.................................................
<< 12年03月 >>
26 27 28 29 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最近の雑記

最近のコメント
07/03 北本
07/01 null
05/17 千葉県民
03/18 null
11/11 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



回廊亭殺人事件 2012年3月20日(火)11時18分
分類:小説 [この記事のURL]

回廊亭殺人事件(東野圭吾)読了。
オーソドックスなミステリーです。
が、ちょっと趣向が変わってるのでそれなりに新鮮度はありました。

主人公の女性は、渦巻く欲望の犠牲となり心中事件として処理された訳だが、
実は生きており、変装して過去の事件の真実を暴き復讐を遂げようとする。

その為の切り札を持っており、それが元で新たな事件が発生する。
果たして過去の事件の真相は、また犯人は誰なのか?
という感じのストーリーですが、それなりに楽しめました。

大袈裟なトリックとか、推理劇とかは殆どありませんが、
集まった人々を疑いながら、誰が犯人だろう、という感じで
それなりに先の展開は気になります。

刑事が意外に鋭い慧眼の持ち主で、ほんの1シーン程度ですが見せ場もあった。

最後は予想を覆す(個人主観に依存)人物が犯人で、
そうきたかぁというお決まりの東野圭吾ロジックで決着。

全ての真相は明かされるが、エピローグ的な結末は欲しかった。


nik5.144