.................................................
<< 12年06月 >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近のコメント
10/21 北本
10/19 ばてれん
07/30 うちも千葉県
07/03 北本
07/01 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



むかし僕が死んだ家 2012年6月26日(火)19時30分
分類:小説 [この記事のURL]

むかし僕が死んだ家(東野圭吾)読了。
基本的な登場人物は二人と非常に少ないです。
内容としては幼い頃の記憶がないヒロインの記憶を取り戻す為、
とある家を訪れる訳ですが、二人で家を調べて小さな情報をかき集めていく。

情報をかき集めながら、この家の存在を知り、
最終的にヒロインの記憶がないことを追求していく。というストーリ展開。
方向性としてはありそうでなかった結構新しいジャンルではないでしょうか。

それほど気になる展開はないものの、惰性で読めるような内容ではある。
日記などから徐々に推理を進めて、一歩一歩真相に近付いていく仮定は楽しめるかなと。

ただし強烈なインパクトは特になく、
あーそういうことかー的なことで終わった。

無難に楽しめる無難な内容でしょう。


nik5.144