.................................................
<< 16年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


最近のコメント
10/21 北本
10/19 ばてれん
07/30 うちも千葉県
07/03 北本
07/01 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



植物図鑑 2016年5月20日(金)22時13分
分類:小説 [この記事のURL]

植物図鑑(有川浩)読了。
ある日、行き倒れになった男を拾うところから物語はスタートする。
一切の身分を明かさず知ってるのは「イツキ」という名前だけ。
そんな彼は道端に生える雑草に関する知識が異常な程、豊富だった。

ジャンルとしては恋愛小説になりますが、
雑草の知識が豊富に盛り込まれた珍しいタイプの読み物でした。

一緒に暮らすことになった彼の事を好きになっていく主人公の女の子。
一生懸命に雑草の知識を得る姿や、ちょっとした会話のやりとりが、
生活感有り触れてて溶け込めました。まぁ要するに読みやすかった。

起伏に富まない平々凡々なストーリーが続くのはちょっと退屈ではありますが、
何の前触れもなく突然、重要イベントが発生した時は呆気にとられました。
今までのダラダラ展開から急転直下です。

で、漸く盛り上がっていくのかなと思ったら、意外とアッサリ終わってしまいました。
その後、補完的なストーリーもありましたが、物足りなさは否めませんでしたね。
サクサク読めるので良いですが、ストーリーを楽しみたいという人には物足りなさが残りますね。


nik5.144