.................................................
<< 16年12月 >>
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最近の雑記
05/01 キケン
04/15 向日理髪店
03/26 明日、アリゼの...
03/24 らん
03/20 KUHANA!

最近のコメント
05/17 千葉県民
03/18 null
11/11 null
11/11 千葉県民S
10/21 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月

16年12月の雑記


Windows Server 2012 のインストールおよび構成(70-410) 2016年12月21日(水)14時13分
分類:資格試験 [この記事のURL]

Windows Server 2012 のインストールおよび構成(70-410)を受けてきた。
WindowsServer2012 の MCSA取得条件となる3つの中の1つの試験。
2008と構成が異なり、Active Directory、NetWork、Applicationといったジャンルで
試験が分かれてるのでは無く、重複したジャンルでより深掘りしていく感じの
試験体系に変わってます。 Oracleの試験体系と似てるかもしれない。

実際の試験は、1000点中、700点以上で合格となっています。
7割解ければ合格といったところでしょうか。

問題数は 50問。
試験時間は 120分。
ジャンルは、単一選択(4〜10種類位の中で選択)、複数選択(数指定あり)、ドラッグ&ドロップの3パターン。

試験問題自体は3〜5行程度で短いので、解る問題は直ぐに解るし、
解らない問題はいくら考えても解らないといった感覚でした。
よって120分は時間はかなり余裕があります。実際1時間くらいで終わりました。

教科書(赤本)の「ここがポイント」の箇所は確実に記憶する必要がある。
コマンド問題が結構出る為、教科書に載ってるレベルのコマンドは覚えるべき。
詳細なオプションは不要で、○○を実現する為には、
□□のコマンドが必要というレベルで問題ない。が結構コマンド多いので大変でした。

あとは教科書レベルでは解けないような、いじわるな問題が結構あって困りました。
基本的な動きは教科書で覚えますが、じゃあ、こういうパターンはどうなる?
といった感じの問題がちょいちょい出ます。
実機検証で色々勉強しないと下手すると落ちますね。

結果は勉強時間は100時間程度で、800点で合格しました。
次は、70-411 の勉強します。



危険なビーナス 2016年12月21日(水)22時36分
分類:小説 [この記事のURL]

危険なビーナス (東野圭吾)読了。
弟が失踪したという情報と共に、その弟の妻が兄である主人公と接触する。
弟の失踪の原因を追及する為、率先して事件に入り込んでいく。

事件を取り巻く登場人物が非常に多く、誰がどういう役割か、
あまり頭に入ってこなかったです。
一人一人のキャラクターが薄いからでしょうか、印象に残らなかったです。
ここまで多くキャラを出すことに意味があったのか? と感じる程でしたね。

前半〜中盤までは、退屈な展開が続きましたが、徐々に全容が見えてくると
それなりに楽しくなってきます。
そして、濃厚さはないですが、後半、二転三転といった起伏がありました。

推理小説を推理して読むことはしない派なので、
深読みすることなく軽い感じで読んでいたせいか、完全に騙されましたね。

全体的にワクワク感は薄いですが、後半はそれなりに楽しめました。
リアリティを求めず、ライト感覚で楽しむには良いと思います。



高級ティッシュ比較 2016年12月23日(金)8時59分
分類:雑ネタ [この記事のURL]

値段がちょいと高めのティッシュ6種類を買ったので使い心地を確かめてみた。



左から順に名称は以下の通り。
(1) クリネックス ティシュー 至高 160組(480枚)
  535円(3.34円/組)
(2) ネピア 鼻セレブ ティシュ 200組(400枚)
  165円(0.82円/組)
(3) エリエール 贅沢保湿 200組(400枚) パルプ100%
  148円(0.74円/組)
(4) クリネックス ローションティシューエックス 180組(360枚)
  165円(0.92円/組)
(5) コットンフィールファイン ティシュ 150組(450枚)
  293円(1.96円/組)
(6) エリエール +Water(プラスウォーター) 180組(360枚) パルプ100%
   98円(0.55円/組)

1組あたりの単価が高いのは、
(1) (5) (4) (2) (3) (6) ですね。
(1)が飛び抜けて高いですが、その他ティッシュが2枚重ねに対して
4枚重ねなので、単価も当然2倍になりますね。半分にしても1.67円/組と圧倒的ですが。

