.................................................
<< 12年10月 >>
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


最近のコメント
10/21 北本
10/19 ばてれん
07/30 うちも千葉県
07/03 北本
07/01 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月

12年10月の雑記


毒笑小説 2012年10月1日(月)19時55分
分類:小説 [この記事のURL]

毒笑小説(東野圭吾)読了。
ユーモアたっぷりブラックジョーク満載の短編集です。
ユーモア小説と言っても、流石は東野圭吾、普通に笑いを取るだけではない。

常に新しい視点で、考えつかないようなテーマを扱っている。
その非現実的な展開の中が一層ユーモアをアピールしています。
読み終えて思ったのは、よくこれだけ色々アイデア出てくるな。でした。

1つ1つの話はオチがついており、それなりに綺麗に終わります。
クライマックス、最後にどうなったのか、想像して楽しむ。という仕掛けもすんなり受け入れられる不思議。

普通なら、おいこんなところで終わるなよ、と言いたくなる短編もありますが、だらだら長引くことを考えると絶妙なところで終わらせてます。

内容はサクサク読める展開で苦にはならないです。



鍵のかかった部屋 2012年10月4日(木)21時10分
分類:小説 [この記事のURL]

鍵のかかった部屋(貴志裕介)読了
密室を取り扱う防犯探偵シリーズ第三弾です。
事件の全てが密室で行われており、その密室トリックを防犯探偵である「榎本」が可憐に暴く。大まかなストーリーはこのパターンです。

短編集であり、4作品収録されています。
タイトルになってる「鍵のかかった部屋」が一番トリックや内容も面白かったです。
犯人は密室を盾に犯罪を否定する訳ですが、調査が進むにつれ
徐々に看破されていく過程を楽しむ話です。

ヒロインの弁護士と、防犯探偵「榎本」とのやりとりもこのシリーズの特徴でしょうか。
ただパターンとして同じなので諄いという感じはします。

それと同時に毎回良くこんなトリック思いつくなーと感心する。
密室トリックが好きな人にはお勧めの一品です。



オー!ファーザー 2012年10月6日(土)22時47分
分類:小説 [この記事のURL]

オー!ファーザー(伊坂幸太郎)読了。
今までの伊坂作品とは一線を欠く実に変わった作風でした。
物語の主人公は4人の父親を持ち、更に全員が一緒に住んでいる。

まず、この設定からして普通では考えられない。
では、ここからどんなストーリーが展開されるのかと言うと‥‥
淡々とした日常が繰り広げられる訳ですが、その過程で父親達の教訓が生きてきます。

ああ、そう言えばあの時、あんなこと言ってたな。
とか、物語の要所要所で、その言葉で助けられるというか、
主人公のスキル、独創性を構築しています。

普通の学校生活を送りながら、ちょっとした小さい出来事が周り発生し
徐々に積み重なっていきます。 当然、自然に仕込まれた内容なのでその時はちょっとしたエピソードで終わってしまうんですが、最後にそれらのエピソードがパズルのピースみたいにカチカチ填っていくのは素直に凄いと思いました。

内容としてはワクワクするような展開もなく、
日常をメインにちょっとしたドタバタを交えながら進むストーリですが、
最後にある見せ場に辿り着く過程は非常に秀逸でした。



VMware Workstation 9 x Windows 8 2012年10月7日(日)16時57分
分類:アプリ [この記事のURL]

VMware Workstation 9 を購入しました。261ドルで。
今までversion 8 を使ってたんですが、
何故かOracle Solaris 10がインストール出来なくなってました。
※Sun Solaris 10はインストール可能

手元にSun Solaris 10がなかったので、こりゃ今後困るな‥‥
というのと、Windows 8、Windows Server 2012の仮想環境も欲しいなと。
そんな理由から買ってみた次第です。

早速、評価版のWindows 8 と 2012をインストールしようと思ったんですが、
マイクロソフトソフトウェアライセンスが〜という警告が出てインストールできず。

新規OS作成時にISOファイルを指定すると上記のメッセージが出るようです。
なのでインストールしたいOSを手動で選択した空の新規OSを作成します。
その後、設定からISOファイルを指定してブートすると、ちゃんとインストールできました。

Windows 8 はインストールに成功しましたが、2012は必要なファイルが見つからないとか出て
途中でエラーとなってしまいました。

Windows 8 を軽く触って見ましたが、タッチスクリーン形式の画面はヤバイですね。
全く別物です。今までのWindowsの操作は殆ど通じない。
アプリ終了させる方法も良く解らん。キーボードのショートカットを駆使して何とかって感じ。
ALT+F4とかで終了はできたり、通常のWindows操作系は踏襲してるっぽい。

