.................................................
<< 12年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30


最近の雑記

最近のコメント
07/30 うちも千葉県
07/03 北本
07/01 null
05/17 千葉県民
03/18 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



愛娘にさよならを 2012年4月15日(日)22時33分
分類:小説 [この記事のURL]

愛娘にさよならを(秦 建日子)読了。
刑事・雪平夏見シリーズ第四弾です。
このシリーズの特徴なのか、事件は綺麗に終わるのだが、
その後のエピローグ的な展開がカットされています。

次回作で繋がってくるんですが、この手法はなんかもどかしいですね。
今回の作品も同様にハッピーエンドに終わるのかと思いきや、
どっちになるのか解らん的な状況で終わってしまいました。

「ひとごろし、がんばりました」
殺人事件の後に残された幼い文字で書かれた手紙。
次々に殺されていく人達、忽然と消える犯人。

目撃された犯人も、殺害された被害者にも全く繋がりが見えない訳だが、
読み進めていくウチに漸く繋がる。
有益な情報を手に入れた時のビンゴ感は流石です。

さり気ない伏線もまき散らしながらのストーリー展開は、
グイグイ引き込まれましたね。

そして雪平らしい行動は流石と言わざるを得ません。
クライマックスでの描写は、この作者でしかやらないだろうな。

で、結局その後が気になっちゃいます。これはずるいなぁ‥‥。
物語としては完結してるし内容も面白いのでオススメな作品であることに間違いはない。


nik5.144