.................................................
<< 12年02月 >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29


最近の雑記

最近のコメント
11/11 null
11/11 千葉県民S
10/21 null
10/16 みー
09/29 らっかせい
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月

12年02月の雑記


PS vita 軽く触って見た 2012年2月2日(木)20時31分
分類:ハード [この記事のURL]

PS vitaの保護フィルム待ちになってましたが昨日届きました。
漸くPS Vitaを触って見たので簡単な感想を。

まず十字キーと、4つのボタン。位置的にかなり上部になっており
思った以上にしっくりこないです。
一番の問題点はボタンが小さすぎて、大人の指では無理だろー‥‥
ということでアクションゲームをこれでやるのは無理があります。
というかまともに出来るとは思えないですね。割と本気で。

インターフェースは強制タッチ方式のようです。
説明書全く読んでないので解りかねますが、各種メニューに移動したり
起動したりするのに画面タッチ必須になってました。
十字キーやボタン押下しても何の反応もなかったため。

これは各種コンテンツにおいても同様。何だろうこのクソ仕様は
そして各アプリの起動がいちいちアニメーションするのがウザイ。
Windowsでウィンドウをアニメーション表示させるのがウザイと感じる人は
全く同じようにこのモーションがうざったく思うでしょう。
俺はサッサとアプリを起動したいんだ!
というのに無駄なアニメーション(´д`) で焦らされます。

そして極めつけがPC⇔PS Vita間でのデータやりとりに
コンテンツ管理ツールをPCにインストールせざるを得ないということ。
無駄なソフト入れたくないのにー。

仕方ないので入れたはいいが、PS Vitaのデバイスインストールで失敗。
何度やっても失敗。で、調べた結果、USB3.0に非対応のようです。
USB2.0のデバイスに差し込んだらインストールが正常に行えた。

そしてビデオ再生について。640x480や、960x540など殆ど出来るっぽいです。
フレームレートが60超過すると全てNGになるっぽいですが。
120fpsのビデオは全く同じ設定でエンコードしても再生できなかった。
という訳で素晴らしく綺麗な画像でビデオを楽しむことが出来ます。

が、再生機能がPSPに比べてへぼいです。
PSPでは0.1倍単位で再生速度を調整出来ましたがvitaは出来ない。
そもそも倍速再生も出来ないっぽい?
シーンサーチは可能。またシークバーでのスキップも可能でした。

インターネットに関して、フラッシュ再生できないのか?
これはクリティカルな痛手です。
スマートフォンと同じような感覚ですかね。
キーボードも小さくて親指でやると違うところに触れちゃうぜーとなりますが、人差し指でやるにはサクサクできるかなと。

最後はリモートプレイ。PSPと比べて重たくなった気がします。
うみねこのなく頃に をリモートプレイしましたが、PSPと同様に画面端が途切れてました。
これはPSP用に画面の解像度を調整しているのかなって思いました。

また機会があったら触ってみようと思います。



砂漠 2012年2月5日(日)16時23分
分類:小説 [この記事のURL]

砂漠(伊坂幸太郎)読了
大まかなストーリーが用意されており、ゴールに向かってシナリオが展開される‥‥なんてことはまるでない小説だ。

この春、大学に入学した男女5人の日常、青春を描く小説。
大学生活の中で訪れる様々なイベントを個性豊かなキャラ達を使って描写するといった感じだ。

春・夏・秋・冬の4つの章に分かれて、
それぞれの章で大きな出来事が発生し解決する。
本当にシナリオ性とか全然ないんだが、この普通のやりとりが何となく面白可笑しく読み進められる不思議。

日常を扱った漫画やらアニメとか、それを小説にもたらしたという感じだろうか。ギャグテイストなノリは少なく深い展開もあんまりないが、何となく納得してしまう。

シナリオ性を求めず、大学生の青春を懐かしむ気持ちで読み進める内容としてはまぁそれなりか?
面白みは今一だけど読みやすいので、サクッと読み進められる作品ではあった。



るりこいの萌える頃に 2012年2月7日(火)23時32分
分類:小ネタ [この記事のURL]


// BGM:幻vs現

赤で宣言!!

