.................................................
<< 20年05月 >>
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


最近のコメント
10/07 北本
09/29 拝承
07/28 北本
07/20 ばてれん
10/26 北本
.............................
何となくリンク
.............................

2020年
02月
05月
2019年
04月 05月
08月 09月
2018年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
09月
10月
2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月

検索分類「ハード」 HIT数:83件

現在表示:21件目〜30件目
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >>


ライフログデバイス(JOWBONE UP)壊れる 2014年11月16日(日)17時50分
分類:ハード [この記事のURL]

約、3ヶ月前に買ったライフログデバイス(JOWBONE UP)ですが壊れました。
Amazon評価でも壊れる報告が相次いでたんですが、噂通りでしたね。

とりあえず、サポートにメールしましたが、今のところ連絡ありません。
まぁもういいかなって感じですが。



ホームシアターSH-HTE80 2014年9月17日(水)20時09分
分類:ハード [この記事のURL]

Panasonicのホームーシアター「SH-HTE80」を買った。
Amazonで、18,153円だった。
液晶テレビは薄さを追求するあまり、音楽面が薄っぺらくなる傾向にある。
そんな音楽のクォリティをあげるのがホームシアターな訳だが、
私の目的は先日購入した「REGZA 42Z8」の1.5倍速再生時のヘリウムガス音声対策だ。

光デジタル出力のスピーカーや、ヘッドフォンでも改善が見込まれなかったので、
期待はしてないが「明瞭ボイス」という声を聞き取りやすくする機能に賭けてみた。

結論から言うと、やっぱり駄目でした。
このヘリウムガス音声は本気で泣きたくなるな。

PCを液晶テレビに出力し、PowerDVDを使い1.2倍速再生しても
ヘリウムガス音声は改善されないので、これはもはやTVの音響システムが駄目なんでしょう。
前まで使ってたPanasonicのVIERAは、こんなことなかったので正直ショックです。

今回買った「SH-HTE80」に焦点を当ててみると、臨場感溢れる音が奏でられます。
BlueTooth対応なのでスマフォなどの機器で音楽聴くのには最適な環境です。

TVのリモコンで音量も調整可能。
現在のボリュームは本体側のディスプレイに表示されます。

明瞭ボイスモードの他、サラウンド効果、サブウーファのレベルなどの機能があります。

TVの音声とは明らかに音の広がりが違いますが、
2万円近く出して新たな場所を取って音のレベルをあげる価値があるかと言うと、
微妙な買い物でした。

> BlueToothの環境について追記
 対応バージョンは3.0でした。
 また高音質と低遅延が売りのAudio Codec「apt-X」も未対応です。
 よって動画などをBlueToothの音声で再生させる場合などの用途には使えない。
 あくまで音楽再生専用のスピーカーとしての役割に徹するしかない。



東芝 REGZA 42Z8 2014年9月13日(土)20時26分
分類:ハード [この記事のURL]

液晶テレビを買い換えた。東芝のREGZA 42Z8に。
サイズは、横 960 x 縦 599 x 奥 170 の 12kg。

09/10(水)時点で 87,556円 で購入。昨日届いたのである程度機能をチェックした。
恒例のレビューいきます。

まず買い換えに至った理由は、前のTV(TH-L37DT3)に以下の不満点があったこと。
・2番組同時録画ができない。
・録画番組の再生速度が1.3倍速しかでない
・1.3倍速にするには、ボタンを2秒程度長押ししなければいけない
・録画中は1.3倍速再生ができない

それ以外の不満はない。つまり録画関連の不満のみだ。
買い換えは常々考えていたんだが、劣化したものは買いたくない。
よって以下の条件を必ず満たす必要があった。
・液晶が4倍速以上
・2番組同時録画が可能
・1.3倍速以上の再生ができる、またはボタン押した瞬間1.3倍速再生が可能

今回購入したテレビは上記条件を全て満たしてます。
・ダイレクトモーション480(8倍速液晶? 正確には違うっぽいが良さそう)
・2番組同時録画可能(専用のHDDを使うと9番組同時録画可能)
・1.5倍速再生(ボタン押した瞬間、切り替え可能)

早速使ってみましたが、まずリモコンの使い勝手が全然違うので戸惑う。
メーカーが違うので当たり前だが。
一番目立つメニューの「グランドメニュー」はインターネット接続&会員登録が必須。
という訳で使ってない。

