.................................................
<< 17年03月 >>
26 27 28 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


最近のコメント
10/21 北本
10/19 ばてれん
07/30 うちも千葉県
07/03 北本
07/01 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月

2017年03月07日の雑記


その日のまえに 2017年3月7日(火)22時27分
分類:小説 [この記事のURL]

その日のまえに(重松 清)読了。
人の死をテーマにした短編連作小説。
連作と言ってもほぼ独立しており、最後の3編だけ明確な連作短編となっている。
それまでの短編も若干絡んでいるが、まぁうん、なるほどね。
って感じで特にワクワクするといった感情はなし。

全ての話が人の死に直面し、その時の複雑な心情を描いた内容になっている。
よってストーリー性を楽しむ小説ではない。
喜怒哀楽、人間としての感情を、死をテーマにして語られている。
といっても深いテーマがあるようには思えず、手軽な印象が強い。

先を読みたくなるような展開もなく、かなり退屈でした。
ストーリーを楽しみたい人には向かない小説です。


nik5.144