Windows + E とか、Windows + Pauseなどを実行すると、
今までのWindows系と同じ形式のデスクトップ画面に切り替わり、
ショートカットの動作が行われる。

デスクトップ画面なら、何とか今までのWindowsと同じ感覚で使えます。
が、スタートメニューはなくなってました。
スタートメニューの位置で右クリックすると必須と思える
各種メニューが出てくるのは助かります。

エクスプローラーに↑ボタンが復活してました。
がっかりなのは、Ctrl押しながら↑ボタン押しても新しいウィンドウ開かないことですね。
またメニューがリボンメニュー形式になってますが隠せるので、まぁ許せます。

Windows 7 の出しゃばる謎のメニューは最悪でしたからね。(無理矢理消しましたけど)

Windows 8 にもクラシックシェル(フリーソフト)が存在しました。
これを使うと昔ながらのスタートメニューを表示させることが出来ました(確認済み)

ざっとした感想は、デスクトップなら、まぁ今までと同じ感じで使えるかなって思いました。



バイバイ、ブラックバード 2012年10月8日(月)14時52分
分類:小説 [この記事のURL]

バイバイ、ブラックバード(伊坂幸太郎)読了。
5人の女の子と付き合っていた主人公が、やんごとなき事情により、
別れなければいけない事態になった。

そこで一人一人の女の子に別れ話を切り出す。
5人の女の子それぞれに、別れ話をする訳なので5編の短編。
そして最後にやんごとなき事情へ向かうエピローグ的な短編をあわせた全6編です。

基本的な流れが、女の子と出会ったシーンの後、別れ話を切り出しているシーンに跳び、
ちょっとしたイベントを通して終わるパターンの繰り返し。
かなり退屈な展開が進みます。

やんごとなき事情の監視役で登場する連れ添いの傍若無人なキャラクターのやりとりも
なんだかなぁーと思う。つまり引き込まれて読む要素がない。

4話目の最後は、小さな感動を与えてますが、インパクトは相当弱かったです。
ちょっと残念な作品でした。



贖罪 2012年10月11日(木)19時43分
分類:小説 [この記事のURL]

贖罪(湊かなえ)読了。
告白、少女に継ぐ、第三弾の小説で、雰囲気は「告白」のノリでした。
ただしインパクトは「告白」より下がり視点を変えた二番煎じという表現も出来る。

面白くない、という訳ではない。どちらかと言えば面白い作品です。

小学生の女の子が一人殺された。
その母親がその場に居合わせた4人の女の子に犯人の顔覚えてないなんて許せない。
覚えてないなら罪を償えこのやろーという一言から4人の女の子の人生が狂う。

1話毎にそれぞれの女の子の視点でストーリーが構成されているんですが、
登場人物同士が会話して成り立つストーリーではなく、淡々と語り口調で進みます。
ここら辺が告白と同じノリです。

1話目は手紙の内容を読むだけ。
2話目はPTA総会でのやりとりを聞き手に伝える‥‥といった感じです。
とにかく動的に話が進むという訳ではなく読者に聞かせるというスタンス。
これはこれで斬新な手法だと思います。告白の時も思いましたが。

そして最後に4人の少女達に償いを強要した母親の独白。
犯人も解り、4人それぞれの展開に対する連鎖がきっちりと填る。
ストーリーのパズルとしては綺麗に組み上がりましたので、まぁそれなりに良かったです。



グラスホッパー 2012年10月14日(日)20時38分
分類:小説 [この記事のURL]

グラスホッパー(伊坂幸太郎)読了。
3人の主人公の視点を次々変えながらや物語は進んできます。
妻への復讐の為、怪しい組織で仕事をこなす学校の教師「鈴木」
ターゲットを自殺させる殺しや「鯨」
ナイフで残忍に人を殺す「蝉」

始まりはバラバラだったが、ある共通のキーワード「押し屋」が彼等を引き合わせることになる。
それぞれの目的を元に出会った時、どのような運命が紡がれるのか。

それがこの小説の大筋の流れでありメインストリーム。
それぞれの主人公達の物語や、出会った時のイベントなど、サクサク進みますが、
熱中して読み耽る程、強烈なインパクトはありませんでした。

