.................................................
<< 16年02月 >>
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29


最近のコメント
10/21 北本
10/19 ばてれん
07/30 うちも千葉県
07/03 北本
07/01 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



ブルーアウト 2016年2月13日(土)21時18分
分類:小説 [この記事のURL]

ブルーアウト(鈴木光司)読了。
125年前に起こったトルコの軍艦「エルトゥールル号」が遭難した史実を元に
描かれたフィクション小説です。
和歌山県串本町の紀伊大島沖で、台風の直撃を受け、岩礁に激突し沈没。
地獄絵図と化した沖合で助けを求めるトルコ人に献身的な救助活動を行う日本人。
そこに辿り着くまでのエピソードと、ダイビングのインストラクターである主人公の物語が交互に進む展開。

話の内容は全く変わりますが、125年前の沈没事故と深い関わりがあります。
どちらのエピソードも命の危険、絶体絶命のピンチがあり、その情景描写がリアルです。
九死に一生という言葉の通り、死の恐怖がヒシヒシと伝わるシーンが盛り込まれて、
そうしたシーンはドキドキしますが、全体的な物語の酌として見ると、
綺麗にまとまってはいますが、ストーリー性は薄いなと思いました。

エンタテインメントとして楽しむにはパッとしませんが、
ハラハラした展開が好きならそれなりに楽しめるかと思います。


nik5.144