.................................................
<< 12年06月 >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近のコメント
10/21 北本
10/19 ばてれん
07/30 うちも千葉県
07/03 北本
07/01 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



ダイイング・アイ 2012年6月4日(月)21時19分
分類:小説 [この記事のURL]

ダイイング・アイ(東野圭吾)読了。
不可思議な現象と、様々な謎が随所にばらまかれています。
読者はその謎を知りたくなり、先の展開が気になってしまう。
気になるのだからグイグイ引き込まれるように読み進めてしまう。

そんな小説なのですが、ストーリーの深みは微妙かもしれません。
全体的に整合性も取れてはいるんですが無理があるのは否めない。
ただ様々な謎のピースが徐々に埋まっていく感覚は非常に楽しいです。
兎に角、何故? が多い。 一体どういうことなのか。

ストーリーとしては、自分が交通事故を起こした過去を知らされる。
だけど曖昧な記憶であり、気になった為、調べ始める。
そうすると周囲の人間達が不穏な動きを見せる。

一体何故か? それを主人公視点で追いかけていくストーリーです。

最後はちょっと強引ではありますが、面白さとしては良かったと思います。
個人的には楽しく読めたのでかなり良かったです。


nik5.144