創造神
「ぴさんの描くデフォキャラは萌え過ぎである」

それは神の言葉に匹敵する圧倒的真実!
それに立ち向かえるのは全ての真実を看破したゲームマスターのみに許される特権。


戦人
「ノーマルキャラはどうなんだ?!」

それは神の意見を切り裂く青の一撃ッ!!


創造神
「どっちも可愛いに決まってるっ!!」


戦人
「復唱要求ッ!! 一番の萌えキャラは瑠璃である」


創造神
「復唱拒否ッ!! こちらの心象が乱れることをわざわざ言う必要はない」


戦人
「状況再構築ッ、瀬川ママンのデフォ絵を用意。これが真相だッ!!」


創造神
「な、なんだとぉおおおおっ、ま、まさかそんなことが──」

// BGM:フェードアウト




???
「ある筈もありません」


戦人
「だ、誰だっ!?」


// BGM:Rebirth

ヱリカ
「告発しますっ!! 彩羽が一番の萌えキャラだとッ」


戦人
「告発拒否ッ!! 瀬川ママン最萌え定義は揺るがないッ!!
 よって彩羽は最萌えキャラではないッ」



ヱリカ
「実にグットです、面白いじゃないですかっ!!
 貴方は瀬川真美が最萌えだと、そうおっしゃるのですね!?
 ならば見せてもらいましょう、あなたの推理、次の差し手をっ
 さあ、お見せなさいっ! その灰色の脳細胞でっ」



戦人
「‥‥」


ヱリカ
「答えられない? そう、答えられる訳がないのです。
 何故かって? 決まってるじゃないですか。
 それは私の答えが真実だからですっ!!
 さあっ、これでもまだ貴方は瀬川真美が一番の萌えキャラだと?
 そう宣言できるのですかっ!?」


// BGM:フェードアウト

戦人
「駄目だな──‥‥全然駄目駄目だぜ──」


ヱリカ
「今‥‥なんと?」


戦人
「お前は1つのキャラしか見えてない。
 そんなことじゃ全キャラの容姿を論破したとは言えねぇ‥‥
 少なくても俺は(ほぼ仕上がってる分の)全キャラは見た!
 その上で達したんだ、1つの結論にな──」



ヱリカ
「何を、、おっしゃりたいの?」


// BGM:Dread_of_the_grave2
戦人
「復唱要求ッ!! お前は全キャラをじっくり観察していない。
 具体的には彩羽しか見えていないッ」



ヱリカ
「ふっ‥‥ふふふっ」


戦人
「何が可笑しい?」


ヱリカ
「いえいえ、余りにも貴方の思考が稚拙過ぎて思わず笑みが零れたに過ぎません」


戦人
「ぐっ‥‥だったら言ってもらおうじゃねぇか、どうせ言えやしねぇ‥‥お前は彩羽しか見て──」


// BGM:オカルティクスの魔女 Ver.CROSS
ヱリカ
「私は彩羽以外の全キャラを全て観測済みである!
 それは仕上がり途中、ラフ画を含み全てのキャラ、
 具体的には、瑠璃、彩羽、恋、シンディ、真美、彩羽のママの6人!
 それはデフォルメキャラも含めるっ!!」



戦人
「な、な、なんだとぉおおおおおお」


ヱリカ
「古戸ヱリカは、ただキャラクターが存在するだけで、この程度の推理が可能です。
 如何ですか皆様方?」







// BGM:ストップ

???
「待ちな」


ヱリカ
「ッ! 誰です貴方は?」


// BGM:Final Answer

???
「んなぁこた、関係ねェ。考えるだけ時間の無駄ってもんだぜ。
 残念だが、アンタの証言は矛盾している。決定的な程、圧倒的明らかになァッ!!」



ヱリカ
「はぁあああああああっっ?!
 瀬川真美萌えを定義した上で、今更一体何を告発しようと言うのです?」



???
「裏・ヴァンダイン五則。
 論理的な感情によって萌えキャラを決定しなければならない。
 偶然や自分の主観で萌えキャラを押し付け正当化してはいけない」



???
「そうだろ? 戦人」


戦人
「ああ、駄目駄目だぜ‥‥漸く気付いた。
 そう、萌えキャラは人に押し付けられて決めるものじゃない。
 常に自分の心の中にいるってな。
 なら、ここでチェス盤をひっくり返させてもらう」


