.................................................
<< 12年09月 >>
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


最近の雑記

最近のコメント
05/17 千葉県民
03/18 null
11/11 null
11/11 千葉県民S
10/21 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



あるキング 2012年9月24日(月)19時05分
分類:小説 [この記事のURL]

あるキング(伊坂幸太郎)読了。
今までの伊坂作品とは異なるストーリーということで興味はあった。
実際、リンクとか、独特の世界観はあまりないストーリ展開でした。

が、それが面白くないという訳ではなく、寧ろ私は楽しめた。
内容は、自分の息子をプロ野球の選手にすることを夢見た両親。
息子は期待に応え、圧倒的な天才的なバッターに育っていく訳だが、
その人生を追っていくという展開です。

しかもその天才振りが常識の範疇を越えた怪物です。
その圧倒的な力量こそ読者がスカッとする瞬間でもあります。

一見平凡そうですが、何故かグイグイ引き込まれる内容でした。
それほど斬新なこともなかったのですが、野球というキーワードに食いついた可能性は否めません。

文章は読みやすいのでサクサク進めるし、所々にイベントを盛り込んでるので
倦怠感はさほど感じないです。

最後はちょっと物足りないなって気はしましたがなかなか楽しめました。


nik5.144