スカッとする場面も特になく、それなりに普通に楽しめる殺し屋小説でした。



円高の恩恵を受けてみた 2012年10月15日(月)21時31分
分類:雑ネタ [この記事のURL]

円高は日本経済にとってマイナス要素の方が大きい。
日経平均株価は下がるわ、企業は外国に拠点を置いて日本での働き口は減少。
賃金の安い外国で生産することで技術もどんどん吸収されていく‥‥

とまぁ円高は正直ろくな事がない訳ですが、恩恵もあります。
海外旅行で安く買い物が出来る。とは言えこれも日本経済としてはマイナス要素ですが。
結局外国でお金使ってるので、利益が出るのは外国なので。
逆に円が高いので外国人は日本で物を買ってくれない。

そんな状況ですが、ネット通販でドル決算すると結構お得感が味わえます。
この前、VMware WorkStation 9 を買ったんですが、
日本円で購入すると、3万5千円。 USAドルだと、249ドルでした。

消費税合わせて261.45ドルになりましたが、決算すると

なんと2万円ちょっとで購入できました。1.5万円も安い!!

円高、圧倒的拝承です。何か得した気分を味わいました。



Nのために 2012年10月18日(木)22時25分
分類:小説 [この記事のURL]

Nのために(湊かなえ)読了
とあるマンションの一室で起きた殺人事件。その結末からストーリーが始まり、
そこに辿り着いた過程を過去に遡り4人の主人公達の視点で綴る内容。

正直言って全然面白くなかったです。ドキドキはらはらするような展開もなく
淡々と退屈な情景描写の繰り返し‥‥
しかも視点が異なるだけで同じ展開を何度も繰り返してるだけという。

これは失敗作です。読まない方がいいでしょう。



マリアビートル 2012年10月21日(日)12時03分
分類:小説 [この記事のURL]

マリアビートル(伊坂幸太郎)読了。
グラスホッパーに続く殺し屋達の狂想曲第二弾と言いますか。
前作のキャラクターが登場するところにニヤリとしたりするので、
グラスホッパーを読んだ後に読むことをお薦めします。

内容としては様々な殺し屋がそれぞれの仕事を、それぞれの思惑でこなす訳だが
舞台が同じ新幹線の中だ。視点を切り替えながら物語は繋がっていく訳だが、
別の登場人物(殺し屋)とのリンク、ザッピングシナリオ構成です。

当然、同じようなやりとりを別の視点で繰り返すような展開も予想されますが、
そんなこと感じさせない書き方が非常に秀逸です。

前作がそれぞれの殺し屋が自然と繋がっていく展開でしたが、
今回は最初から舞台が同じです。つまり最初から大枠のシナリオの中に飛び込める。
更に明確な悪役として登場する人物がいて、読者をやきもきさせます。

その悪役をやっつける展開を期待して読み進める訳ですが、
様々なキャラクターが入り交じりながら、最後には丁寧に伏線を回収していく。
物語の書き方も独自の言い回し、真面目な会話なのにどこかちょっとおかしい。
といった伊坂幸太郎独自のセンスも光る作品でした。

なかなか楽しめたと思います。



味の素 油・水なしで焼けるギョーザレビュー 2012年10月21日(日)13時37分
分類:食べもの [この記事のURL]

味の素がでした油と水なしで焼けるギョーザが漸く地元のスーパーで
見かけるようになったので早速買って食べてみました。
そこそこの写真付きで順次適当にざっくばらんと普遍的に感想を述べようと思います。

値段は199円でした。
オープン価格なので店によっては安かったり高かったりすると思います。

まずはパッケージです。

油・水なしで焼けることを強調しておりますな。

裏面には調理方法が記載されています。

なるほど、フライパンに入れてホントに焼くだけじゃねぇか!

袋を開けてみた。

真上から見た限り既存のギョーザと同じように見える‥‥

‥‥がっ!!


ギョーザの側面です。何だ、この圧倒的肉厚な底はっ!!
ここに水分やら油成分がたっぷり入っているのか!?

という訳で一刀両断っ!!

ッ!!!!!!!!!!!!!!!!


それ程、目立った物質は含まれておらずっ!!
一見普通に具材が詰め込まれているようにみえるが、氷っぽい水分が染み込んでるような気がしないでもない。冷凍食品だからかどうか、そこは謎だが。

気にしても仕方ない。焼こう。いざ焼こうじゃないか。
本気の2秒で油も水も入れないでフライパンに放り込み直ぐに蓋を閉める!


