.................................................
<< 16年01月 >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


最近のコメント
10/21 北本
10/19 ばてれん
07/30 うちも千葉県
07/03 北本
07/01 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



陽気なギャングは三つ数えろ 2016年1月23日(土)14時38分
分類:小説 [この記事のURL]

陽気なギャングは三つ数えろ(伊坂幸太郎)読了。
4人組の銀行強盗が久々に行った銀行強盗から物語はスタート。
そのやりとりはなかなか面白い会話で引き込まれます。
が、物語は銀行強盗の話がメインではなく、キッカケに過ぎない。

この銀行強盗がキッカケで、いつの間にか全然関係ないトラブルに巻き込まれてしまう。
そのトラブルを解決する為に奮闘するストーリー展開となっています。

物語は4人の銀行強盗視点を切り替えながら進んでいきます。
不可思議な伊坂ワールドではなく、日常の範囲内で進むストーリー展開は
退屈でもあり安心します。

ところどころ興味を惹くシーンはあるものの全体的にはやや退屈な印象でした。
虫や動物の博識な話は結構「へぇー」と思ったりしました。
最後は一応スカッと終わる展開になってますが、盛り上がりは今一って感じでした。

ページ数は225ページと一見短いように見えますが、
1ページ上下2分割で文字は小さめなので、ページ数以上に文字数はあります。


nik5.144