.................................................
<< 16年04月 >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近のコメント
07/30 うちも千葉県
07/03 北本
07/01 null
05/17 千葉県民
03/18 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月

2016年04月16日の雑記


惑星カロン 2016年4月16日(土)21時02分
分類:小説 [この記事のURL]

惑星カロン(初野 晴)読了。
吹奏楽の甲子園と呼ばれる普門館を目指す、高校吹奏楽部を舞台にした
日常の中に潜むミステリーを解き明かす中編小説の5作目。

1話90ページ程度で、本のタイトルになっている「惑星カロン」のみ140ページ程度。
全部で4つの話が容易されており、何れも不思議な事件が発生。
それに巻き込まれる(首を突っ込む)形で関わってしまう。

その謎を解くのは、主人公の一人、ハルタ。頼りになるヤツである。
皆が頭を捻って悩んでいても、いともあっさり余りにも簡単に謎を解いてしまう。
物語の構図は、QEDという漫画とよく似ている。
これを知ってる人なら、あー似てるなって思う。

小説の話に戻そう。
今回の謎もなかなか面白い内容で、どういうことなんだろう?
といった好奇心が沸き上がる内容になってました。
最初はちょっと退屈だけど、途中から本格的な謎解きが始まる。
ここまでくると、かなり面白くなる。

話はそれぞれ完結しているが、次の話で前の話のネタを振ってたりします。
ここに微妙な繋がりが出てきて、ニヤリとしてしまうギミックは良かったですね。
最後の「惑星カロン」は実は一番今一な話でした。

全体的に面白く仕上がっているので読んで損はないと思います。


nik5.144