.................................................
<< 12年06月 >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の雑記

最近のコメント
05/17 千葉県民
03/18 null
11/11 null
11/11 千葉県民S
10/21 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



11文字の殺人 2012年6月19日(火)23時14分
分類:小説 [この記事のURL]

11文字の殺人(東野圭吾)読了。
『無人島より殺意を込めて』これが全ての始まりだった。
モノローグから殺意満ち溢れる展開をチラ見させてから本編が始まります。

主人公の女の子が知り合った男性が何者かに殺された。
何故殺されたのか、そして遺品を引き取ったが、何者かに何かを盗まれてしまう。
それは一体何か、不可思議な事象に遭遇したことで独自に調査を進めることになる。

この殺人は過去の柵を象徴する呪縛なのか?
サスペンス溢れる推理小説ですが、トリックとか大胆なものはない。
アリバイ工作とかそれなりにありますが、普通に解りやすくお手頃。

ちょっとした意外な展開なども盛り込まれ最後までグイグイ読ませる。
だれないストーリー展開は流石と言ったところでしょうか。

最初から気になっていた謎が結局明かされない(?)のは少々心残りですが、
大した意味は無いのかも知れませんね。

総じて面白い作品でした。


nik5.144