戦人は大きく息を吸い込み、力強く声を投げた。
そう、これはアナタに向けたメッセージ。


戦人
「最萌えキャラ、それを決めるのは、モニターの外から俺達を眺めている、そう‥‥

アンタだッ!!



創造神
(今こそ萌えキャラ人気決戦の時ダぁああ‥‥ っていつになるの?)



麒麟の翼 2012年2月10日(金)21時15分
分類:映画 [この記事のURL]

麒麟の翼(映画)観てきました。
東野圭吾原作の加賀シリーズ最新作品の映像化ですな。
小説の感想はこちらを参照

実際に観た感想を一言で表すと「忠実に原作を再現している」です。
1ヶ月程度前に読んだので内容は若干忘れていますが、
覚えてるイベントはほぼ全て網羅していた気がします。

一番最後の絵馬関連はなかったような気がしますが。
加賀シリーズの映像化は初めて観たのですが、
主人公の加賀が非常に良い味出てましたね。

目立って凄いと思わせる演技力はないのですが、
何というか原作のイメージを崩さない上手さがあります。

内容自体、派手さはないので退屈な展開もありますが、
前半にばらまいた伏線が徐々に繋がっていき、
やがて1つに収束する過程は見事ですね。

映像化されたことで、真相の部分もより感動的な内容になってます。
多少は涙腺が緩むと思います。涙もろい人は泣けるかな。

派手さはないが無難に楽しみたいという人には打って付けの作品でした。



うみねこのなく頃に散 2012年2月10日(金)21時16分
分類:ゲーム感想 [この記事のURL]

うみねこのなく頃に散(PS3)クリアしました。
前作の続きであり、EP5〜8まで収録されて完結します。
新キャラや、新曲も多数追加されており、多少は新鮮度を保ってます。

シナリオは方向性を変え、今までの事件を色々考察したりするのですが、
正直明後日の方向へ飛んでいったと言うほかありません。
ぶっちゃけやりたい放題て収拾つかなくなってきたーって展開に思える。

何か強引に終わらせた感じはする。
すっきりしない終わり方だが、一応終わったという気分にはさせられました。

一番最初に提示された謎とか、色々解明された点もあるが、
結局どうなの? という結論は闇の中と言わざるを得ません。
まぁ別にそこまで知りたいとは思わない内容だったので、
どこまで物語を楽しめるか、にかかってきます。

その点で言えば、EP6までは結構楽しめました。
EP7〜8は退屈な内容で、なくても良かったんじゃね? というレベルです。

シナリオは兎も角キャラは非常に秀逸です。
それぞれ特徴があり、印象に残る口調とかキャラ作りが本当に上手いと思った。

特に古戸ヱリカの台詞周りは癖になりそうです。

真面目にシナリオの真相とか考察とか楽しみたい人にとっては
残念な結果になったかもしれませんがゲームとして楽しむ分には
下手なADVやるよりよっぽど楽しめる作品でした。



秋葉原ラーメン巡り(旬風、磯野) 2012年2月11日(土)10時30分
分類:食べもの [この記事のURL]

秋葉原ラーメン巡りシリーズ第10弾、11弾を続けてレポート。
え? そんな書いてないって? そうだね、だって書いてなかったもん。
今回行ったのは、旬風と、磯野でございます

どちらも醤油らーめんを食べました。
最初は旬風から食べた感想を簡単に。

右の方に野菜っぽいのが入ってますが、これトッピングの野菜です。
100円なんですが、ラーメンとは別のお椀に盛られてやってきます。
間違って少しだけ入れてしまった後に写真撮ってしまった。
普通のラーメンの中にはないです。トッピングですからコレ!

