.................................................
<< 14年10月 >>
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


最近の雑記

最近のコメント
07/03 北本
07/01 null
05/17 千葉県民
03/18 null
11/11 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



マスカレード・イブ 2014年10月26日(日)18時28分
分類:小説 [この記事のURL]

マスカレード・イブ(東野圭吾)読了。
女性ホテルマンをヒロインにした推理小説第二弾。
今回は短編3作に中編1作という内容。

そのうちの1作はホテルマンとは関係ない純粋な殺人事件モノでした。
なんで、この作品に入ってるんだ? と思ったが、それは中編書き下ろしの
マスカレード・イブ でヒロインが働くホテルとの接点が生まれるから。

それはともかく短編の内容。
1話60ページ程度ですが、捻りがあり、二転三転といったギミックもありました。
読み手を引き込ませる内容で、こんな単純な訳がない、と思わせ、
最後にもう一幕ステージを用意し綺麗にまとめた作品です。

ヒロインの洞察力は見事なもので、それが実に的確に事件の真相を貫いてます。
ホテルマンとしての手腕も、なるほど、といった裏側の仕事ぶりが理解できます。

短編1作は完全に刑事が主人公で物語が進みますが、その他2作はホテルが舞台です。
そして中編のマスカレード・イブは刑事とホテルマンが交錯する訳ですが、
ホテルマンとしての舞台より、警察側の調査視点が多かったように思えました。
警察視点の話なら普通の推理小説で読めるので、そこがちょっと残念でした。

内容的にはそれなりに楽しめた感じです。


nik5.144