.................................................
<< 12年03月 >>
26 27 28 29 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最近の雑記

最近のコメント
07/30 うちも千葉県
07/03 北本
07/01 null
05/17 千葉県民
03/18 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



ある閉ざされた雪の山荘で 2012年3月5日(月)21時56分
分類:小説 [この記事のURL]

ある閉ざされた雪の山荘で(東野圭吾)読了。
閉鎖空間に閉じ込められた男女7人が毎晩殺されていく推理劇。
という内容だが実際はそう簡単な内容ではない。

これから舞台稽古が始まる。
豪雪に襲われ孤立した山荘での殺人劇だ。

そう、これは稽古であり実際の殺人ではない。
タイトルは雪の山荘となっているが実際は青空の広がる太陽の下。
いつでも電話は通じる。そう、これは演技なんだ。

だが、1人また1人と現実に仲間が消えていくにつれ、彼らの間に疑惑が生まる。
はたしてこれは本当に芝居なのか? 疑心暗鬼は読書も包み込む。

第三者視点と、主人公視点を交差させながら進むストーリーは
推理劇という名に相応しい展開を見せていきます。

とにかく結末はどうなんだろう? 真相は? 犯人は?
何より、これは本当の殺人なのか? 演技なのか?
まさに先を読み進めたくなる要素がてんこ盛りです。

クライマックスでの探偵役の推理もさることながら、
動機などもしっかりと描かれてすっきりと終わりました。

これはかなり面白かったです。オススメな作品ですね。


nik5.144