.................................................
<< 16年07月 >>
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


最近の雑記

最近のコメント
03/18 null
11/11 null
11/11 千葉県民S
10/21 null
10/16 みー
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



架空通過 2016年7月17日(日)14時29分
分類:小説 [この記事のURL]

架空通貨(池井戸潤)
かつて商社マンだった主人公の辛島。今は社会科教師の立場にある。
そんな教師の教え子である女子高生・麻紀の父が経営する会社が破綻した。
そして麻紀が姿を眩ます。その行方を追ってとある町に辿り着いた。
そこは、想像を超える「闇」にまみれた「カネ」によって支配された街だった。

最初は些細なことから始まる展開だが、それが徐々に闇の暗部を覗き込む結果に。
その闇の深さが徐々に深刻化していく訳で、
次から次へ不可解なことが連鎖的に発生していく過程に引き込まれます。

一見何の関係も見えないこの不可解な繋がりが、
一つの真相に繋がっていく。

お金は信頼があるからこそ流通するものであり、
信用を失ったらタダの紙切れになってしまう。
お金に関する切実な信頼と力関係を上手く融合させた
ヒューマンドラマといった内容でなかなか面白かったです。


nik5.144