ネット接続した状態で接続してみたが、
ボタン押してから画面が起動するまで2秒近く掛かる時点でうざいと切り捨てた。
ネットメニューも魅力的なものがないので使わないことにした。
YouTubeとか見れるがリモコンで操作するのが面倒で使い物にならない。
電力とトラフィックの無駄と判断し、ネットは使わないことにした。

インターネットは無線LAN内蔵してるので、使う人にとっては便利です。
勿論有線での接続も可能。

録画に関しては期待通りの動きをしました。
1つのUSB-HDDで、2番組同時録画が可能。
しかも録画中に、録画した番組の再生しても1.5倍速再生が可能。
前のTVでできたことは一通りできる感じです。

番組のジャンル検索も「ドラマ-国内のみ」
という組み合わせで検索設定保存が可能なので便利。

また番組表の表示カスタマイズもそれなりに充実して良かった。
・文字サイズ
・一画面の表示チャンネル数(6または7)
・一画面の表示時間(6時間または4時間)
・ジャンル別に五種類の中から好きな色を設定可能

番組表を見ながらテレビ映像を見ることはできないです。(音声は再生される)

ダイレクトモーション480 は説明書によると以下の通り。
・オフ(この機能を使わない)
・フィルム(オリジナル映像がそのまま表示)
・クリアフィルム(オリジナル映像のかくかくした動きを感じにくくしつつ、
 フィルム感のある動きで表示あっせるようにする)
・スムーズ(映画やアニメがなめらかな動きで表示)
・クリアスムーズ(映画やアニメが最もなめらかな動きで表示)

実際に見てみると、オフはかなり残像が酷い。
フィルムと、スムーズは倍速稼働の表示と同じ雰囲気。
クリアフィルムと、クリアスムーズは、若干ぶれが少なくなった雰囲気はあった。
機能としては倍速稼働で、それを補う機能という印象がある。

入出力端子についてはスペック表見れば解りますが、
注意点としてはD端子がなくなってることです。
PSPでの画面出力ができなくなりました。

結果的に良い買い物をしたかなと。

> 1.5倍速再生について追記
唯一の欠点がありました。しかもかなりクリティカルな欠点である。
それは1.5倍速再生すると台詞にエコーが掛かってるようにきこえてしまう点。
馴れればまぁうーん、だけど標準再生から1.5倍速にすると明らかに違うので戸惑う。

PCの画面を液晶テレビに出力し、
PC側で1.5倍速再生したものも同じようにエコー掛かってしまう。
※PCのスピーカーで聴いた場合はクリアな音で再生できる

スピーカーが悪いのかと思いイヤフォンで聞いてみたが同様の結果に。
光端子のスピーカーをTVに繋げてやっても同様の結果になった。
これはもはやREGZA搭載の音楽出すコア部分が駄目な模様。
標準再生では全く気にならないが、まさか倍速再生でこんな問題にぶち当たるとは・・・



AQUOS PAD SH-06F 2014年9月9日(火)23時01分
分類:ハード [この記事のURL]

Docomoのタブレット AQUOS PAD SH-06Fを買いました。
中古で59,800円(税込み 64,584円)となります。

7インチで、解像度 1920 x 1200 の IGZO液晶。
高さ 175mm x 幅 106mm x 厚さ 8.4mm(最厚部 約 8.7mm) 重さ 233g
という圧倒的軽量スペックです。

1日色々弄った感想を書いてみたいと思います。

デザインと、軽量性は文句なしでしょう。
IGZO液晶ということもあり色鮮やかで画面は超綺麗です。

現在使ってるSIM(MVNOのIIJ)を乗せ替えて問題なく通信できることも確認した。
かなり大きいサイズですが、スマフォとしても利用可能です。

そして何より買いの決め手となったのはフルセグ対応に他ならない。
内蔵アンテナなので好きな時に見れるのが素晴らしい。
アンテナを引き延ばさないと受信がなかなかできないが、伸ばせば問題ないです。
ワンセグはアンテナを閉まったままでも普通に視聴可能でした。
録画も可能。予約もできるようだが、使ってない。

フルセグは兎に角画面が綺麗です。7インチ高精細IGZO液晶と相成って
圧倒的な感動が味わえました。
またウィンドウサイズに変更して、デスクトップ表示させながら視聴することも可能。

