.................................................
<< 16年07月 >>
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


最近の雑記

最近のコメント
07/30 うちも千葉県
07/03 北本
07/01 null
05/17 千葉県民
03/18 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



ホーンテッド・キャンパス 死者の花嫁 2016年7月2日(土)19時37分
分類:小説 [この記事のURL]

ホーンテッド・キャンパス 死者の花嫁(櫛木理宇)読了。
シリーズ四弾。季節は梅雨〜8月、夏休み中までの話。

今回は今までと違いオカルト要素はかなり低い印象を受けた。
1つは小学生の頃の話で、黒沼家の本家と分家に関するルーツが垣間見れる。
この話は凄く退屈でした。

もう1つはヒロインである こよみ の家族に関する話。
大叔母の悲しい過去を話の途中に挿入させる手法で魅せてます。

他は今までと同じパターンですが、内容が今一惹かれなかった。
二重人格、人体発火現象、憑依霊? の3編。どれも引き込まれる要素なしで退屈でした。

今作は若干失敗した感じですね。


nik5.144