さて実際の味は、濃いです。味が濃厚です。
そしてスープが少ない。若干とろみを感じるので、
つけ麺とラーメンの中間テイスト。

濃いけどズルズル食べていける心地よさがある。
普通に食べ切れました。まぁそれなりに美味しかったですね。
店舗は空いてるので並ばずに食べれます。

続きまして磯野(別の日に行ってます)
こちらはカウンター席のみで、7〜8人のみかな?
店内は狭いです。金曜日の19:00頃に行ったのですが並ばずに入れます。
駅から遠いせいか、並ばずにスッと入れます。
頼んだのは醤油らーめん。オーダーから10分程度で出てきました。


トッピングにたまごをつけました。
このたまごが高い、何と150円もします。名古屋コーチンの卵のようです。
だがしかし、その味は良かった。太陽のラーメンに匹敵するおいしさです。

味玉でここまで美味しいと思ったのは、太陽のラーメン、山頭火に続く3店舗目でしょうか?

具材から攻めていきましょう。
岩のり、これが実は旨い。塩味がしっかり染み込んで磯の雰囲気が出てます。
海苔がここまで美味しいと思ったのは初めてです。

更にメンマもなかなか美味しい。太くて食べ応えがある。
チャーシューは普通に無難でした。白ねぎも同様です。

肝心のラーメンは、これがまた非常に美味しい。
しっかりとした醤油ベースの味、飽きがこない。
青島食堂に匹敵するおいしさを感じました。

青島食堂が紛れのない醤油に対し、こちらはしょっぱさを感じさせる醤油。
これはなかなか美味しかった。リピートしたくなる店です。オススメだ。



PS vita その2 2012年2月12日(日)19時18分
分類:ゲーム [この記事のURL]

ゲーム機としてまるで活躍できない、PS Vitaさん。
やりたいと思うゲームがないのだから仕方ない。
そこで発想の転換、PSPのゲームをVitaさんでプレイするのはどうだろうか。

ここで問題となるのは、
PSPのゲームがダウンロード版でないと遊べないということ。
そりゃUMDドライブ付いてないのだから当たり前だろう。

ダウンロード版は安売りもないし、売ることもできない。
よって1度クリアしたら売り飛ばすADVやRPGのようなジャンルは不向き。
アクションゲームの類なら、暇潰しにやったり、友達にプレイさせたり
多少はダウンロード版の価値はあるのではないだろうか、と思った。

そんな私は、プリニー 〜オレが主人公でイイんスか?〜を購入していた。
何で買ったんだろこれ、当時はダウンロードコンテンツ専用だったような気がするんだが、まぁいい。とにかくこのゲームが存在していた訳だ。

PS Vita で PSPのゲームをプレイするには、インターネット経由で直接VitaにDLするか、PS3経由でVitaに転送する以外に方法はない。
PCからVitaへの転送はできないってことです。
そしてPS3と、Vitaと接続するには必ずPSNにサインインする必要がある。
恐らく不正コピー対策だろう。

セーブデータをPSP⇔Vita間でコピーさせることも可能。
PS3またはPCを経由させなければいけないので面倒ではある。
PSP⇔PS Vitaを直接リンクするケーブルとアプリが登場すれば便利なんだが。

さて、無事にPS VitaにPSPのゲームをインストール出来たら起動する。
PSPの4倍の解像度になるので拡大処理が掛かっているが、
そんなに気になる程ではない。

そしてタッチスクリーンを1秒程触れたままにすると、
PSPゲーム独自の設定画面が出現する。

ここでバイリニアフィルタリングの機能のON/OFFが選べる。
PSPのジャギーを目立たなくする機能だ。あんま変わらなかったけどね。
他には、PSPの色に合わせる機能もあった。

