.................................................
<< 17年08月 >>
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


最近のコメント
07/30 うちも千葉県
07/03 北本
07/01 null
05/17 千葉県民
03/18 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



沈黙の町で 2017年8月17日(木)21時00分
分類:小説 [この記事のURL]

沈黙の町で(奥田英朗)読了。
中学校の2年生が頭をかち割って死んでいるのを教師が発見した。
事故か、自殺か、殺人か。
不可解な状況に疑惑が渦巻く中、その生徒は日頃からイジメにあっていたことが発覚。
俄然、自殺か、殺人の可能性が浮上。

そこに普段から虐めの中心にいたとされる4人の生活は一変してしまう。
頑なに真相を話そうとしない中学生。

様々な登場人物の視点を切り替え、更には現在過去を行き来しながら物語は
じわりじわりと真相に近付いていく。
ただこの進行が極めてゆっくりで新鮮味は薄れてしまう。

とは言え真相が気になってダラダラ読み進めてしまう。
そんな不思議な魅力が詰まった作品だ。

最後の最後に一応の真相は語られるが、
余りにも呆気なく終わってしまったのにはガッカリした。

で、その後、結局どうなったのか。
後日談的なストーリーは欲しかったなーと思いました。


nik5.144