.................................................
<< 12年10月 >>
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


最近の雑記

最近のコメント
07/30 うちも千葉県
07/03 北本
07/01 null
05/17 千葉県民
03/18 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



オー!ファーザー 2012年10月6日(土)22時47分
分類:小説 [この記事のURL]

オー!ファーザー(伊坂幸太郎)読了。
今までの伊坂作品とは一線を欠く実に変わった作風でした。
物語の主人公は4人の父親を持ち、更に全員が一緒に住んでいる。

まず、この設定からして普通では考えられない。
では、ここからどんなストーリーが展開されるのかと言うと‥‥
淡々とした日常が繰り広げられる訳ですが、その過程で父親達の教訓が生きてきます。

ああ、そう言えばあの時、あんなこと言ってたな。
とか、物語の要所要所で、その言葉で助けられるというか、
主人公のスキル、独創性を構築しています。

普通の学校生活を送りながら、ちょっとした小さい出来事が周り発生し
徐々に積み重なっていきます。 当然、自然に仕込まれた内容なのでその時はちょっとしたエピソードで終わってしまうんですが、最後にそれらのエピソードがパズルのピースみたいにカチカチ填っていくのは素直に凄いと思いました。

内容としてはワクワクするような展開もなく、
日常をメインにちょっとしたドタバタを交えながら進むストーリですが、
最後にある見せ場に辿り着く過程は非常に秀逸でした。


nik5.144