PSボタンを長押しすると、画面の明るさ設定変更のメニューが出てくる。
この2つ最近たまたま知りました。
説明書は袋から取り出してさえいないので全く機能を理解していませんな。


さてPS Vita、見たときから嫌な予感がしてたんですが、

アクションゲームをプレイした時の操作感、最悪ですね。

十字キーはまだ許せるが、ボタンが最悪です。

間隔が狭くボタン自体が小さいので細かいボタン操作が必要なゲームでは無理があります。

そして右側のアナログキーが邪魔さ加減を見事に引き立てています。

そんな訳で、アクションゲームは、まともにプレイ出来ません。
もう、アホかと、兎に角、イライラすること請け合いです。



あたりや食堂(秋葉原) 2012年2月16日(木)20時18分
分類:食べもの [この記事のURL]

あたりや食堂(秋葉原)に行ってきました。02/14に。
所謂一つのラーメン屋です。意外な結末が待ち構えていましたが。

店内はテーブル1つ。あとは全てカウンターになっています。
メニューは以下の通り。


雷々麺がメインのようです。
初めてのお客様はトッピングを何も乗せずに食べて下さいとのことで、
ノーマルでいきました。寧ろそそられるトッピングがない。

オムレツは気になったので連れが頼んでました。勿論別皿で貰えます。

さて、出てきたのは‥‥


おい、これラーメンじゃないだろ‥‥

私「らーめんに見えませんね〜」
店員「らーめんじゃありませんよw 雷々麺です」

という軽いジャブを受けた後、世間話をしつつ、いざ箸を伸ばす!

ほぐすと、ちゃんと麺が出てきました。
感触としてはあんかけラーメン? 汁少な目。

味は‥‥うむむ、これは、辛いぞ。ピリ辛だ。
辛いの平気な人にとっては物足りないだろうが、ピリ辛って感じです。
そんなに劇的に美味しいという訳ではないが、まぁ普通に食べれます。

一風変わった麺を求めるのなら行くのもありかなと。



逆転裁判 2012年2月18日(土)21時00分
分類:映画 [この記事のURL]

逆転裁判(映画)を観てきました
トレーラームービーを観て、バカっぽいノリだ!
と思って思わず足を運んでしまった訳だが、その結果は!?

微妙な駄作でした(´д`)

キャラクターは意外な程、違和感なく似せてます。
ストーリーは原作をベースにしてますが、かなりオリジナルベースに書き換えられてるような気がしました(原作忘れてるので覚えてないというのが正解)

逆転裁判1の1〜4話で完結する事件を省略しまくって、
何とか1本のシナリオに繋げたという印象あり。

法廷バトルがメインなので、調査過程のようなシーンは少なく
法廷シーンが多いのは良かった。

法廷シーンは3Dビジョンの未来チックなやりとりで何か格好いい。
矛盾を指摘するシーンなども、単純ですが、シーンによっては「待った!!」
の掛け声が非常にナイスでした。「異議あり」は御剣の台詞で良かったのあり。

アレンジされた原作BGMが聞けるのはよかったが、
肝心の法廷シーンでの追い詰めた時流れるBGMとかなかった(印象に残ってないということは流れてないのだろう)のが残念。

ずっこけ的なシーンもあったけど必要性を感じなかった。

正直なところ、2時間の中で納めるには詰め込み過ぎて
ストーリーが薄っぺらになってしまった。という感じでした。



福の軒(秋葉原) 2012年2月22日(水)22時17分
分類:食べもの [この記事のURL]

福の軒(秋葉原)に行ってきた。
JR昭和通り口を出て徒歩1分くらいの場所にあります。
380円の豚骨ラーメンがどんなものか検証しようかと思って。

店内は1/2Fで、全部で11席くらいか?
狭いけど、まぁそんなに人が入ってる訳じゃなかった。18:45頃の実績。

豚骨らーめんと、トッピングの玉子を付けて、480円なり。


デジカメ持ってくるの忘れて携帯カメラで撮ったので写りが悪いです。
まぁ味は普通に安っぽい豚骨らーめん(インスタントの豚骨ラーメンを美味しくした感じに似てる)