43秒後くらいの状況。


4分後くらいの状況。


多分完成と判断したところ。火を止めて皿に移す直前の状況。


そして皿に入れてみた。

フライパンとギョーザの間には若干張り付いてる感じがありますが、
ターナーでフライパンとギョーザの隙間を切り裂けば剥がすことが可能です。

上記の写真の通り、殆ど崩れず意外と綺麗な形で完成しました。


で、味の方は‥‥

中身は水分がたっぷり含んでるように、柔らかい感触がします。
大袈裟に言うと水餃子のような感触でしょうか。
カラカラと乾燥した印象は皆無。焼き加減によるかもしれませんが、元々水なしで焼けるのでギョーザの中に水分が多く含まれているからだと思います。

ただし、この感触、私はかなり好きでした。
優しい口当たりのせいかパクパク食べれます。これはこれで非常に有りですね。

かなり満足の一品でした。今後も食べる機会が多そうです。



夢はトリノをかけめぐる 2012年10月23日(火)20時32分
分類:小説 [この記事のURL]

夢はトリノをかけめぐる(東野圭吾)読了。
これは小説ではなく著者(東野圭吾)によるオリンピック観戦記、エッセイです。
エッセイは淡々としたつまらないものと思ってましたが意外な程楽しめました。

猫が人間の姿になって主人公であるおっさん(東野圭吾)と
2006年冬に行われたトリノオリンピックの観戦に行き、
冬季オリンピックの熱い想いをぶちまけるといった内容でした。

殆ど記憶から薄れている各種目の結果やマイナーな競技などの観戦は、
読みながらもドキドキするような綴られ方でなかなか楽しめました。

何より冬季オリンピックの拘りなど著者の思い入れや考えなど、
普段と違った視点の読み物で新鮮でした。

文庫本には書き下ろしの短編も入っており、結構感慨深い内容になってました。



スープ〜生まれ変わりの物語〜 2012年10月25日(木)16時55分
分類:映画 [この記事のURL]

スープ〜生まれ変わりの物語〜を観てきました。
主人公、はい死にました。残した娘が気になります。
スープを飲んだら生まれ変わります。
もう概要とタイトルからしてバカ映画の雰囲気が漂いまくりですね。

だが、そこがイイッ(゚∀゚)
はい、私バカっぽい内容の話凄く好きです。

で、実際観た感想はちょっと‥‥いやかなり異なりました。
バカっぽいけど、別にバカっぽさを出そうとして作ってる訳じゃない。

非常に真剣、バカっぽいことを真面目にやる姿勢、雰囲気が面白い。
けどこの映画の神髄はバカっぽさではないです。寧ろそんなところは主張してない。

人間の本音、本気の叫びとか所々挿入されるんですが迫力あって良いですね。
まぁ結構ダラダラした展開で眠気も出るんですが最後まで観て下さい。

目的達成して終わりではなく、そこから新たな物語が始まり、
そこでの展開がまたニヤニヤします。いつ今まで積み重ねたものが開花するのか。
そんな感じで見守る展開になります。

そして期待通りの展開。最後の感動するシーン、ここで間違いなく台詞が出るだろう。
そう思ったらやっぱりそのような展開になる。だがそこが良いのです。

で、ほんと最後のシーンは感動しました。ちょこっと涙も出ました。
このシーンはもっと感動するVocal曲なら完璧だったのに、そこだけが残念です。

Yahoo映画で4.3以上の評価を得ているのは、きっとラストの感動シーンのお陰でしょう。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id342454/

思った以上に感動して楽しめました。途中ダレますがね。



天使の耳 2012年10月26日(金)21時06分
分類:小説 [この記事のURL]

天使の耳(東野圭吾)読了。
交通事故に関する事件を扱う短編集です。
信号無視、駐車違反、ポイ捨てなど身近で実際起こしてしまいそうな要素を使い
巧みに物語を構成している。感慨深いものがありました。

タイトルにもなってる「天使の耳」は緻密な時間計算から、
あっと驚く方法で真相を暴き出すのですが、最後の超展開にもやられました。
タイトルになってるだけあり一番完成度も高く面白かったです。

他の短編に関しても完成度が高く非常に楽しめます。
身近な題材だからこそ実感できるというのもありますね。

交通事故の実体など考えられるものがあったり、
ジワジワと読み進めたくなる展開は流石でした。



夜明けの街で 2012年10月30日(火)20時29分
分類:小説 [この記事のURL]

