.................................................
<< 12年10月 >>
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


最近の雑記

最近のコメント
07/30 うちも千葉県
07/03 北本
07/01 null
05/17 千葉県民
03/18 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



バイバイ、ブラックバード 2012年10月8日(月)14時52分
分類:小説 [この記事のURL]

バイバイ、ブラックバード(伊坂幸太郎)読了。
5人の女の子と付き合っていた主人公が、やんごとなき事情により、
別れなければいけない事態になった。

そこで一人一人の女の子に別れ話を切り出す。
5人の女の子それぞれに、別れ話をする訳なので5編の短編。
そして最後にやんごとなき事情へ向かうエピローグ的な短編をあわせた全6編です。

基本的な流れが、女の子と出会ったシーンの後、別れ話を切り出しているシーンに跳び、
ちょっとしたイベントを通して終わるパターンの繰り返し。
かなり退屈な展開が進みます。

やんごとなき事情の監視役で登場する連れ添いの傍若無人なキャラクターのやりとりも
なんだかなぁーと思う。つまり引き込まれて読む要素がない。

4話目の最後は、小さな感動を与えてますが、インパクトは相当弱かったです。
ちょっと残念な作品でした。


nik5.144