.................................................
<< 12年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


最近の雑記

最近のコメント
07/30 うちも千葉県
07/03 北本
07/01 null
05/17 千葉県民
03/18 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



プラチナデータ 2012年7月21日(土)12時11分
分類:小説 [この記事のURL]

プラチナデータ(東野圭吾)読了。
国民の遺伝子情報から犯人を特定するDNA操作システム。
天才数学者・蓼科早樹が作り上げたシステムである。
それを持ってしても犯人特定に至らないケースが登場する。

DNAの登録は義務化されていない為、圧倒的にデータが足りないからだ。
そんな中、衝撃的な殺人が発生し物語は急転する。
何とシステムが導き出した犯人に主人公の名前を弾き出したのだ。

推理小説というよりはサスペンス的な要素が強いです。
トリックとかそういうの抜きですね。

前半から数々のキーワードが登場し伏線を張りながら、
読み進めていくうちに徐々に解明していく展開。
どんどん引き込まれますね。面白いです。

一人の視点だけではなく、複数の人物視点で描かれており、
絶妙に物語と結合させているのが上手いです。
そしてクライマックスでは一気に解決する訳ですが、
完全にクリアになる訳じゃないのが惜しいですね。

『プラチナデータ』というタイトルにも非常にマッチした作品でした。
2013年に映画化されるので是非見に行きたいです。


nik5.144