.................................................
<< 15年06月 >>
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30


最近の雑記

最近のコメント
07/03 北本
07/01 null
05/17 千葉県民
03/18 null
11/11 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



悪夢の6号室 2015年6月27日(土)11時24分
分類:小説 [この記事のURL]

悪夢の6号室(木下半田)読了。
悪夢のような出来事が起こる悪夢シリーズ。
今度はとあるホテルの6号室で行われる悪魔的な惨劇だ。
と思わせておいて、そこに至るまでに至ったシナリオの中に隠された真実。

二人の主人公(?)の視点が切り替わりながら進むストーリーですが、
お決まりのように後半は1本のシナリオへの収束していく。
内容は単純爽快で読みやすく、どのような結末になるのかワクワクしながら
先を読ませる展開になっていました。

複雑に絡み合った濃密なシナリオという訳ではないが、
単純なエンタテイメントとして観ればなかなか楽しめる作品だと思います。
ダラダラとした展開がない分、一気に最後まで読むことが出来ました。


nik5.144