.................................................
<< 12年05月 >>
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


最近の雑記
05/01 キケン
04/15 向日理髪店
03/26 明日、アリゼの...
03/24 らん
03/20 KUHANA!

最近のコメント
05/17 千葉県民
03/18 null
11/11 null
11/11 千葉県民S
10/21 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



悪夢のクローゼット 2012年5月25日(金)23時06分
分類:小説 [この記事のURL]

悪夢のクローゼット(木下半太)読了。
悪夢のような出来事に遭遇してしまう悪夢シリーズ第六弾です。
ノリが第一弾である「悪夢のエレベーター」に戻ってました。

1つの舞台で登場人物が、ただただ色々な会話を繋げていくだけというもの。
これだけだと起伏がなく面白みに欠けると思われますが、
これがまた非常に上手く描かれています。

悪夢のエレベーターと同じような感覚で読み進められ、
まさかの超展開から、一体どういうことだ? と読者の心理を誘い
どんどん読み進めてしまいます。

淡々と進んでいるんですが、途中で「なん‥‥だと?!」と思わせる刺激が発生することで倦怠感を上手い具合に無くしてます。
悪夢のエレベーターが面白いと感じた人は今作品も楽しめるのではないでしょうか。


nik5.144