターミナルビル入り口。


1〜2階が入出国手続きのロビーの為、最初の目的地であるタベ・チャオへ。
パスタとピザの店ですね。

オーダーした時、「空港関係者の方ですか?」と聞かれたので、
「違います」と答えました。何故こんな質問を‥‥?

で、料理を待ってる間、同時に入ったお客さんや後から入ったお客さんにはサラダやドリンクが配られている‥‥何故だろう?
セットメニューは特になかったのに、そしてその人達は明らかに成田空港内で働いてる人達っぽい。

もしかして空港関係者には無料でサラダとドリンクのサービスがあるのではないだろうか?

それはさておき、ポテトのクリームパスタが到着。

かなりのボリュームでした。他にマルゲリータも頼んでおり、
まぁ二人でピザは食べた訳ですが、パリパリ食感のヤツで思った以上に美味しかったです。

パスタの方は味が薄かったかな。量は結構あってお腹いっぱいになります。

その後、フライト見ながら感傷に浸ってました。


そして3階のショップや免税店で買い物しようと思ったら、
出国手続き完了した後じゃないと入れないことが発覚(゚д゚)

ががーん!!

結局、4階にあるショップで色々なお土産を買って帰りました。
くっ‥‥新しい財布が欲しかったんだが買えなかった。



携帯電話の変換機能について 2011年5月9日(月)22時03分
分類:雑ネタ [この記事のURL]

今更ながら語ってみようと思う。
それは携帯電話の変換オペレーションについて。
私は現在、シャープのソフトバンク携帯を使っています。

会社ではKDDI案件に関わっている為、支給される携帯はauのものです。
で、auの携帯でメールを打った時、圧倒的違和感を覚えました。

例えば「家に辿り着く」という文字列を打つとき。
「いえに」と入力した後、変換キーを押します。
すると変換候補に「家に」とか出てきます。

ここで決定ボタンを押せば確定しますが、
私はイチイチ決定ボタンを押さないで、変換したい候補が選択された後は、
「たどりつく」と続けて文字列を打ちます。

シャープ製の携帯であれば「家に」が自動確定し「辿り着く」と候補が表示されます。
ところがソニーエリクソン製のau端末は「家に」で確定押さずに、
「たどりつく」と文字を打とうとすると「いえにた」となり勝手に変換が解除されてしまいます。

これがうざいのなんのって‥‥何でイチイチ確定キー押さないといけないんだよ‥‥超無駄なオペレーションじゃね? というより有り得なくね?

パソコンで上記の仕様を想像してみれば解ると思いますが、
いちいち変換候補をEnterキーで確定させて文章書くなんて効率悪すぎて普通じゃ考えられないでしょう。

そんな普通じゃ考えられない仕様を平気でやってのけるソニーエリクソン端末が素敵すぎて困りますね。
因みに友達のau端末(メーカー忘れた)も確定キー必須仕様でした。
au端末(京セラ)も同様の変換方式であることを確認。

また、英数の変換において通常は、abcABC‥‥と表示されていきますが、
一旦、Aという大文字をで確定したら、次にaキーを押すと、
最初に大文字のAから始まるようになります。
これが意外と便利なんですが、こちらもau端末では実装されてませんでした。

シャープ端末は上記仕様がデフォルトなのだろうか。
キャリア仕様なのだろうか、とりあえず、au端末はヤバイことは理解できた。


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 >>
nik5.144