.................................................
<< 12年10月 >>
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


最近の雑記

最近のコメント
03/18 null
11/11 null
11/11 千葉県民S
10/21 null
10/16 みー
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



毒笑小説 2012年10月1日(月)19時55分
分類:小説 [この記事のURL]

毒笑小説(東野圭吾)読了。
ユーモアたっぷりブラックジョーク満載の短編集です。
ユーモア小説と言っても、流石は東野圭吾、普通に笑いを取るだけではない。

常に新しい視点で、考えつかないようなテーマを扱っている。
その非現実的な展開の中が一層ユーモアをアピールしています。
読み終えて思ったのは、よくこれだけ色々アイデア出てくるな。でした。

1つ1つの話はオチがついており、それなりに綺麗に終わります。
クライマックス、最後にどうなったのか、想像して楽しむ。という仕掛けもすんなり受け入れられる不思議。

普通なら、おいこんなところで終わるなよ、と言いたくなる短編もありますが、だらだら長引くことを考えると絶妙なところで終わらせてます。

内容はサクサク読める展開で苦にはならないです。


nik5.144