.................................................
<< 16年12月 >>
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最近の雑記

最近のコメント
07/03 北本
07/01 null
05/17 千葉県民
03/18 null
11/11 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



危険なビーナス 2016年12月21日(水)22時36分
分類:小説 [この記事のURL]

危険なビーナス (東野圭吾)読了。
弟が失踪したという情報と共に、その弟の妻が兄である主人公と接触する。
弟の失踪の原因を追及する為、率先して事件に入り込んでいく。

事件を取り巻く登場人物が非常に多く、誰がどういう役割か、
あまり頭に入ってこなかったです。
一人一人のキャラクターが薄いからでしょうか、印象に残らなかったです。
ここまで多くキャラを出すことに意味があったのか? と感じる程でしたね。

前半〜中盤までは、退屈な展開が続きましたが、徐々に全容が見えてくると
それなりに楽しくなってきます。
そして、濃厚さはないですが、後半、二転三転といった起伏がありました。

推理小説を推理して読むことはしない派なので、
深読みすることなく軽い感じで読んでいたせいか、完全に騙されましたね。

全体的にワクワク感は薄いですが、後半はそれなりに楽しめました。
リアリティを求めず、ライト感覚で楽しむには良いと思います。


nik5.144