.................................................
<< 12年02月 >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29


最近のコメント
10/07 北本
09/29 拝承
07/28 北本
07/20 ばてれん
10/26 北本
.............................
何となくリンク
.............................

2020年
02月
05月
2019年
04月 05月
08月 09月
2018年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
09月
10月
2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月

2012年02月23日の雑記


さいえんす? 2012年2月23日(木)21時07分
分類:小説 [この記事のURL]

さいえんす?(東野圭吾)読了
これは小説ではなく、東野圭吾によるエッセイ集です。
1つのテーマで5〜6ページ。

なので物語として楽しみたいという方はそのつもりで。
さて、エッセイなのですが、これがまた実に的を射ている。

東野圭吾の主観で世の中に対するアンチテーゼと思える内容もちらほらと。
私個人から言うと、かなり共感できる部分がありました。
そーだ、そーだ、いいぞ、もっと言ってやれー! とか。

「教えよ、そして選ばせよ」という掲題のエッセイで原発についても触れている。
『もんじゅ』のあります土地で起こりうる最大の地震を想定してシミュレーションを行いましたが、全く影響のないことが確認されております
これに対して、想定を越える地震が発生したらどうなるのか? と質問すると
そういう地震は起きない、だから想定しようがないと回答。

まるで根拠のない回答だが、その後に書かれた内容を見て愕然とするだろう。

そのロジックが今回の東日本大震災で覆されたという訳だ。

これは共感を得た内容の1つに過ぎない。
その他にも色々と詰まってます。新しい感覚で読める内容でなかなか楽しめました。



メールの転送設定ループ検証 2012年2月23日(木)21時32分
分類:マメ知識 [この記事のURL]

メールには受信したメールを別のメールアドレスへ転送する機能がある。
例えば、test1@example.com というメールアドレスに
test2@example.com への転送設定をした場合、
test1へ受信したメールは、test2にも送信され、最終的に
test1とtest2のメールアドレスにメールが届くことになる。

では、ここで、test2に test1の転送設定を行ったらどうなるのか?

(1)test1へ受信したメールは test2へ転送され、test2はメールを受信する。
(2)test2へ受信したメールは test1へ転送され、test1はメールを受信する。

再び(1)の処理に戻りループするのではないか?

気になった私は直ぐに実験してみました。
上記のようにメールアドレスを作成し、お互いのメアドに対して転送設定を行った。

結果、こうなった。
test1の受信結果
test2の受信結果

結論から言うとループします。
だけど受信ボックスに最大20通までしか溜め込めないようですね。
また途中から「Returned mail: see transcript for details 」に変わってます。

エラーが出たら、そこで転送をやめればいいのだが、
このエラーがどういう理由で出たか判断できないので転送ループは止めないようです。

メールの転送ループはなるほど納得した。

では電話の転送ループはどうなるのだろうか。
例えば、Aさん ⇔ Bさん と互いに転送設定している電話に対し、
Cさんが、Aさんへ電話したら? Bさんに転送され、Aさんに転送され、Bさんに転送され‥‥とどちらかが電話を取るまで転送を繰り返すのだろうか?

誰か実験する勇気のある人は是非やって頂きたい。


nik5.144