.................................................
<< 12年03月 >>
26 27 28 29 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最近の雑記

最近のコメント
05/17 千葉県民
03/18 null
11/11 null
11/11 千葉県民S
10/21 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



ダーティ・ママ! 2012年3月11日(日)20時58分
分類:小説 [この記事のURL]

ダーティ・ママ!(秦 建日子)
刑事・雪平夏見シリーズでお馴染み作者が描く刑事物小説。
と言っても純粋に刑事が事件を解決するだけのものではない。

主人公の女刑事(シングルマザー)は、やることが無茶苦茶であり、違法行為も平気で実戦。
ベビーカーに赤ちゃんを乗せて仕事をこなしている。
そんな主人公とペアを組むことになった第二の主人公女刑事。

かなりの汚れ役で、悲惨としか言いようがない。
またシングルマザーにとっての現実を、実際の金額を突き付け相手を説得するシーンなど、経験者は首を縦に振って頷いているかもしれない。
それほどまでにリアルな数値が出てきます。

内容は3編の短編小説形式。
何かしろの事件が発生し、それを解決するというオーソドックスなノリに
女刑事に振り回されるヒロインの理不尽な仕事振りを描いている。

トリックとか密室とかミステリーとか、そういう要素はない。
日常系ドタバタ刑事小説といった感じでしょうか。
特に驚きの展開もなく、淡々と進む感じでインパクトは良いですね。

グイグイ引き込まれる要素はなく、何となくダラダラ読む系でした。


nik5.144