.................................................
<< 12年05月 >>
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


最近の雑記

最近のコメント
07/30 うちも千葉県
07/03 北本
07/01 null
05/17 千葉県民
03/18 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



十字屋敷のピエロ 2012年5月11日(金)23時23分
分類:小説 [この記事のURL]

十字屋敷のピエロ(東野圭吾)読了。
十字屋敷が舞台のミステリー小説です。
ピエロの名がタイトルにあるようにピエロ人形の視点で、
語られているシーンが所々に挿入されているのが特徴です。

登場人物が非常に沢山いて頭が混乱しました。
ストーリー展開は基本に忠実で、ありがちな展開ですが、
やはりピエロ視点の存在が大きな特徴として出ています。

このピエロがミスリードを誘うこともあるし、
読者に大きなヒントを与えることもある。

内容自体は微妙に退屈で、気になって読み進めるというような展開はありませんでした。
トリックも微妙でしたね。あまりオススメできる作品ではありません。


nik5.144