玉子はまぁ一般的なラーメン屋のそれと同じですね。

結論から言うと、金は掛けたくないけど、軽くラーメン食べたい。
という時に利用すると良いかも。素朴な味わいですがそれなりに美味しく食べれます。



さいえんす? 2012年2月23日(木)21時07分
分類:小説 [この記事のURL]

さいえんす?(東野圭吾)読了
これは小説ではなく、東野圭吾によるエッセイ集です。
1つのテーマで5〜6ページ。

なので物語として楽しみたいという方はそのつもりで。
さて、エッセイなのですが、これがまた実に的を射ている。

東野圭吾の主観で世の中に対するアンチテーゼと思える内容もちらほらと。
私個人から言うと、かなり共感できる部分がありました。
そーだ、そーだ、いいぞ、もっと言ってやれー! とか。

「教えよ、そして選ばせよ」という掲題のエッセイで原発についても触れている。
『もんじゅ』のあります土地で起こりうる最大の地震を想定してシミュレーションを行いましたが、全く影響のないことが確認されております
これに対して、想定を越える地震が発生したらどうなるのか? と質問すると
そういう地震は起きない、だから想定しようがないと回答。

まるで根拠のない回答だが、その後に書かれた内容を見て愕然とするだろう。

そのロジックが今回の東日本大震災で覆されたという訳だ。

これは共感を得た内容の1つに過ぎない。
その他にも色々と詰まってます。新しい感覚で読める内容でなかなか楽しめました。



メールの転送設定ループ検証 2012年2月23日(木)21時32分
分類:マメ知識 [この記事のURL]

メールには受信したメールを別のメールアドレスへ転送する機能がある。
例えば、test1@example.com というメールアドレスに
test2@example.com への転送設定をした場合、
test1へ受信したメールは、test2にも送信され、最終的に
test1とtest2のメールアドレスにメールが届くことになる。

では、ここで、test2に test1の転送設定を行ったらどうなるのか?

(1)test1へ受信したメールは test2へ転送され、test2はメールを受信する。
(2)test2へ受信したメールは test1へ転送され、test1はメールを受信する。

再び(1)の処理に戻りループするのではないか?

気になった私は直ぐに実験してみました。
上記のようにメールアドレスを作成し、お互いのメアドに対して転送設定を行った。

結果、こうなった。
test1の受信結果
test2の受信結果

結論から言うとループします。
だけど受信ボックスに最大20通までしか溜め込めないようですね。
また途中から「Returned mail: see transcript for details 」に変わってます。

エラーが出たら、そこで転送をやめればいいのだが、
このエラーがどういう理由で出たか判断できないので転送ループは止めないようです。

メールの転送ループはなるほど納得した。

では電話の転送ループはどうなるのだろうか。
例えば、Aさん ⇔ Bさん と互いに転送設定している電話に対し、
Cさんが、Aさんへ電話したら? Bさんに転送され、Aさんに転送され、Bさんに転送され‥‥とどちらかが電話を取るまで転送を繰り返すのだろうか?

誰か実験する勇気のある人は是非やって頂きたい。



新世界より 2012年2月29日(水)21時17分
分類:テレビ [この記事のURL]

貴志裕介の「新世界より」がアニメ化されるようです。
http://www.tv-asahi.co.jp/shinsekaiyori/
文庫版は、上中下で合計1496頁という凄いボリューム。

確か下巻の説明で構想に30年掛けたと書いてあったと記憶している。
30年とは作家生活をしながらだからだろうが、
それでもこの独特の世界観は凄いと思いました。

内容は小説の感想の通りです。
この世界観をアニメで見れるのはちょっと楽しみですね。
久々に見ようかなと思ってます。

最新作のダークゾーンが映画化されそうだなーと思ってたんですが、
まさか前作品のこっちがアニメ化とは驚きました。


nik5.144