.................................................
<< 16年03月 >>
28 29 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


最近のコメント
10/21 北本
10/19 ばてれん
07/30 うちも千葉県
07/03 北本
07/01 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



杉下右京のアリバイ 2016年3月13日(日)19時29分
分類:小説 [この記事のURL]

杉下右京のアリバイ(碇卯人)読了。
相棒オリジナル小説第四弾。今度のテーマはアリバイ崩しです。
犯人像としてあがる人物には鉄壁のアリバイがある。
そのアリバイを崩さない限り事件は解決しない状況。

2作品収録されていますが、特に最初の「奇術師の罠」は趣向が変わってます。
マジックショーをしてる最中に殺人予告をし、テレポートによって150キロ離れた人をナイフで殺したと言う。

そして実際に殺人は発生し、直前に訪問時のビデオにも映っている。
不可能犯罪の真相は? という訳でそのトリックを右京の頭脳が暴く内容。
そしてトリックの中に隠された真相が見えた時、全ての事件が1つに繋がる訳で、
大きな見せ場はないものの地味にジワジワくる内容でした。

2話目は90ページ程度の作品で少し短めです。
1話目に比べてわくわく感は薄れましたが、まぁそれなりといった感じ。
こちらの話もアリバイ崩しがメインになってました。
それほど新鮮味はありませんが、無難にまとまっていました。


nik5.144