.................................................
<< 15年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30


最近のコメント
10/07 北本
09/29 拝承
07/28 北本
07/20 ばてれん
10/26 北本
.............................
何となくリンク
.............................

2020年
02月
05月
2019年
04月 05月
08月 09月
2018年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
09月
10月
2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月

レスを書き込みます




下町ロケット2 ガウディ計画 2015年11月23日(月)11時20分
分類:小説 [この記事のURL]

下町ロケット2 ガウディ計画(池井戸潤)読了。
前作の下町ロケットから完全な続編で、続き物です。
今度の舞台は人体で、新たな挑戦が始まる。

ストーリー展開は、いつもの池井戸節が出ている。
前半、虚仮にされて読者のフラストレーションを高めて、
後半、反撃を行いスカッとする。この展開はある意味病み付きになる。

前作は、章毎に見せ場、問題発生、解決・・・を繰り返してきましたが、
今回は、全部で1つのストーリーを構成している感じです。
いくつか場面転嫁はありますが、反撃してスカッと終わる感じではないので、
最後までお預け状態感は否めません。
同作者の作品「空飛ぶタイヤ」のストーリー展開と似ています。

とは言え、最後まで飽きさせない惹き付けるストーリー展開は流石です。
どう結末するのだろうか、一体どうやってこのピンチを乗り切るのだろうか。
といった好奇心が溢れ出し先の展開を追いかけてしまう。

読んで損はない作品でした。


nik5.144