.................................................
<< 12年08月 >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


最近の雑記

最近のコメント
05/17 千葉県民
03/18 null
11/11 null
11/11 千葉県民S
10/21 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



緋色の囁き 2012年8月17日(金)21時04分
分類:小説 [この記事のURL]

緋色の囁き(綾辻 行人)読了。
お嬢様学校に突然の転入することになった主人公の冴子。
転入と同時に次々とクラスメイト達の"死"が発生する。

平和な学園が一瞬にして死の恐怖へ誘われる。
それも主人公が転入してからだ。この殺人は自分が起こしたのではないか?
そんな疑惑を抱く。そして魔女伝説の話。
学園の中に潜む魔女と狂気が作り出すミステリー小説です。

最初の7割くらい(300ページ)は非常に退屈でした。
事件が起きても、ふーん、で? みたいなノリで。

後半から事件の片鱗が大きく現れてから一気に面白くなりました。
ついつい読み進めたくなるように中毒性が孕んでます。
犯人は一体誰なのか? この狂気を行う理由は?
過去に起きた事件との関係は?

それらの紐付けが気になりページを捲る手が止まらない感じです。
最後は綺麗に終わりましたので、まぁそれなりに満足できました。

若干残虐な表現がありますがホラー色は全くなかったです。
台詞は必ず改行が入るので読みやすいのも特徴でしょうか。

最初は退屈ですが後半面白くなるので、
そこまで耐えられるかがポイントになる小説でした。


nik5.144