夜明けの街で(東野圭吾)読了。
妻帯者街の夫が主人公の浮気・不倫小説です。ミステリーでも何でも御座いませんが、その中に好奇心のネタを入れてるところが上手い。

不倫相手には15年前に起こった事件の犯人ではないか?
という設定を匂わせつつ、恋仲に発展し、不倫へと帰結する。

罪悪感との葛藤を描きつつ、最後はどうするんだろう。
離婚? 破滅? そして事件の真相は? といった好奇心の餌に食いつくように
先の展開が気になる内容になってます。

実際どんどん読んでしまいました。
アッと驚くような大がかりな仕掛けはないんですが、読んでて引き込まれましたね。
不倫の葛藤とかも良く伝わってきました。

最後は東野圭吾お得意のオチで締め括っているのもニヤリとしますね。
まぁちょっと物足りないまま、終わっちゃったなって感じはしましたけど。
それでも十分楽しめる作品でした。



麺処ほん田(生ラーメン) 2012年10月31日(水)13時09分
分類:食べもの [この記事のURL]

麺処 ほん田の生ラーメンが売ってたので食べてみました。
値段は2食入りで298円と、なかなかのお手頃価格です。

パッケージはこんな感じです。


中身はこんな感じです。

驚いたことに、ちぢれ麺な感じですが真っ直ぐな感じです。
乾燥麺でありそうな形ですがちゃんと生でした。
またスープは湯煎が不要で、固まりみたいなものはなく完全に液体でした。

王将の「水餃子(15個199円)」とメンマをトッピングして完成。


トッピングがぶいぶい邪魔して麺が見えませんね。
スープはまろやかな醤油味って感じです。

かなり前、こういう店のパッケージがない普通の醤油生らーめん(3食入り)の味とそっくりでした。
格段に美味しいという訳ではないのですが、しつこくないサッパリした味わい。
スープも抵抗なく飲めました。値段に釣り合った絶妙な麺でしたね。



ServersMan SIM 3G 100 その後 2012年10月31日(水)17時02分
分類:雑ネタ [この記事のURL]

ServersMan SIM 3G 100を使い始めてぼちぼち2ヶ月になります。
2ヶ月使っての使用感を改めて書き連ねてみようと思います。

端末はXperia ray SO-03Cを継続使用。
最初の使用感は前回の記事を参考にして下さい。

メール及び電話のやりとりに関しては全く問題ありません。
電話は、050plusなので普通の携帯より安く、圏外などの電話に出れなかった場合、どの番号から着信があったのかメールで受信することも可能です。

既存の携帯でも留守電に録音すれば誰から掛かってきたか解りますが、
わざわざ録音することなんて殆どないでしょう。
その点、メールで受信できるのは有り難いです。

端末起動時にアプリを自動起動するオプションがありますが、自動起動しません。
手動で立ち上げる必要があります。電話帳は050plus専用のUIがありますが、
実際はAndroid既存のデータを参照しています。

ニュース、ツイッター、GoogleMap、ナビゲーション、GPSなど、普通に使えます。
ナビゲーションは、レイヤーに写真使うと、
車で移動する際、DL追いついてないなーという感じはしました。
デフォルトレイヤーなら全く問題ありません。リアルタイムで更新間に合ってます。

ただしネットサーフィンは厳しいです。
今のWEB事情は画像やFlashのオンパレードで、開くの30秒かかるとか普通です。
携帯用のサイト作成されてる分には問題ないですが、
PCサイトは非常に重たいのでネットサーフィンには不向きです。

また何故かブラウザを最初起動した時に「ネットワークに接続されていません」のポップアップが表示されます。ウザイですね。
ブラウザをChromeに変更しようとしましたが、Android 2.3.4では対応してなくインストール出来ませんでした。

アプリのDLもまともに出来ません。なので必要なアプリはWi-Fi接続利用してDLすることになります。
3Gから、Wi-Fi接続に切り替えると一旦通信が切断されます。
よって050plusが一瞬切断されますが、自動的に再接続して通話可能状態に戻ります。

テザリングは通常状態では出来ません。
DocomoのAPに必ず接続しにいくせいで、テザリングしても直ぐに切断されます。
root化して、DocomoのAPに接続しないようにすればテザリングは可能ですが、
面倒そうなのでやってません。そもそも100kbでテザリングの使い道は殆どないでしょう。

1000円以下でここまでのスマフォライフが堪能出来れば十分でしょう。
これを知ってしまったら速度が速く、通話品質を良質にするだけの為に
毎月5000円多く払う選択肢は私の中で完全に消滅したでしょう。


nik5.144