デフォルトで入ってるランチャーは違和感あったので、
Nova Launcher をインストールして使ってます。

駄目なところもあります。

Docomo関連のアプリで消せないのが2つ程存在します。
dメニューと、Docomoの電話帳です。
Docomo契約してないので使えないし、
バックグラウンドで実行中となりメモリを無駄に食うだけのアプリです。
これはキャリアタブレットの宿命で仕方ないでしょう。

root化も確立されてないので、現状打つ手なしです。

もう1つはホーム画面のロック解除する際に必ずバイブレーションする点です。
これは正直イライラします。なのでロックなしで使ってます。

値段は高いが、高級感溢れるなかなか良いタブレットでした。



ライフログデバイス(JOWBONE UP) 2014年8月17日(日)9時41分
分類:ハード [この記事のURL]

2014/08/06 ライフログデバイスで有名なJOWBONEのUPを購入しました。
Amazonで、9954円で購入。
歩数と睡眠を記録するものですが、万歩計との違いは
グラフィカルに記録が確認できるところです。

デバイス自体では記録の確認ができず、スマフォが必須になります。
デバイスで記録したデータをスマフォに送信して同期する必要があります。
同期方法はデバイスによって2種類あります。
UPは、アナログピンジャック(UP本体にピンジャックあり普段はキャップしてる状態)
UP24は、BlueToothで同期できますが、Android端末の場合、4.3、BlueTooth4.0に
対応してるスマフォじゃないと同期できないです。かなり機種が限定されます。

私の機種(SO-05D)も対応してないのでUPの方を買いました。
バッテリーはUPが10日、UP24が7日なので、UPの方が日持ちします。


また歩いた総数ではなく時間毎に記録が残るのが大きな特徴です。

例えば、08/15の記録を見ると、こんな感じです。



左の画面にある棒グラフがその時間で歩いた歩数で、グラフが伸びてない時間は
全く活動してないことを示してます。
22:00付近一気にあがってるのは、歩数稼ぐ為に散歩した為です。

メインの画面は睡眠と、歩数の累計と、日ごとにまめ情報が表示されます。(左図)
画面を下にスワイプすると総数カウンタのみのシンプルな画面に切り替えられます。(右図)


あとは睡眠時間の記録です。


寝る前にデバイスのボタンを長押しして、睡眠モードに切り替えます。
起きたら、再び長押しで活動モードに切り替えます。
そうすることで睡眠時間を計測できます。
モード切替を忘れても普段の生活リズムから割り出して算出することも可能のようですが、正確ではないので都度モード切替する方がよいようです。

深い眠りとは、殆ど動いてない状態の時に算出されるようです。
浅い眠り=体が動いている。

他にはライフラインメニューで今までの記録を横ラインで一括確認できます。


デバイス自体は腕に巻き付けるタイプで非常にシンプルですが、
厚み(7mmくらい)があるのでデスクワークで腕を机に置きながらキーボード叩くような作業だとかなり邪魔になります。

また腕につけるのに抵抗がある場合、
ポケットに入れてる状態でも問題なくカウントされるようです。
私は普段ポケットに入れてカウントさせてます。腕につけるのとほぼ差違はないです。
iPod nano のフィットネス(歩数計)とほぼ同じ数値が出ました。

アプリはネットワーク通信必須です。
記録をサーバーにアップロードしてるので、他のスマフォで同期しても同じデータを共有できます。
逆に言うと毎回通信がかかります。
ネットワーク通信OFFでも同期済みの記録は確認可能です。

結論から言うと、ライフログを残すことで運動しようという気力が沸くので
買って良かったなと思いました。



クリプトンのスピーカー(KS-1HQM)購入 2013年12月28日(土)1時31分
分類:ハード [この記事のURL]

勢い余って、クリプトンのスピーカー KS-1HQMを買ってしまった。
お値段、4万9800円と、かなりお高いスピーカーです。
価格comや、Amazonで絶賛されてたのと、今まではロジクールのZ4を使用していた。
当時(2009/08/18)6,980円で購入しました。

ウーファー付きなので重低音が非常に響くなかなか気に入ってました。
さて今回は値段が驚異の7倍。果たして音はどう変わったのか。

そもそもスピーカー買い換えたくなったのは、
ウーファー実はなくても良くね? ということに気付き、
もっとコンパクトにしたいなーとか、光デジタル出力で音楽堪能したいなーとか、
TV用のスピーカーと兼用するのもありか。
といった様々な思惑が絡まって購入に至りました。