それでは順番にレビューしていきましょう。
※ ティッシュソムリエではない為、個人的主観が大半です

(1) クリネックス ティシュー 至高 160組(480枚)

思ったより普通のティッシュで、しっとり感もないです。
肌触りは普通のティッシュより若干なめらかな印象はありますが、
意識するレベルには達してないかな。
4枚重ねの分、厚みがあり、しっかりしてますが、コストパフォーマンスは悪いですね。
しっとり感 ☆☆
肌触り   ☆☆☆

(2) ネピア 鼻セレブ ティシュ 200組(400枚)

しっとり感が適度にあり、肌触りも優しくなめらかな感じです。
高い値段だけあるなって感じが良く出てますね。
しっとり感 ☆☆☆☆
肌触り   ☆☆☆☆☆

(3) エリエール 贅沢保湿 200組(400枚) パルプ100%

鼻セレブとあまり変わりがありません。
こころなしか、肌触りが薄い感じですね。
しっとり感 ☆☆☆☆
肌触り   ☆☆☆☆

(4) クリネックス ローションティシューエックス 180組(360枚)

しっとり感が目立ちます。今回の製品の中では一番でした。
勿論肌触りも悪くありません。
しっとり感 ☆☆☆☆☆
肌触り   ☆☆☆☆

(5) コットンフィールファイン ティシュ 150組(450枚)

しっとり感、肌触りが抑え気味で、普通のティッシュよりな印象でした。
3枚重ねの為、厚みがありしっかりと手応えを感じたいのならコレです。
ただしコストパフォーマンスは悪いですね。
しっとり感 ☆☆☆
肌触り   ☆☆☆

(6) エリエール +Water(プラスウォーター) 180組(360枚) パルプ100%

(5)と大体同じ印象ですが、コストパフォーマンスはこちらの方が断然良いですね。
しっとり感 ☆☆☆
肌触り   ☆☆☆


個人的主観では、
(4) ⇒ (2) ⇒ (3) の順でオススメです。



コンビニ人間 2016年12月23日(金)20時31分
分類:小説 [この記事のURL]

コンビニ人間(村田 沙耶香)読了。
2016年 第155回芥川賞受賞作品。
ページ数は160ページで、文字数も少な目なので1.5時間程度で読み切れる。
主人公は、18年間、コンビニでアルバイトを続ける36歳、恋愛経験なしの独身女性、古倉恵子。

彼女は考え方が世間とずれており、普通の考え方が出来ない。
マニュアル人間で、感情もない。
36歳にもなってアルバイト、更に未婚で恋愛経験がない彼女を周りは怪訝に扱う。
そんな彼女の唯一の拠り所がコンビニである。
そこでは彼女の能力が発揮され必要とされる。

そんな他愛もない彼女の生活を淡々と書かれているだけなのだが、
これが妙に読みやすくスラスラ読めてしまう。
ドラマチックな展開もストーリー性も無いに等しいのに
一風変わった生活を続けていく中、結末はどうなるのだろうという好奇心が疼く。

最後までは一気に読み進めることが出来ましたが、
すっくりしない終わり方だなという感じはした。
あっと驚く展開もなければ、意外性もなく、何となく普通に終わったなーと。

ストーリー性を重視するのではなく、変わった人の生活基盤を小説の中で
仮想体験してみるといった視点では新鮮な楽しみがあると思います。



恋のゴンドラ 2016年12月31日(土)12時26分
分類:小ネタ [この記事のURL]

恋のゴンドラ(東野圭吾)読了。
スキー場を舞台に8人の男女が織り成すハラハラドキドキな恋愛小説。
7作の短編連作。1つ1つ物語は完結するが、別の登場人物などが主人公になり、
時系列も進んでいく。そして、それぞれの登場人物と交わっていく連作形式。

話自体が非常にアップテンポでスラスラと読みやすく、
ハラハラドキドキな展開や、まさかの超展開など、仕掛けも豊富で凄く面白かった。

この二人は結局一旦どうなるんだろう?
大胆な作戦とは一体なんだろう、そこで、そうきたかー!!
といった感じの展開が随所に仕込まれています。

モテる男の話術と、モテない男の理由や、その時の女の子の気持ちもリアルで納得したり。
これは読んで損は無い一冊でした。


nik5.144