.................................................
<< 12年05月 >>
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


最近の雑記

最近のコメント
05/17 千葉県民
03/18 null
11/11 null
11/11 千葉県民S
10/21 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



美しき凶器 2012年5月19日(土)12時30分
分類:小説 [この記事のURL]

美しき凶器(東野圭吾)読了。
かつてスポーツ界で名声を得ていた4人の主人公達。
その4人には絶対に知られてはいけない秘密があった。
その秘密を守る為に、彼等は行動を起こし、全てがうまくいった。

その思ったのだが、脅威がやってくる。
みたいなストーリー展開なんですが、この構成が実にシンプルで良いです。

まず絶対に知られてはいけない秘密。これは何だろう?
冒頭のシーンでの最初彼等が何をしているのか理解できませんでした。
秘密が解らないので、まず読者の興味は「過去の秘密」って何だろう?
となり最初から読者の興味を掴むことに成功しています。

読んでいくうちに秘密は解明されていくのですが、
新たな刺激が用意されています。それが彼等への脅威となり遅い掛かってくる。

迫り来る恐怖という程ではないが、徐々に行く手を阻まれていく感覚は伝わり、物語に引き込まれていきます。

そして最後の決戦でまさかの超展開。
まさに東野圭吾らしさが出ています。


nik5.144