光デジタル端子があるスピーカーだと途端に高くなるので、
それなら評価が高いのを買おうということに辿り着いたのが今回のKS-1HQMです。

実はこの上位機種が出てますが、流石に9万は出せません。
重量も2倍以上、コンパクトさ重視の私には手が出せませんでした。

という訳で早速セッティングしてみました。


実は、スピーカー購入に当たり、パソコンデスクも買い換えてる。
山善のシンプルデスクです。
めっちゃスッキリしました。

さて肝心のスピーカーですが、前提として私はSoundカード(PCI-Ex Sound Blaster X-Fi Titanium SB-XFT)からスピーカーに繋げてます。
サウンドカードの感想は過去の雑記で。
http://vre.sakura.ne.jp/cgi-bin/notebook/nik.cgi?log=0912&id=1261909592

サウンドカードと、スピーカーを光デジタルケーブルで繋ぎ、
サウンド出力デバイスをスピーカーにして、実際に音が出た瞬間、震えました。

おおー、これはイイ感じですな。非常に満足な音質です。
とは言え、Z4と比べて明確に良くなったかと言われると、正直あまり感じませんね。
まぁもともとZ4もなかなか良い音で満足してたので、想定の範囲内です。

明確な差になるのはやはり、ハイレゾ音源の音楽を聴いた時だろうなーと思いつつ
そんな音楽ファイル持ってねぇーというオチでした。

いやーしかしウーファーなくなって非常にスッキリしました。満足満足。



USB3 2.5インチ 外付けHDD HD-SA50GK 2013年12月22日(日)16時15分
分類:ハード [この記事のURL]

USB3対応の外付けHDD買った。HD-SA50GK を 6580円で購入。
何と言っても魅力はそのコンパクトさにある。

幅75mm×奥行き107mm×高さ9mm 重さ115g(2012/09/14時点で世界最小・最薄)

以前に購入した同じ500GBの HD-PCT500U3-B と比べても圧倒的なコンパクトさである。

幅77mm×奥行き114mm×高さ14mm 重さ165g との差は歴然である。


左から、HD-PCT500U3-B、HD-SA50GK、Xperia SO-05D

つい最近、薄さ7mmのカクうすシリーズが発表されたが、
幅75mm×奥行き124mm×高さ7mm 重量は130g である。
体積はカクうすスリーズの方が小さいが重量が高いのは素材の違いだろうか。

何れにしても、今回購入したHDDはめちゃくちゃ良いねぇ‥‥小さくて。
後で、HDDベンチマークもするわ。



Thinkpad tablet 2 リカバリ不可能な件 2013年12月20日(金)9時40分
分類:ハード [この記事のURL]

Thinkpad tablet 2 を 購入して早くも11ヶ月が経ちました。
Windows8.1がリリースされ、速攻入れてからの不安定さは異常でした。
Windowsストアにアクセス不能に陥り、Windowsアップデートも出来ず、
ブラウザでネットサーフィンするとフリーズしまくる。

流石に使い物にならないと判断したので、Windows8に戻すべく
初期化することにした。

初期化するには、まずUSBリカバリメディアを作成する必要がある。
※パーティションにリカバリー領域がある場合に可能

USBメディアをPCに接続してから、
コントロールパネル - 回復 - 回復ドライブの作成
[回復パーティションをPCから回復ドライブにコピーします] に チェックを入れて
あとは指示に従って作成する。

USBリカバリメディアが完成したら、早速 Thinkpad Tablet 2をシャットダウン。
電源ボタンを押しながら、音量下げるボタンを押す。

10秒くらい押した後、離し、暫くするとトラブルシューティング画面に遷移するので
[デバイスの使用] - [USBドライブ] を選択
[トラブルシューティング] - [PCを初期状態に戻す] - [パーティションをやり直す] - [ドライブを完全にクリーンアップする]と選択すると「初期化しています」のメッセージが出ます。
ここから1時間以上経過しても進捗率が1%のまま変化しない。
暫く放置すると「エラーでリカバリに失敗しました」のメッセージが出力される。

つまりリカバリ出来ません。
だけど、OS領域は初期化されてるっぽくWindowsも起動出来なくなりました。
うわぁーThinkpad Tablet 2 最悪じゃん。

