.................................................
<< 13年05月 >>
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


最近の雑記

最近のコメント
05/17 千葉県民
03/18 null
11/11 null
11/11 千葉県民S
10/21 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



虚像の道化師 2013年5月26日(日)13時08分
分類:小説 [この記事のURL]

虚像の道化師(東野圭吾)読了。
天才物理学者、湯川学が物理学の視点から事件を解決するガリレオシリーズ第七弾。
全4作からなる短編集です。1話65ページ前後となってます。

幻惑す(まどわす)、心聴る(きこえる)、偽装う(よそおう)、演技る(えんじる)
の4編ですが、最初の3編が特に好きでした。最後はまぁ普通ですね。
読者のミスリードを誘う叙述トリックがメインでしょうか。
すっかり騙されたというかこれは新鮮な展開でしたね。

一押しは「偽装う」でしょうか。
湯川の「傘のお礼さ」のセリフと結末が見事でした。爽やかな感動さえ与えてくれる。

全体を通して言えることは、いちいち湯川の言うセリフが深いということです。
理詰めというか、確かに尤もな意見だ、とか痺れるセリフが多々ありました。

短編だと何かと希薄な内容になりがちですが、今作品は美味しいところをギュッと絞り込んだように内容も結末もトリックもしっかりしてます。

かなり楽しめました。


nik5.144