.................................................
<< 13年02月 >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28


最近の雑記

最近のコメント
07/30 うちも千葉県
07/03 北本
07/01 null
05/17 千葉県民
03/18 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



残り全部バケーション 2013年2月17日(日)13時02分
分類:小説 [この記事のURL]

残り全部バケーション(伊坂幸太郎)読了。
全五章からなる連作小説です。やくざ風な界隈に身を置く主人公と
その他人物の視点を切り替えながら小さな物語を紡いでいく。

日常の中に紛れ込んだ、何だかおかしな日常をやっぱり独特の言い回しを交えながらストーリーが構成されています。
主人公は全編を通じて登場しますが、章毎に時間軸がずれています。
突然、過去の思い出話みたいな章が間に挟んであったり、
今、どの時の話か読者に明示的に情報を与えていません。

読んでいく中でニヤリとする仕組みは、いつもの伊坂節と言ったところでしょうか。
内容自体はちょっとした人生の物語で、それほど引き込まれる要素はありません。
なんだか良く解らないけど、だらだら読んでしまう。
そんな感じの小説でした。


nik5.144