.................................................
<< 16年09月 >>
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


最近の雑記

最近のコメント
05/17 千葉県民
03/18 null
11/11 null
11/11 千葉県民S
10/21 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



羆嵐 2016年9月4日(日)13時50分
分類:小説 [この記事のURL]

羆嵐(吉村昭)読了。
大正4年12月に実際に発生した日本獣害史上最大の惨事を描いたドキュメンタリー長編。
北海道手塩山麓の開拓村を、ある日突然、一頭のヒグマが襲った。
2日で男女6人が無残に殺され為す術もなく、人はヒグマの餌に過ぎないと痛感させられる。

そんなヒグマに挑む村人、猟師の物語。

ドキュメンタリー小説ということもあり、基本的に文章での説明が淡々と進む。
会話によるコミュニケーションで物語りを作る手法とは異なってます。
なので、ちょっと読み飽きる傾向はあります。

後半、ヒグマと戦うべき老獪の猟師が登場したあたりから、
ちょっと面白くなってきますが、スカッとした展開にはならず淡々としてるのには変化なし。

ヒグマの被害による凄惨な情景描写は若干ゾゾゾってします。
何しろ実際に起きたノンフィクションというのだから。
ストーリー小説好きには辛いですが、ドキュメンタリーとして読むとそんなもんかな。
って思える小説でした。


nik5.144