という訳で、Lenovoカスタマーセンターに電話しました。
当然ながら引き取り修理の段取りとなりました。
保証期間内なので無料っぽいです。破損などあったら有償になるらしいが、
まぁ普通に破損ないので問題ないでしょう。



Nexus7 2013 2013年9月7日(土)17時33分
分類:ハード [この記事のURL]

Nexus7 2013 32GB Wi-Fiモデル 08/31に届いた。33,800円。まぁ定価ですね。
7インチタブレットでありながら1920x1200のIPS液晶。
200 x 114x 8.65mm 290gで、電池容量は3950mAhです。

箱はこんな感じでした。



本体と、充電器とUSBケーブルと最小限のセットです。
Android4.3ですが、4.xと全く変わらない操作間です。

DicePlayerと使えば、動画再生端末としてかなり優秀なデバイスになるのではないでしょうか。
フルハイビジョンの動画再生しても全く処理落ちしません。

とは言えNexus 7 2012を持ってる人が買い換える価値があると言えば、ないと言えます。
パッと見だけではそんなに違いが分かりませんし、目を見張るような劇的な進化があるようなこともありませんので。そもそもスペック比率で値段がかなり高くなってます。
円安の影響が出てますね。

電源ON/OFFや音量ボタンは右上のサイドについてます。
丸みを帯びた傾斜の下にあるので少し押しづらいです。
真横ではないので気持ちしたからボタン押すような感覚にする必要あり。
これは不満な点ですね。

総合評価としてはかなり良いデバイスです。
タブレット持ってない人が買う分には、かなり良い遊び道具ではないでしょうか。

そして一番気になっていたことを最後に試してみました。
瑠璃アプリを1920x1200の解像度で動かしたらどうなるのか?
結果はこんな感じになりました。


※画像クリックでオリジナルサイズ

意外なことに画面いっぱいに表示されました。ほぼ全身絵となってますが。
アプリの設計としては1280x800までしか対応してないように作ってますが、
こんな風に表示されるのか、と納得。

因みにスクロールを「固定」ではなく「自動」にすると横に黒帯が出ます。
やっぱり自動スクロールさせない方が良かったなと後悔した。



冷房を買い換えた 2013年8月19日(月)20時02分
分類:ハード [この記事のURL]

1〜2週間程前から冷房が調子悪く、数日前から冷えなくなりました。
ここ数日、冷房なしの生活に馴染んできたのですが、まぁ買い換えもありかなと。
そんな訳で、エアコンを買い換えたので簡単に感想を。

買ったのはダイキンの「AN22PESJ-W」です。
AN22PES-Wをベースにした上新電機オリジナルモデル。
何が違うのかと言うと、ランドリー運転とかいう機能がついてるだけっぽい。

> ランドリー運転
 2kgの洗濯物を約2時間で乾燥します。
 梅雨時や、洗濯物が外に干せないときなどにおすすめ。

■値段 73875円
本体価格 :57800円
取付工事 :10000円
撤去工事 :4000円
リサイクル:2075円


■スペック
外形寸法 高さ283×幅770×奥行223mm/質量8kg
冷房運転電流 6.3A 暖房運転電流 5.2A
冷房消費電力 545W 暖房消費電力 450W


■リモコンについて
・温度計と時計が付いていない
・風量は5段階+しずか、自動の全部で7種類
・風の向きは、角度調整できない。ただしスイング機能を使い上下にスイングしてるところを
 任意の位置でスイング停止すれば角度調整可能。まぁつまり面倒
・ボタン押下毎にデータ送信が発生するので連続押下しても設定が反映されない
・タイマー入/切ボタンを1回押しただけでセットされる
 切を1回押したら、1時間後に冷房が切れる(切押した後、設定ボタンを押す必要ない)
 1〜12時間の範囲で設定可能


■便利機能
・パワーセーブ機能
 消費電力を抑えるモードらしい。ただし設定温度に辿り着くまで時間が掛かる
・ストリーマ空気清浄
 ストリーマ放電の分解力でカビやアレル物質を抑え、部屋の空気を綺麗にする
・内部クリーン
 エアコン内部のカビやニオイを抑える
・風ないス
 風向きと風量を調整して、風を直接体にあたりにくくする


まだ使い始めたばかりですが、まぁ普通に問題ないですね。
設定温度は29〜30度で、風量はしずかで運転してます。まぁそれなりに静かです。
DCモーター扇風機とのコラボレーションで快適な夏を過ごせそうですな。


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >>
nik5.144