.................................................
<< 17年12月 >>
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


最近のコメント
10/07 北本
09/29 拝承
07/28 北本
07/20 ばてれん
10/26 北本
.............................
何となくリンク
.............................

2020年
02月
05月
2019年
04月 05月
08月 09月
2018年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
09月
10月
2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



ツバキ文具店 2017年12月6日(水)23時30分
分類:小説 [この記事のURL]

ツバキ文具店(小川糸)読了。
文具店を営みながら副業(小説的には本業)の代筆屋を営む主人公の日常を描いた作品。
人の代わりに伝える内容を聞いて代筆し手紙を出す。
手紙の内容も代筆屋の仕事の一つで、そこには様々な思いがある。

鎌倉が舞台なので、実在の地名などが出てくる。
興味があり知ってる人なら思わずニヤリとする。
あとは聞いたことない手紙や万年質などの小物の名称が出てくるのが新鮮でした。

話は日常生活の中に時毒発生する代筆イベントがメインで、
どんな内容を書くのか、それがキーとなっている。
変わっているのは本の中に本物の手紙のように文章が挿入されてるところ。
そこが一番の特徴だと思いました。

ストーリー性は全くなく、淡々と退屈な文章が羅列されてます。
非常に退屈で続きを読む気が起きない為、睡魔との戦いでした。
ほんわかあったかい気持ちになれますが、ストーリー性を楽しみたい人には合わない小説です。

お薦めは出来ない作品でした。


nik5.144