.................................................
<< 14年05月 >>
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最近のコメント
10/15 激安通販
07/30 うちも千葉県
07/03 北本
07/01 null
05/17 千葉県民
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月

14年05月の雑記


整形外科枕(計測予約) 2014年5月11日(日)18時11分
分類:雑ネタ [この記事のURL]

最近、首の少し下、左側に痛みが残る。筋肉痛のような鈍痛が。
布団に仰向けで寝ると、じくじく痛みがくるというか。
ひょっとして枕か? 枕が悪いのか?? 今は1万円のテンピュール枕使ってる。

数年経過した今、恐らく劣化しているのだろう。
悪くはないが、気温によって低反発ウレタンの浮き沈みが変わるのが弱点。

そこで値段は高くてもいいからオーダーメイド枕を頼むに至った。
人生の3割は睡眠に費やすし、快適な睡眠が得られるならお金を注ぎ込んでも惜しくない。
寧ろこういうところにお金を掛けるべきではないか? ということに気付いた。

色々調べた結果、「整形成外科枕」に辿り着きました。
トップページ見た瞬間、あれ? この人どこかで見たことある。
そうだ、世界一受けたい授業で、出てた人だ。

実はそのTV番組見て、枕に対する意識が高まったことも事実。
実績もあり、良さそうなので予約をしました。

平日の計測もありにしたが、それでも2ヶ月以上待ちのようです。
04/30時点のエントリー数から、たった今のエントリー数(私のエントリー番号)を
差し引くと、314も増えてました。
11日で314人ということは1日3人のペースでエントリーが増えてるということに。

こりゃ一体いつになったら枕が手に入るのか。
進展あったらまた報告しようと思います。



Alteon VA 2014年5月18日(日)16時06分
分類:マメ知識 [この記事のURL]

ロードバランサと言えばRadwareのAlteonシリーズが有名。
古参のBIG-IPや、コストパフォーマンスが良いA10などありますが、
やっぱりAlteonが一番馴染み深い。個人的には。

そんなAlteonが何と、仮想環境で実現できるアプライアンスがある。
それが、Alteon VAだ。
30日間トライアル版ということで、早速ダウンロード。

解凍すると、実行ファイルが出てきて、ダブルクリックしたら、
VMwareへインポートするか聞かれたので「YES」としたら、インストール環境。
なんと、2クリックでインストールが完了する簡単さ。

コンソールからIPアドレスを設定し早速ログインしてみた。
sshでないとログインできないようだ。
ユーザーとパスワードは、admin のようです。

こんな感じで、ちゃんとAlteonのコマンドが実行できる。すげぇええ。

WEBブラウザでのアクセスも可能。これは夢が広がりますな。



高校入試 2014年5月25日(日)22時20分
分類:小説 [この記事のURL]

高校入試(湊かなえ)読了。
人生の分岐点である高校入試前日の黒板に「入試をぶっつぶす!」の張り紙が。
いきなりのインパクトから始まる入試を巡るトラブルを複数教師の視点で読み解く。

最初に思ったのは登場人物が多すぎて頭に入らないな、と。
数学教師、体育教師、といった担当で名前を列挙しても全然記憶に残りません。
更に細かく視点が変わるので人間関係を絡めたストーリーとしては成立しない。

これはタイトル通り「高校入試」をターゲットにした話である。
入試をぶっつぶす! 宣言から始まるトラブルに隠された真相は何か?
細かいトラブルはやがて大きな問題へと発展していく。

ライト感覚の文章なのでサクッと読めるが、全体的に先が気になるわくわく感に乏しい。
何となく惰性で読み続けていく。
最後も何となく終わったという感じで特に印象には残らない作品でした。


nik5.144